阿部 勇樹

所属
前所属先 レスターシティFC/イングランド
背番号 22
ポジション MF
生年月日 1981年09月06日(40歳)
身長 / 体重 178cm / 77kg
出身地 千葉

阿部 勇樹の情報

阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダーで、双方における全ての守備的ポジションでプレーすることができるユーティリティープレイヤー。元日本代表。2010 FIFAワールドカップ日本代表でアンカーとして活躍した。

来歴

プロ入り前
1981年、2男1女の第3子として出生。兄の影響で幼少の頃からサッカーに親しみ、休日で寝ている父親の枕を蹴り飛ばして起床させ父兄共にボールを蹴り合って遊んでいた。父親の感情豊かな感激屋の影響を受け、(5歳上の)兄からボールが取れないといっては泣き、試合内容が悪かったといっては涙し、勝利に貢献して褒められては目に涙を浮かべている何かと涙もろい子だった。

通っていた幼稚園の縁と父の勧めで柏イーグルス入団。小学4年生時に富美浜FCへ加入、小学5年生時、市川FCの選抜、2チームを掛け持ちする。小学校6年生時、ジェフのユースセレクションに合格する。

ジェフユナイテッド市原
市立船橋高校からの誘いもあったが、本人は大半の時間をジェフ市原ユースでのサッカーに注ごうとすべく通信制の高校に進学を希望するも、両親が反対した上に姉が激怒。高校進学に向けて塾に入れられ、受験勉強を猛スピードで行い、一般入試で東京学館浦安高校普通科に進学。

Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節のガンバ大阪戦(万博記念競技場)。当時のチームメイトの山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。1999年4月10日 1stステージ第6節神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)でJリーグ初得点を挙げた。

2003年にイビチャ・オシムが新監督に就任すると、オシムは当時既に国際経験や実力を備えながらも前面に出ようとしていなかった阿部を21歳でキャプテンに抜擢。オシム就任当時、ベテラン選手のプレーに頼り切っている後輩という当時のチーム事情を憂慮、プレーも消極的で性格も大人しいがチーム内では人当たりの良い阿部を先輩後輩の垣根を取り除く役目も(本人には黙って)与える。後にジェフは看板選手を次々と放出、当時は監督の命令でキャプテンを務めるのが嫌で仕方なかったが試合を重ねるごとに阿部はキャプテンとしての頭角を現すことになる。

この起用は周囲に譲りがちだったFKを自ら蹴り、積極的に攻撃に参加するといった成長をもたらす。2005年のJリーグ戦では守備的MFながら12得点(うち1回はハットトリック)を挙げ、常にJ2降格ラインにいたチームを2005年、2006年のナビスコ杯2連覇に導いた立役者の1人になった。後にイビチャ・オシム監督との出会いによって、戦う姿勢が変わったことと、複数のポジションをこなせることを「ポリバレント」と称され、それが自分の強みと自覚できるようになったと語っている。

浦和レッズ
2007年1月12日、ジュニアユース時代から在籍した千葉から浦和レッズへの移籍を発表。国内最高額といわれる移籍金(推定3億5千万円)で1月22日に正式契約を結ぶ。2010年、浦和との3年契約が満了したため、海外移籍の噂もあったが1月31日、浦和と1年間契約延長をすることで合意。

千葉在籍時の2005年と2006年、浦和在籍時の2007年と3年連続でJリーグベストイレブンに選出。サポーターからの人気も高く、2003年~2007年までJリーグオールスターサッカーに5年連続でサポーター投票で選出され、特に、2004年と2005年は最高得票数を獲得。2008年からJOMO CUPに替わっても、メンバーに選ばれ続けていた。

FIFAクラブワールドカップ2007では、浦和からただ1人、大会のMVP候補8人の1人に選ばれた。(この時MVPを獲得したのは当時ACミランの選手であったブラジル代表のカカ)。2010年7月、彩の国功労賞を受賞。また、市川市が市民栄誉賞を授与すると発表した。

レスター・シティ
2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大の障害だった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。2012年1月22日、日本に残していた家族を最優先したいとの理由でチームと双方合意の上で契約を解除した。

浦和レッズ復帰
2012年、1月24日に浦和に復帰。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督からチームキャプテンに指名された。2012年ではボランチとして全試合出場。退場となったJ1第4節川崎フロンターレ戦を除いてフル出場を果たした。チームも3位となり、ACLの出場権を獲得した。なお、阿部はJリーグ優秀選手賞も受賞した。2013年、J1第33節が11月30日に行われ、J1通算400試合出場を達成した。400試合出場は史上13人目。

2016年、4月16日に行われた1stステージ第7節の仙台戦において、史上12人目(GKを除くと3人目)となるリーグ戦100試合連続フル出場を達成した。10月1日、2ndステージ第14節のガンバ大阪戦でJ1通算500試合出場を達成した。奇しくもこの試合はデビュー戦と同一カードとなり、勝利し自身の記録達成に花を添えた。 また遠藤保仁を抜き史上最年少での500試合出場を達成、山田暢久に続く記録達成は同一クラブ二人目では史上初、海外移籍経験者の記録達成も史上初、下部組織出身選手の記録達成も史上初と記録づくめとなった。同試合で後半9分に遠藤からボールを奪取後倒された瞬間背中を右足で蹴られあまりの痛さにピッチ上でのたうち回ったがその後も試合終了までプレーし、次のJリーグカップ準決勝第1戦FC東京戦もフル出場したが試合終了後メディカルチェックを受けると右肋骨を骨折している事が発覚した。決勝ガンバ大阪戦では強行出場し浦和レッズ移籍後初の国内タイトルを手にした。ジュビロ磐田戦で山田暢久の出場記録を抜く通算502試合を達成した。

2017年5月14日、第11節のアルビレックス新潟戦で先発フル出場を果たし、当時J1最多となる「138」試合連続フル出場を果たした。

2018年8月11日、第21節のサガン鳥栖戦で途中出場し、史上4人目かつ史上最年少でのJ1通算550試合出場を果たした。

2021年、2017年以来2度目のチームキャプテンに就任した。開幕戦のFC東京戦でスタメン出場しゴールを決めた。

日本代表

ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一、那須大亮、森崎浩司 と共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。

2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たした。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。

2006 FIFAワールドカップではメンバーから漏れるが、2010年5月10日、2010 FIFAワールドカップで初選出。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場。グループリーグはフル出場し、パラグアイ戦は中村憲剛と途中交代。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に貢献し、元日本代表MF中田英寿や、元日本代表SB内田篤人からは日本代表のMVPに挙げられた。

評価

評論家の後藤健生は阿部について、ディフェンダーとして、所属クラブでも日本代表でも起用され結果を残している事を認めつつ、「彼はやはり本来はMF」 だという見方を示している。

エピソード

2001年5月、右脛骨疲労骨折による髄内釘固定術を受け、8月復帰。本人談「ボクの右足にはチタンが入っている」。

テレビ朝日の『やべっちFC』に出演した際、「YABEっち」の「Y」を取ると「ABEっち」になるとアピール、これから「あべっちと呼んでください」と笑いを誘った。

市原時代から守備能力に加えて精度の高いFKも武器としていたため和製ベッカムと呼ばれたり、「アベッカム」ともじられることもあった。しかし、オシム就任後はセットプレーでの競り合いに強さにも定評があったため受け手側に回り、代わりに水野晃樹が蹴ることが多くなった。浦和移籍後もポンテや柏木陽介、日本代表でも中村俊輔や遠藤保仁等が蹴ることが多かったためにFK、CKを蹴る機会は少なくなっていたが、2016年7月9日の柏レイソル戦で直接フリーキックによるゴールを挙げ、そのゴールを伊メディア「トゥットスポルト」が阿部を「日本のピルロ」として動画付きで紹介した。

3人兄姉の末っ子。実姉は八雲学園中学校・高等学校バスケットボール部の現職アシスタントコーチ。2009年に同校がウィンターカップに初出場を果たした際には激励に訪れ、選手一人一人のシューズにサインした。

2004年7月7日入籍。2007年7月19日、第一子となる長男が誕生。

2020年5月、コロナ感染予防の一環としてさいたま市の防災無線で呼びかけを行う。

2021シーズン開幕戦に出場し、J1通算23年プレーとなり歴代最多記録となった。

引用元:wikipedia

阿部 勇樹の記事

記事はまだありません。

浦和レッズの他の選手

柴戸 海

リカルド ロドリゲス

西 大伍

武田 英寿

岩波 拓也

興梠 慎三

伊藤 敦樹

塩田 仁史

西川 周作

杉本 健勇

大久保 智明

トーマス デン

同世代の同じポジションの選手

他の選手(ランダム表示)

メンディアレン・ベラサテギ

犬飼 智也

クリスティアーノ・ピッチーニ

フェデリコ・フェルナンデス

ルシアン・アグメ

知念 慶

スアヒロ・メイテ

コンスタンティン・フロマン

ロベルト・ロペス

ドワイト・ゲイル

セルジオ・ゴメス

ニコラ・ヴクチェビッチ

2021年2月3日

-浦和レッズ
-