長谷川 健太

所属
前所属先 -
背番号 -
ポジション 監督
生年月日 1965年09月25日(56歳)
身長 / 体重
出身地 静岡

長谷川 健太の情報

長谷川 健太(はせがわ けんた、1965年9月25日 - )は、日本の元サッカー選手・サッカー指導者・サッカー解説者。静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。

現役時代はフォワードとして活躍し、右45度から放つ豪快なキャノンシュートを得意としていた。また、右足から繰り出される正確なクロスボールは「ケンタリング」とも呼ばれた。

来歴

選手時代

小学6年時には清水FCの一員として全日本少年サッカー大会優勝、静岡県立清水東高等学校時代は小学生時代からの盟友大榎克己、堀池巧と共に清水東三羽烏として高校サッカーで活躍した。

筑波大学を経て1988年に日本サッカーリーグ1部の日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)へ入部。同年からの2年連続三冠(リーグ、天皇杯、JSL杯)に貢献した。

1991年にJリーグ設立に際して誕生した地元の清水エスパルスに入団。1993年にはワールドカップアメリカ大会への出場をかけた最終予選に日本代表として出場、ドーハの悲劇を味わった。1996年には清水の初タイトルとなったナビスコカップ優勝、1999年にはJリーグセカンドステージ優勝に貢献し、この年を最後に現役引退した。

監督時代

浜松大学~清水エスパルス
引退後はNHKでのサッカーの解説者、サッカーの指導者として浜松大学サッカー部監督を務めた。

2005年シーズンに古巣・清水の監督に就任。監督1年目は経験のなさを指摘され、チームも降格・入れ替え戦ラインをさまよい低迷したが、2年目の2006年シーズンからは岡崎慎司といった若手選手を積極的に起用することでチームの世代交代を成功させ4位と躍進を遂げた。その後も上位を保ち、優勝経験がありながらも経営難時代から低迷が続いたエスパルスを見事復活させた。タックル数が極端に少ない緻密なゾーンディフェンスを敷くとともに市川大祐や太田宏介、児玉新らのサイドバックの攻撃参加を最大限に生かすサイド攻撃を徹底させる戦術も機能した。

2009年シーズンは第28節の広島戦を終えた時点で10年ぶりにリーグ首位に立ったものの、第29節で最下位の大分に敗れ、その後5連敗を喫するなど1勝もできず、シーズン7位に終わる。

2010年シーズンは、開幕から12試合負けなし(8勝4分)と好発進。W杯前の前半戦をリーグ首位で折り返すも、第18節の横浜F・マリノス戦で敗れてからは2勝2分け6敗、ナビスコ杯も準決勝で敗退した。

2010年シーズンの第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝戦の対鹿島戦を最後に監督を退任。リーグ戦では就任初年度を除き一桁順位をキープし続けたが、カップ戦では3度決勝に進出しながらいずれもタイトルを逃してしまった。

サッカー解説者~ガンバ大阪

2011年からはサッカー解説者に復帰し、NHK BS1(同3月までNHK衛星第1テレビジョン)「Jリーグ中継」を始め、プレミアリーグ、セリエAのテレビ中継解説者等を務めた。2012年ロンドンオリンピックではジャパンコンソーシアムの解説者として男子サッカーを担当した。

2013年、J2・ガンバ大阪の監督に就任。J2降格の原因となった守備の立て直しに着手しつつ、ガンバの持ち味である攻撃サッカーを継承。序盤こそやや躓いたものの、それまで出場機会が乏しかった若手選手を積極的に起用し、中盤以降は安定した内容で昇格圏を維持し1年でのJ1昇格とJ2優勝を達成した。

J1に復帰した2014年は、前半戦こそ苦戦を強いられ一時は降格圏内に落ち込んだが、後半戦に入ると一気に巻き返し昇格1年目ながらG大阪を9年ぶりのリーグ優勝に導いた。その年のJリーグアウォーズでは自身初の最優秀監督賞を受賞。Jリーグで選手経験を持つ監督としては4人目、現役時代の所属と異なるクラブを率いての受賞は初となった。また、9月には日本人監督としては西野朗以来となるJ1通算100勝目を達成した。さらに、この年ナビスコカップと天皇杯も制し、Jリーグの日本人監督としては初の国内三冠を達成した。

2015年、監督として初挑戦となったACLはJリーグ勢最高のベスト4に進出するも、準決勝でこの年ACLを制した中国の広州に敗れた。国内ではリーグ戦で3位に入りCS出場権を獲得。準決勝で年間2位の浦和を破るも決勝で年間1位の広島に敗れリーグ連覇を後一歩で逃した。ナビスコカップも準優勝となったが、天皇杯では2連覇を達成した。

FC東京

2018シーズンからは、FC東京を指揮。永井謙佑やディエゴ・オリヴェイラなどの活躍もありシーズン前半までは好調を保っていたが、夏の移籍マーケットで補強に失敗するとその後急失速。最終的には6位で終了した。

2019シーズンは久保建英のブレイクもあり一時は首位したが最終的に2位でフィニッシュ。2021年には、FC東京にとって12年振りのJリーグ杯優勝に導いた。

エピソード

ブラジル留学
日産自動車サッカー部に入部した1988年、2か月間のブラジル留学を経験した。これは加茂周の計らいとオスカーの仲立ちにより実現したもので、長谷川はJSLカップ開幕を前に渡伯し、サンパウロFCの2軍の練習に参加した。ちなみに清水秀彦が帯同している。当初は練習のみに参加する予定であったが、監督のカルロス・アルベルト(後に読売クラブ監督)に実力を認められ、特別措置として、2軍の公式戦2試合に出場した。結果は上々で、長谷川はチームに残らないかと勧誘されたという。

その他

1990年の北京・アジア大会終了後、練習中に右膝を痛めて手術を受けることになり、一から出直すつもりで、日産を退部。清水への移籍を決断した。

漫画家のさくらももことは清水市立入江小学校の同級生であり、代表作『ちびまる子ちゃん』には長谷川自身をモデルにしたサッカー好きの少年「ケンタ」がクラスメートとして登場する。

長谷川とさくらは『ちびまる子ちゃん』の舞台である3年生のときに同じクラスだったわけではないが、5年生から6年生の高学年の時期は同じ組のクラスメートであった。長谷川自身はさくらももこの事を全く覚えていなかったという が、さくらももこが2018年8月15日に乳癌で死去したことが同年8月27日に報じられた際には、クラブのTwitterを通して追悼コメントを発表した。

上記の『ちびまる子ちゃん』に、長谷川をモデルとしたケンタが登場した経緯は、長谷川が日産に所属していたころに遡る。当時日産の寮住まいだった長谷川のもとにさくらから電話がかかって来て、「漫画に描いていいですか?」と尋ねられ、長谷川は「俺でよければ」と了承したことからケンタが『ちびまる子ちゃん』に登場したという。長谷川は、自身がモデルとなったケンタをテレビアニメで観て、「不思議な感じですね」と語っている。

尚、大野くんと杉山くんは長谷川健太と長谷川健太の親友をモデルにしており、ちびまる子ちゃんに「長谷川健太本人のケンタくん」と「長谷川健太をモデルにした大野くん」の2人が出ている。

私生活では23期日産ミスフェアレディで、現在コメンテーターなどで活躍中の女性と結婚している。

引用元:wikipedia

長谷川 健太の記事

記事はまだありません。

FC東京の他の選手

バングーナガンデ 佳史扶

青木 拓矢

中村 帆高

安部 柊斗

蓮川 壮大

アルトゥール シルバ

小川 諒也

林 彰洋

大森 理生

渡辺 剛

渡邊 凌磨

永井 謙佑

同世代の同じポジションの選手

マルセリーノ

アルバロ・セルベラ

クリスティアン・シュトライヒ

ハンス・ディーター・フリック

アンジェ ポステコグルー

ステファノ・ピオリ

他の選手(ランダム表示)

ダヴィド・ルイス

アダマ・スマオロ

ビリー・シャープ

藤原 志龍

ミヒャエル・ラング

エウシーニョ

ドュサン・ブラホビッチ

ジャンルイジ・ブッフォン

トルガイ・アルスラン

エニス・バルディ

ニコロ・ツァニオロ

マレーロ・ボガード

2021年2月3日

-FC東京
-