シマオ マテ

所属
前所属先 アル アハリ/カタール
背番号 23
ポジション DF
生年月日 1988年06月23日(34歳)
身長 / 体重 180cm / 78kg
出身地 モザンビーク

シマオ マテの情報

シマオ・マテことシマオ・マテ・ジュニオール(Simão Mate Junior、1988年6月23日 - )は、モザンビーク出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ベガルタ仙台所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。モザンビーク代表。

シマォンと表記されることもある。

経歴

2005年にモザンビークのクルーベ・フェロヴィアリオ・デ・マプトでキャリアをスタート。2007年8月、当時パナシナイコスFCの監督だったジョゼ・ペセイロに見いだされ、3週間のトライアルを経てパナシナイコスFCと4年間の契約を結んだ。

2012年6月14日、パナシナイコスとの契約が切れる16日前にクラブを退団。

2012年6月19日、パナシナイコス時代の恩師であるヘンク・テン・カテが率いる中国スーパーリーグの山東魯能泰山足球倶楽部に加入。

2013年3月、レバンテUDにフリーで加入。

2019年よりベガルタ仙台に移籍。2019年シーズン、3月2日、第2節の横浜F・マリノス戦で先発出場し、Jリーグデビューを果たし、3月10日、第3節のヴィッセル神戸戦でJリーグ初ゴールを決めた。しかし思うように適応が出来ず、4節以降スタメンを外れ、リーグ戦での長時間の出場機会を確保するまでには至らなかった。第14節の名古屋グランパス戦よりセンターバックとしてスタメンを獲得し、守備の柱として貢献。第26節の北海道コンサドーレ札幌戦以降はゲームキャプテンとして出場した。シーズン終了後にはJリーグ優秀選手に選ばれ、仙台からは7年ぶりの選出となった。

2020年シーズンは正式にキャプテンを務めることとなった。シーズン開幕戦となった2月22日の名古屋グランパス戦でシーズン初ゴールを決めた。

引用元:wikipedia

シマオ マテの記事

記事はまだありません。

ベガルタ仙台の他の選手

石原 崇兆

アピアタウィア 久

手倉森 誠

平岡 康裕

氣田 亮真

小畑 裕馬

蜂須賀 孝治

皆川 佑介

関口 訓充

中原 彰吾

真瀬 拓海

富田 晋伍

同世代の同じポジションの選手

エリック・ピータース

選手画像

ビクトル・ディアス

ハビ・マルティネス

田代 真一

アンドレア・ラノッキア

ダミアン・スアレス

ハウメ・コスタ

セルジオ・ポスティーゴ

ドゥシャン

ガエタノ・ベラルディ

ジョニー・エヴァンス

マレク・スヒー

他の選手(ランダム表示)

コナー・ウィッカム

アントニオ・カンドレヴァ

ヴェッツォーニ・フランコ

ロバート・スノッドグラス

フィル・フォーデン

ヤニック・ボラシエ

リッカルド・ガリオーロ

フロリアン・カート

ミゲル・アルミロン

上島 拓巳

ミゲル・バエザ

ジュニオル・フィルポ

2021年2月3日

-ベガルタ仙台
-