稲垣 祥

所属
前所属先 サンフレッチェ広島
背番号 15
ポジション MF
生年月日 1991年12月25日(30歳)
身長 / 体重 175cm / 70kg
出身地 東京

稲垣 祥の情報

稲垣 祥(いながき しょう、1991年12月25日 - )は、東京都練馬区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・名古屋グランパス所属。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。

来歴

プロ入り前
4歳の時にサッカーを始める。2004年、中学進学に併せて同年新設のFC東京U-15むさしへ加入。2006年には同期の重松健太郎、碓井鉄平、梅内和磨と共に高円宮杯U-15で全国準優勝。山口隆文監督や天野賢一コーチの下で体格差をカバーする動き出し・ボールタッチを学んだが、主力に食い込むことは出来なかった。

U-18への昇格を果たせず、2007年に帝京高等学校へ進学。高校入学後に身長を伸ばし、2年時よりボランチに配される機会が増えていった。在学中、2度の全国高校選手権に出場したが、2008年度大会では自身のPK失敗により初戦敗退。主将として臨んだ2009年度大会では大会前に負った骨折の影響で出場時間が限られ、1得点を挙げたものの初戦敗退となった。

2010年、日本体育大学へ進学。1期先輩の新井純平とボランチでコンビを組み、鈴木政一監督の下で主体的にプレーすることで自身の長所を発揮する術を掴んだ。2年時には関東大学リーグ2部で優勝。4年時には主将に就き、平野又三から背番号10を受け継いで、チームの心臓・大黒柱として奮戦したが、攻撃陣の不発による2部降格を喫した。

ヴァンフォーレ甲府
2014年より、ヴァンフォーレ甲府へ入団。抜群の持久力と献身的なプレーで評価を掴み、攻守に駆け回った。2015年2nd第14節山形戦でJリーグ初得点を記録。甲府加入以来、粘り強い守備を買われシャドーでのプレーが主となっているが、自身はボランチを志望している。

サンフレッチェ広島
2017年シーズン、サンフレッチェ広島へ完全移籍。10月11日、第30節の川崎フロンターレ戦では新監督のヤン・ヨンソンが「4-1-2-3」を採用し、インサイドハーフで存在感を発揮した。11月26日、第33節のFC東京戦では残留を決める得点を決めて勝利に貢献した。

2018年、広島のレギュラーに定着。高いボール奪取力と無尽蔵のスタミナで存在感を発揮した。

2019年、怪我などにより出遅れるもレギュラーに返り咲く。ホーム大分戦では、両チーム2位となる83本のパスで、パス成功率100%を記録。J1の試合で80本以上のパスを供給し、100%のパス成功率を記録したのは、2017年5月C大阪戦での森崎和幸(広島)以来だった。

名古屋グランパス
2020年シーズンより名古屋グランパスエイトへ完全移籍した。

引用元:wikipedia

稲垣 祥の記事

記事はまだありません。

名古屋グランパスの他の選手

丸山 祐市

ランゲラック

阿部 浩之

三井 大輝

吉田 晃

木本 恭生

森下 龍矢

長澤 和輝

金崎 夢生

マッシモ フィッカデンティ

児玉 駿斗

宮原 和也

同世代の同じポジションの選手

オリオル・ロメウ

シュテファン・ツベル

ルイス・ダンク

野村 直輝

ケヴィン・デ・ブライネ

ニコラ・ヴクチェビッチ

ジャック・ロッドウェル

オリヴァー・ノーウッド

ジョン・フレック

アダム・フォーショー

ティアゴ・アルカンタラ

エンゴロ・カンテ

他の選手(ランダム表示)

マックス・グリューン

小川 優介

アルバロ・ガルシア・セゴビア

セルヒオ・クベロ

ジャゴ・ファルケ

ホセ・イスキエルド

ビセンテ・イボラ

ベン・ウッドバーン

シュテファン・ツベル

ハイメ・セオアネ

ペレ・ポンス

エネス・ユナル

2021年2月3日

-名古屋グランパス
-