高木 俊幸

所属
前所属先 浦和レッズ
背番号 13
ポジション FW
生年月日 1991年05月25日(30歳)
身長 / 体重 170cm / 64kg
出身地 神奈川

高木 俊幸の情報

高木 俊幸(たかぎ としゆき、1991年5月25日 - )は神奈川県横浜市青葉区出身のプロサッカー選手。J1リーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはMF、FW。

来歴

プロ入り前
神奈川県横浜市出身。幼稚園年長で地元、あざみ野FCに入団。小学校入学時に野球転向のため一時あざみ野FCを退団。その後東京ヴェルディ1969JYに加入し、順調に同チームのユースへ昇格。2009年には2種登録選手としてJ2デビューも果たした。

東京ヴェルディ
2010年から、プロ契約を果たして正式に東京Vトップチームへ昇格。1年目からレギュラーに定着し、2種登録された弟の善朗とともに東京Vの攻撃の要として活躍、6得点を挙げた。9月12日の第25節横浜FC戦では弟の善朗と初の兄弟アベックゴールを達成した。その後も、27節徳島戦、28節の北九州戦でもアベックゴールを達成し、このシーズンだけで3度アベックゴールを決めた。

清水エスパルス
シーズン終了後にJ1の清水エスパルスに完全移籍した。2011年シーズンは3トップの左ウィングとしてコンスタントに起用されている。7月27日にホームで行われたナビスコカップの1回戦甲府戦のセカンドレグで移籍後の公式戦初得点を挙げた。

浦和レッドダイヤモンズ
2014年12月13日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍することが発表された。2016年10月15日、G大阪とのルヴァンカップ決勝戦では2シャドーの一角で先発し、優勝に貢献して自身初のカップ戦得点王に輝いた。2017年9月13日、AFCチャンピオンズリーグの準々決勝2ndレグ・川崎戦では2戦合計4-4から決勝点を決めて勝利に貢献した。

セレッソ大阪
2018年1月5日、セレッソ大阪に完全移籍で加入。2月10日、FUJI XEROX SUPER CUPの川崎戦で途中出場から移籍後初得点を決めて優勝に貢献した。5月20日、第15節の広島戦では2得点を決めて首位撃破に貢献した。

人物

父は横浜、日本ハムで活躍した元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の長男である。次男はアルビレックス新潟所属の高木善朗。三男はガンバ大阪所属の高木大輔。

2014年1月13日に高校時代の同級生でモデル・女優の金子織江と入籍。

引用元:wikipedia

高木 俊幸の記事

記事はまだありません。

セレッソ大阪の他の選手

藤尾 翔太

原川 力

藤田 直之

松本 泰志

松井 謙弥

豊川 雄太

奥埜 博亮

松田 陸

西川 潤

坂元 達裕

清武 弘嗣

澤上 竜二

同世代の同じポジションの選手

アンドロス・タウンセンド

マルク・ウート

マノロ・ガッビアディーニ

アンドレイ・クラマリッチ

ルベン・ロチーナ

ロベルト・フィルミノ

チェンク・トスン

ラウール・ヒメネス

アレクサンデル・ココリン

ロドリゴ

リヤド・マフレズ

デイヴェルソン

他の選手(ランダム表示)

ジェイ・ロドリゲス

吹ヶ 徳喜

フロリアン・カート

森島 司

ネフエン・パズ

アンデルソン・ルコキ

進藤 亮佑

フランチェスコ・パオロ・クスマノ

イヴァン・ロメロ

アクセル・トゥアンゼベ

ジョン・ストーンズ

ダニー・ローズ

2021年2月3日

-セレッソ大阪
-