ダニロ・ダンブロージオ

所属
背番号 33
ポジション DF
生年月日 1988年09月09日(35歳)
身長 / 体重 180cm / 75kg
国籍 イタリア

ダニロ・ダンブロージオの情報

ダニーロ・ダンブロージオ(Danilo D'Ambrosio, 1988年9月9日 - )は、イタリア・ナポリ出身のサッカー選手。セリエA・インテル・ミラノ所属。ポジションはDF。イタリア代表。

双子のダリオ・ダンブロージオ(英語版)もサッカー選手。

経歴

キャリア初期
サレルニターナ・カルチョのユース出身。2005年、クラブの財政難により、ACFフィオレンティーナのユースに移籍。2007年までフィオレンティーナのプリマヴェーラに所属していたが、2008年6月にダンブロージオの共同保有権がポテンツァ・カルチョに譲渡された。

2008年7月、レガ・プロ(3部相当)のSSユーヴェ・スタビアが共同保有権を獲得。1年目からレギュラーの座を確保し、2年目は主に右サイドハーフとしてプレーした。

トリノ
2010年1月、トリノFCが共同保有権を取得し、1月16日のUSグロッセト戦でセリエB初出場。2010-11シーズン、フランコ・レルダ新監督のもとでレギュラーに抜擢される。2010年12月にトリノと新たに2014年まで契約をしたものの、自身の低調なパフォーマンスとチームのプレイオフを逃す成績により、批判を浴びた。

2011-12シーズンは新監督に就任したジャンピエロ・ヴェントゥーラに評価され、マッテオ・ダルミアンとともに右サイドバックとしてプレー。26試合3得点を記録し、トリノのセリエA昇進に貢献した。

2012年8月26日のACシエナ戦でセリエA初出場を果たし、9月30日のアタランタBC戦でセリエA初ゴールを決めた。翌2013-14シーズンは左サイドバックとして起用され、自身のユーティリティー性を発揮した。

インテル・ミラノ
2014年1月30日、150万ユーロの移籍金でインテル・ミラノに移籍。契約期間は2018年6月まで。2013-14シーズン後半戦にはワルテル・マッツァーリ監督が採用する3-5-2の右WBとしてジョナタンとポジションを争った。2014年11月にロベルト・マンチーニが新監督に就任するとベンチに座ることが増えたが、左右のSBをこなせる点が評価されて構想に入り、最終的に23試合に出場した。

代表

2017年3月28日に行われたオランダとの親善試合でイタリア代表デビューを果たした。

プレースタイル

左右両サイドバックをこなすことができるユーティリティープレイヤー。緊急時にはセンターバックとしてもプレーすることができる。

引用元:wikipedia

ダニロ・ダンブロージオの記事

記事はまだありません。

インテルの他の選手

サミル・ハンダノヴィッチ

ロメル・ルカク

マッテオ・ダミアン

アレクシス・サンチェス

アクセル・バカヨコ

ラウタロ・マルティネス

ミラン・シュクリニアル

アレッサンドロ・バストニ

アレクサンダル・コラロフ

アンドレア・ピナモンティ

ステファノ・センシ

マティアス・ベシノ

同世代の同じポジションの選手

ガエタノ・ベラルディ

ダミアン・スアレス

キコ・オリバス

ダニエル・ブロンシンスキ

アンジェロ・オグボンナ

アンドレア・ラノッキア

ジェローム・ボアテング

シマオ マテ

マレク・スヒー

マルセル・シュメルツァー

マッツ・フンメルス

ソクラティス

他の選手(ランダム表示)

堂安律

ニック・タイターグ

青山 敏弘

マルコス・アクーニャ

クリスチャン・クアメ

ロブ・ホールディング

イスマエル・グティエレス

アルベルト・ロドリゲス

エルヴィス・レジュベツァイ

浅野 雄也

アレクサンダー・ハック

キム ヨングォン

2021年1月31日

-インテル
-