豊川 雄太

所属
前所属先 KASオイペン/ベルギー
背番号 32
ポジション FW
生年月日 1994年09月09日(28歳)
身長 / 体重 171cm / 64kg
出身地 熊本

豊川 雄太の情報

豊川 雄太(とよかわ ゆうた、1994年9月9日 - )は、熊本県熊本市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはFW(WG)。

略歴

鹿島アントラーズ
2013年、熊本県立大津高等学校から鹿島アントラーズに入団。2014年、Jリーグ開幕戦のヴァンフォーレ甲府戦で初先発初出場を果たした。2015年、9月9日の天皇杯2回戦にてFKのキッカーを務め、自身の誕生日を祝うゴールを決めた。

ファジアーノ岡山
2016年、出場機会を求めてファジアーノ岡山へレンタル移籍。シーズンを通じて主力としてプレーし、6位フィニッシュ&初のJ1昇格プレーオフ進出に貢献した。プレーオフでは一戦目の松本山雅FC戦で78分に途中出場すると、後半アディショナルタイムに味方のロングボールを頭で落とし赤嶺真吾の決勝ゴールをアシストした。決勝でセレッソ大阪に敗れたことでJ1昇格は成らなかったが、シーズンを通じての活躍が評価されレンタル期間が延長された。2017年限りで岡山を期限付き移籍期間満了により退団。

KASオイペン
2018年、ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)のKASオイペンに完全移籍。2月17日、第27節のSVズルテ・ワレヘム戦で移籍後初出場を果たす。最終節、途中出場からハットトリックと1アシストを記録し、チームを残留に導く活躍をみせた。最終的にリーグ戦後のUEFAヨーロッパリーグ・プレーオフを含め、公式戦12試合7得点と結果を残した。6月6日、オイペンとの契約を2020年6月まで延長したことを発表した。

セレッソ大阪
2020年シーズン、セレッソ大阪に完全移籍で加入した。

代表

2015年3月27日のU-22日本代表の対U-22マカオ代表戦ではCKのキッカーを務め、ピンポイントのボールを送って遠藤航の先制点をアシストした。2016年、U-23日本代表の一員として挑んだAFC U-23選手権では準々決勝でU-23イラン代表と対戦し、途中出場から決勝ゴールを決める活躍で準決勝進出に貢献した。しかし、本大会に向けたメンバーでは18人のメンバーに入れず、悔しい経験となった。

プレースタイル

技術、スピード、ゴール前でのアイディア、アグレッシブさ、リズムの良いドリブルなどが特徴のアタッカー。高校時代には九州プリンスリーグ得点王に輝いた実績があり、鹿島の椎本スカウト担当は、その得点力の高さと運動量の豊富さを評価したという。トップ下でのプレーを得意とし、鹿島では主に左サイドハーフでプレーする。攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるという。また、キックの精度も高くセットプレーも任せられる。

引用元:wikipedia

豊川 雄太の記事

記事はまだありません。

セレッソ大阪の他の選手

澤上 竜二

奥埜 博亮

新井 直人

喜田 陽

キム ジンヒョン

松田 力

松田 陸

加藤 陸次樹

西尾 隆矢

丸橋 祐介

アダム タガート

松本 泰志

同世代の同じポジションの選手

パーシー・タウ

ジェイソン

ルーカス・オカンポス

イーラス・ベブ

マルセル・サビッツァー

ジュニオール サントス

カルリーニョス ジュニオ

ルーカス・ホラー

ヴェダット・ムリキ

モイ・ゴメス

ジョアン・ビクトル

瀬川 祐輔

他の選手(ランダム表示)

河井 陽介

白井 陽斗

豊田 陽平

林 瑞輝

チャーリー・クレスウェル

ダニエル・カルバハル

ニコロ・アルミニ

川浪 吾郎

ルーカス・トレイラ

ジャン・ティールマン

ガブリエル シャビエル

塩田 仁史

2021年2月3日

-セレッソ大阪
-