大久保 択生

所属
前所属先 サガン鳥栖
背番号 1
ポジション GK
生年月日 1989年09月18日(32歳)
身長 / 体重 190cm / 92kg
出身地 東京

大久保 択生の情報

大久保 択生(おおくぼ たくお、1989年9月18日 - )は、東京都江東区出身のプロサッカー選手。ポジジョンはゴールキーパー(GK)。Jリーグ・清水エスパルス所属。

来歴

プロ入り前
5歳の時に兄の影響でサッカーを始め、小学4年生の時にGKへ転向。

1997年度の高校サッカー選手権で準優勝した帝京高校に憧れ、同中学校・高校へ進学。高校3年次には自身の好セーブで総体ベスト8入り。それまで代表歴は無く無名だったが同年夏にはU-18日本代表に初選出された。同年冬の選手権では2回戦で広島皆実に0-2で敗れた。

横浜FC
複数クラブからオファーを受けた中、三浦知良とGKコーチを務めていた田北雄気を慕って2008年に横浜FCへ加入。同年は小山健二の前に出場機会を得られなかったが、2009年には小山・岩丸史也との正GK争いを制し33試合に出場した。2010年には樋口靖洋に代わり岸野靖之(前鳥栖監督)が監督に就任。引退した小山に代わって背番号を「1」に変更して臨んだものの、岸野は鳥栖時代の教え子シュナイダー潤之介を起用。第6節千葉戦での大敗を機に、第7節からは大久保が先発したが、第13節まで7試合連続失点(この間1勝6敗)を喫し正GKには定着できなかった。同年U-20日本代表にも選出されており、2012年のオリンピック出場を見据えてこの年限りでの退団を決意。

ジェフ千葉
2011年、ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍。同年中盤から岡本昌弘に次ぐ第2GKとしてベンチ入りを続け、天皇杯2回戦・デッツォーラ島根戦で移籍後初出場し無失点勝利に貢献。2012年は櫛野亮に第2GKの座を譲るも、2013年はリーグ戦全試合にベンチ入りし臨戦。

V・ファーレン長崎
2014年、V・ファーレン長崎へ完全移籍。長崎を退団した横浜FC在籍時の先輩である岩丸の背番号「1」を受け継ぎ、前年退団した金山隼樹に代わって開幕から出場を続けた。同年中盤は中村隼とのポジション争いで一時劣勢、終盤には途中加入した植草裕樹の控えとなった。2015年、植草から正GKを奪取。2016年には自身初となるリーグ戦全試合出場を達成。

FC東京
2017年、地元クラブのFC東京へ完全移籍。8月13日、第22節のヴィッセル神戸戦でJ1初出場を果たし、ハーフナー・マイクのヘディングシュートを防ぐなど好セーブを連発した。しかし、林彰洋から正GKを奪取するには至らなかった。

サガン鳥栖
2019年、サガン鳥栖に完全移籍。加入序盤は移籍した権田修一の穴を埋める活躍を見せたが、シーズン途中に高丘陽平にポジションを奪われた。

清水エスパルス
2019年8月、清水エスパルスに完全移籍。 清水加入後は西部洋平とポジションを争いながら、11試合に出場した。

2020シーズンは怪我もあって出遅れ、開幕戦はメンバー外。復帰後も梅田透吾の台頭もあって、しばらく控えが続いた。しかしルヴァンカップ第3節の鹿島アントラーズ戦で今季初出場を果たすと、その後は梅田とポジションを争いながら15試合に出場した。

2021シーズンより、背番号を39から1に変更。

引用元:wikipedia

大久保 択生の記事

記事はまだありません。

清水エスパルスの他の選手

竹内 涼

ヘナト アウグスト

チアゴ サンタナ

福森 直也

栗原 イブラヒム ジュニア

ディサロ 燦シルヴァーノ

権田 修一

石毛 秀樹

ウィリアム マテウス

中村 慶太

永井 堅梧

滝 裕太

同世代の同じポジションの選手

セルジオ・アセンホ

ルカーシュ・フラデツキー

ロン・ロベルト・ツィーラー

ジョルディ・マシップ

ディエゴ・ロドリゲス

マルティン・ドゥブラフカ

大谷 幸輝

ノルベルト・ネト

朴 一圭

増田 卓也

トマーシュ・ヴァツリーク

富居 大樹

他の選手(ランダム表示)

永井 龍

レオ・デュアルテ

ジェイミー・シャクルトン

モルガン・サンソン

ユスファ・ムココ

イシャク・ベルフォディル

中村 帆高

レナート・チボラ

ダニエル・ラバ

マルティン・ズビメンディ

ハネス・ヴォルフ

宇賀神 友弥

2021年2月3日

-清水エスパルス
-