奥埜 博亮

所属
前所属先 ベガルタ仙台
背番号 25
ポジション MF
生年月日 1989年08月14日(32歳)
身長 / 体重 171cm / 68kg
出身地 大阪

奥埜 博亮の情報

奥埜 博亮(おくの ひろあき、1989年8月14日 - )は、大阪府出身のプロサッカー選手。登録ポジションはミッドフィールダー。Jリーグ・セレッソ大阪所属。

来歴

プロ入り前
小学2年時に東京のバディSCでサッカーを始める。当時のチームメイトには丸山祐市がいた。中学からベガルタ仙台の下部組織に所属し、中学3年時には飛び級でユースの公式戦に出場するなど早くから才能を開花させる。高校3年時に負傷したことが影響しトップチーム昇格は見送られ、仙台大学に進学した。

大学では1年時から公式戦に出場して活躍、3年時の総理大臣杯では1回戦の同志社大学戦でハットトリックを達成するなどチームのベスト4進出に貢献。またユース所属時にトップチームのコーチだった手倉森誠の高い評価を受け、2009年から3年間特別指定選手としてベガルタ仙台に所属した。

ベガルタ仙台
仙台大卒業後の2012年、正式に仙台へ加入。ユース出身で大学を経由してのトップチーム加入はクラブ史上初。背番号は「Mr.ベガルタ」こと千葉直樹が前々年の引退まで13年間着用し続けてきた「7」が与えられた。9月8日の天皇杯2回戦のソニー仙台FC戦においてプロ初ゴールを挙げた。

2年目となった2013年は故障などで出場機会を得られず、7月にV・ファーレン長崎へ期限付き移籍。翌2014年も移籍期限を延長し、引き続き長崎でプレー。

2015年、仙台に復帰し、副キャプテンを務めた。この年は仙台では初めて開幕スタメンを勝ち取った。ユース出身者として初めてトップチームのレギュラーに定着し、リーグ戦32試合に出場。1stステージ第11節の浦和レッズ戦でJ1初ゴールを記録するなど、チームトップタイの7得点を挙げ、チーム年間MVPを受賞した。

セレッソ大阪
2019年、セレッソ大阪に移籍。ヴィッセル神戸との開幕戦で即スタメンに抜擢されチームトップの12.9キロを走り勝利に貢献。8月17日、第23節の横浜F・マリノス戦では2得点を決めて4試合ぶりの勝利に貢献した。

2020年9月9日、J1リーグ第15節の北海道コンサドーレ札幌戦で、開始6分にクラブのJ1リーグ通算1000ゴールとなる先制ゴールを決めた。

人物

2019年4月25日、同年3月に一般女性と結婚したことを報告した。

引用元:wikipedia

奥埜 博亮の記事

記事はまだありません。

セレッソ大阪の他の選手

松本 泰志

キム ジンヒョン

丸橋 祐介

豊川 雄太

高木 俊幸

松田 力

新井 直人

原川 力

瀬古 歩夢

加藤 陸次樹

為田 大貴

澤上 竜二

同世代の同じポジションの選手

マット・リッチー

清武 弘嗣

スヴェン・ベンダー

アルビン・エクダル

ヤン・モラヴェク

ダニエル・ヴァス

デイル・スティーヴンス

河井 陽介

セオ・ウォルコット

マーク・オルブライトン

宮澤 裕樹

カルレス・アランギス

他の選手(ランダム表示)

マンゴ・ブリッジ

喜田 拓也

ベンノ・シュミッツ

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

ジョシュア・ザークツィー

ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ

マーテイン・エーリック

アンソニー・ゴメス・マンチニ

矢島 慎也

ピエール・エメリク・オーバメヤン

ジョン・ヌワンコ・ドナルド

ヤンヘル・エレラ

2021年2月3日

-セレッソ大阪
-