高橋 義希

所属
前所属先 ベガルタ仙台
背番号 14
ポジション MF
生年月日 1985年05月14日(37歳)
身長 / 体重 170cm / 67kg
出身地 長野

高橋 義希の情報

高橋 義希(たかはし よしき、1985年5月14日 - )は、長野県須坂市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サガン鳥栖所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

来歴

2004年に松商学園高校(長野県)を卒業後、同県の地球環境高校を指導していた松本育夫監督との縁がもとでサガン鳥栖に入団。ルーキーシーズンから左サイドの攻撃的な位置で起用され活躍した。

2005年にはトゥーロン国際大会のU-21日本代表に選ばれた(鳥栖の選手が日本代表に選ばれたのは全カテゴリーを通して高橋が初めてである)。この影響でリーグ戦を2試合欠場したが、それでも40試合に出場した。

2006年には異例の20歳の若さでキャプテンに選ばれた。また、それまでサイドでの起用が多かったのがボランチに固定され、元韓国代表の尹晶煥とダブルボランチを組むことも多かった。

2007年は、引き続きキャプテンに指名され、42試合に出場し、3年連続40試合以上に出場した。また、前年までダブルボランチを組んだ尹晶煥が怪我で欠場が多かったため、衛藤裕と組むことが多かった。尹と組む時は、守備に重点を置いていたが、運動量豊富な衛藤と組む時は、攻撃に参加する機会が多くなり、前線への飛び出しや、武器である無回転シュートが相手の脅威となった。

鳥栖入団後は毎年のように各年代の代表候補に名を連ねていた。

2010年、ベガルタ仙台へ移籍。

2012年、期限付き移籍で古巣・鳥栖へ3シーズンぶりの復帰。2013年からは鳥栖へ完全移籍。

プレースタイル

攻守にハードワークする鳥栖においても運動量が突出して多い。特にボランチ(アンカー)として先発に定着した2016年以降のトラッキングデータでは2年連続で年間走行距離1位となり、特に2017年では走行距離上位10位のうち7つまでを高橋が記録している。

エピソード

2007年に東京ヴェルディ1969戦でプレーし、J2で対戦した名波浩は、ラジオで「日本代表に選ばれてもおかしくない、J2で注目の選手は?」と聞かれた時に、高橋の名前をあげた。
「14」を自身のラッキーナンバーと考えているようで、鳥栖時代は2008年に背番号を14から10に変更するも1年で戻し、仙台ではクラブの事情による偶然(サンケイスポーツ2011年2月19日号東北版より)ではあったが2011年に背番号を18から14に変更している。鳥栖復帰後は藤田直之が14をつけていたため(14の倍である)28をつけていたが、藤田が移籍・退団した2016年からは再び14番を着用している。

引用元:wikipedia

高橋 義希の記事

記事はまだありません。

サガン鳥栖の他の選手

飯野 七聖

大畑 歩夢

朴 一圭

内田 裕斗

ファン ソッコ

金 明輝

板橋 洋青

今掛 航貴

石井 快征

金森 健志

松岡 大起

金 民浩

同世代の同じポジションの選手

ヴァロン・ベーラミ

関口 訓充

ヘスス・ナバス

マルコ・パローロ

ルカ・モドリッチ

クリスティアン・ゲントナー

レオ シルバ

アシュリー・ヤング

ボルハ・バレロ

フェルナンジーニョ

他の選手(ランダム表示)

ペトロヴィッチ

イヴ・ビスマ

マモール・ニアン

マヌ・サンチェス

ピーター・ブレック

ディエゴ オリヴェイラ

チョン ソンリョン

ポール・ドュメット

ジョン・グリディ

ステファン・イルサンケル

デニス・プラート

カルヴィン・フィリップス

2021年2月3日

-サガン鳥栖
-