クリスティアーノ・ビラーギ

所属
背番号 3
ポジション DF
生年月日 1992年09月01日(31歳)
身長 / 体重 185cm / 78kg
国籍 イタリア

クリスティアーノ・ビラーギの情報

クリスティアーノ・ビラーギ(Cristiano Biraghi, 1992年9月1日 - )は、イタリア・チェルヌスコ・スル・ナヴィーリオ出身のサッカー選手。セリエA・ACFフィオレンティーナ所属。ポジションはDF。イタリア代表。

経歴

2005年に地元のインテルナツィオナーレ・ミラノでキャリアをスタートさせ、2010年にトップチームへ昇格。2010年11月24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・FCトゥウェンテ戦でプロデビューを果たした。しかしその後はクリスティアン・キヴや新加入の長友佑都の存在もありポジションを掴めず、2011年7月にセリエBのSSユーヴェ・スタビアへレンタル移籍を果たした。

2012年夏、セリエB・ASチッタデッラへ共同保有で移籍し、2012-13シーズンには33試合に出場。翌2013年にはセリエA・カルチョ・カターニアへレンタル移籍。

共同保有システムの廃止に伴い2014年6月20日、インテルナツィオナーレ・ミラノへ60万ユーロ+シモーネ・ペコリーニ(英語版)の保有権で復帰。同年7月6日、ACキエーヴォ・ヴェローナへ2年契約でレンタル移籍。しかしレンタルは1年で打ち切られ、2015年8月27日にスペインのグラナダCFへレンタル移籍し初の国外移籍を果たした。

2016年7月11日、セリエAのデルフィーノ・ペスカーラ1936へ完全移籍。35試合に出場したもののクラブは降格した。

2017年8月15日、ACFフィオレンティーナへ買取義務付きのレンタルで移籍。

2019年8月29日、インテルナツィオナーレ・ミラノにシーズン終了まで買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入する。

代表

U-21イタリア代表としてUEFA U-21欧州選手権に2大会連続(2013年大会、2015年大会)で出場した。

2018年9月にロベルト・マンチーニが指揮を執るイタリア代表に初招集され、2018年9月7日に行われたUEFAネーションズリーグのホームでのポーランド戦で代表デビューを果たした。翌月10月14日のアウェーでのポーランド戦では後半アディショナルタイムにイタリアをリーグB降格の危機から救う決勝ゴールを挙げた。ビラーギはこの得点を同年3月に死去したフィオレンティーナのキャプテン、ダヴィデ・アストーリに捧げた。

引用元:wikipedia

クリスティアーノ・ビラーギの記事

記事はまだありません。

特徴タグ-,

ACFフィオレンティーナの他の選手

エドゥアルド・デュツ

エリック・プルガー

フランク・リベリー

ルーカス・マルティネス・クアルタ

ロレンツォ・ベヌーティ

ドュサン・ブラホビッチ

ファビオ・ポンシ

ヴァレンティン・エイセリック

マキシミリアーノ・オリベラ

ガエタノ・カストロヴィリ

ディモ・ニコラエフ・クラステフ

ニコラ・ミレンコビッチ

同世代の同じポジションの選手

フアン・クルス

ヴィリ・オルバン

ジャワド・エル・ヤミク

カルロス・クレルク

シメ・ヴルサリコ

ドド

ロバート・ブレイディ

香川 勇気

マイケル・ヘクトル

マギーニョ

セルジュ・オーリエ

オマール・コリー

他の選手(ランダム表示)

梶川 裕嗣

手塚 康平

山田 直輝

ヨルゴス・キリアコプロス

リカルド・シエルボ

中村 俊輔

ダルコ・ブラシャナツ

グリエルモ・ヴィカリオ

フィリップ・ヨルゲンセン

中林 洋次

ジェフリー・ハウウェレーウ

グイド・カリージョ

2021年1月31日

-ACFフィオレンティーナ
-