小塚 和季

所属
前所属先 大分トリニータ
背番号 17
ポジション MF
生年月日 1994年08月02日(28歳)
身長 / 体重 173cm / 68kg
出身地 新潟

小塚 和季の情報

小塚 和季(こづか かずき、1994年8月2日 - )は、新潟県見附市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。ポジションはミッドフィールダー。マネジメント会社はエースポーツクリエイション。

来歴

プロ入り前
地元サッカークラブのコーチを務めていた父親の影響でサッカーを始める。アルビレックス新潟のJ1昇格を見て「地元で活躍したい」と夢を持った。12歳の頃には「サッカーの強い高校に入り、Jリーグへ行き、日本代表になる」と夢を語っていた。中学時に所属していた長岡JYFCでは、フットサルの全国大会で優勝した経験を持つ。この頃共に選抜チームに選ばれ、後にチームメートとなる川口尚紀を、それ以来ずっとライバル視していた、と後に語っている。帝京長岡高校2年次に北信越プリンスリーグ1部で得点王を獲得。3年次にはU-18日本代表のスロバキア遠征に参加した ほか、第91回全国選手権に出場し、新潟県勢28年ぶりとなるベスト8に進出した。3回戦鹿児島城西高校戦では、遊び心溢れるプレーで3得点に絡み、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

プロ入り後
帝京長岡高校在学中の2012年にアルビレックス新潟から春季キャンプ参加の招待を受け、同年4月に特別指定選手へ登録。背番号34を与えられた。早い段階から周囲の評価は高く、大井健太郎、三門雄大は小塚を「天才」と呼び、内田潤は「新潟から出してはいけない」と語っていた という。同年11月に翌年入団の仮契約を結び、2013年より正式に新潟へ入団した。加入後は主にボランチを務めていたが、「最初は何をしても上手く行かなかった」と1年目は公式戦出場無しとプロの壁に当たった。

2年目の2014年7月にJFL(当時)所属のレノファ山口FCへ期限付き移籍。左サイドハーフやフォワードなど攻撃的なポジションを多くこなし、山口のJ3リーグ参入に貢献。翌2015シーズンも山口への期限付き移籍期間を延長したが、監督の上野展裕の指示でこの年はボランチへコンバート。出場停止の3試合を除く33試合に出場を果たすなど、中心選手として攻撃を牽引し山口のJ3優勝・J2昇格に貢献した。

「本来自分の持っている感覚を取り戻せた」と自信を持って2016年、新潟に復帰をしたが 、同年はリーグ戦6試合・カップ戦5試合の出場に留まった。出場機会を求め、2017年シーズンに山口へ再度期限付き移籍。シーズン途中で監督が上野からカルロス・マジョールへ交代するなど難しいシーズンを送ったが、チームの攻撃のキーマンとして39試合に出場。チーム最多の8得点を挙げた他、6アシストを記録するなどオフェンス面でハイパフォーマンスを発揮した。12月にはドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフの練習に5日間参加した。

2017年シーズンを以て新潟を退団し(山口への期限付き移籍も満了)、2018年はヴァンフォーレ甲府に完全移籍。シーズン開始時は吉田達磨、途中からは上野展裕 と共にかつて指導を受けた指揮官の元で、ベテラン頼みの体質が改善されたチームの中心の一人としてプレーをした。

2019年、J1に昇格した大分トリニータに完全移籍。開幕からスタメンの座を勝ち取ると、リーグ戦33試合に出場。主に3-4-2-1システムの2シャドーの一角として、藤本憲明・オナイウ阿道らFW陣を活かす中継点として役目を果たした。同年オフには浦和レッズから獲得オファーを受けたと報道されたが、大分に残留した。

2020年も主力の一角として期待されたが、監督の起用方法と自身のコンディション不良が重なり、出場機会を減らし、リーグ戦8試合の出場に留まった。

2021年、川崎フロンターレに完全移籍。

プレースタイル

2015年に山口でダブルボランチとしてペアを組んだ庄司悦大からは「相手の逆を突くのがうまいし、それでいて味方へのパスは受けやすいところに出す」とパサーとしての技術の高さを評価する一方で「プレーにちょっと波がある。その波さえなくなれば、相当なレベルの選手になるだろう」とも指摘している。

一方で、ヘディングは得意ではなく、川口尚紀とのインタビューで川口のクロスから決めたいと話した際に川口に「ないじゃん」と冗談混じりに返されていた。しかし、2019年の第10節・サガン鳥栖戦ではJ1初得点をヘディングで記録した。

人物・エピソード

「数字と言えば14番。ロッカーとかでもいつも見てしまいます」と語るなど、14番を好きな背番号と公言している。

実弟はヴィアティン三重所属の小塚祐基。

引用元:wikipedia

小塚 和季の記事

記事はまだありません。

川崎フロンターレの他の選手

山村 和也

三笘 薫

車屋 紳太郎

鬼木 達

神谷 凱士

旗手 怜央

知念 慶

橘田 健人

田邉 秀斗

イ キョンテ

大島 僚太

遠野 大弥

同世代の同じポジションの選手

ダニロ・カタルディ

デニス・プラート

ミゲル・アルミロン

スアヒロ・メイテ

ヤニック・ゲルハルト

ピオトル・ジエリンスキ

コレンティン・トリッソ

アントニン・バラク

ベニト・ラマン

喜田 拓也

フェデ・ビコ

オメヌケ・ムフル

他の選手(ランダム表示)

ジェッド・スティアー

ジョシャ・ボッシュ

西川 周作

ステファノ・センシ

ルーカス・レラガー

ジョナサン・バーカート

青山 敏弘

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ

フロリアン・ルジュン

福島 竜弥

シュテファン・ライナー

チャーリー・テイラー

2021年2月3日

-川崎フロンターレ
-