島川 俊郎

所属
前所属先 大分トリニータ
背番号 4
ポジション MF
生年月日 1990年05月28日(32歳)
身長 / 体重 180cm / 75kg
出身地 千葉

島川 俊郎の情報

島川 俊郎(しまかわ としお、1990年5月28日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サガン鳥栖所属。ポジションはセンターバック、守備的ミッドフィールダー。

来歴

柏レイソルの下部組織出身。吉田達磨の指導の下、酒井宏樹、工藤壮人、比嘉厚平、山崎正登、武富孝介、仙石廉、指宿洋史、畑田真輝、そして島川という計9名のプロ選手を輩出した「柏レイソルユース“黄金世代”」の一人。

2009年にベガルタ仙台に入団。U-20日本代表のスペイン遠征メンバーに選ばれるなど期待もされたが、2009年秋に左膝外側半月板損傷で手術を受ける、2011年夏の練習中に右足関節脱臼骨折で全治4ヵ月の重傷を負うなどもあってトップでの出場機会は無かった。

2012年に出場機会を求めて東京ヴェルディに期限付き移籍するが、ここでも出場機会はなく同年7月に当時日本フットボールリーグ (JFL) 所属だったブラウブリッツ秋田に再移籍。同年7月29日のJFL第22節・横河武蔵野FC戦(夢の島)で公式戦初出場を果たしたが、その試合で前半だけで2枚の警告を貰い退場となった。

2013年シーズン前に仙台へ復帰したが、出場機会は得られず同年6月に再度秋田へ期限付き移籍した。

2014年からはJ3リーグに参入した秋田へ完全移籍。守備の要として32試合に出場。翌年はキャプテンも務め35試合に出場した。

2016年、レノファ山口FCに完全移籍するが、怪我もあって2試合の出場にとどまり、夏の移籍期間で栃木SCに期限付き移籍した。

2017年、ヴァンフォーレ甲府に完全移籍。柏U-18時代に指導を受けた監督の吉田達磨のリクエストによるものであった。第5節・札幌戦にてJ1初出場を果たしたものの、前半戦の出場機会は2試合に留まっていたが、後半戦ではアンカーのポジションで先発の座を勝ち取り、7試合連続で先発出場するなど出場機会を伸ばした。

2019年、J1に昇格した大分トリニータに完全移籍。2020年9月9日のJ1第15節・湘南戦にてJ1初得点をマークした。

2020年12月30日、サガン鳥栖への完全移籍が発表された。

人物・エピソード

小学1年生から中学卒業まで習っていたというピアノ演奏を特技としており、個人で電子ピアノを所有している。

過去には宮城県南三陸町での復興支援活動やホームタウンの小学校との交流イベントなどで演奏を披露している。

また美声の持ち主とも評され、2020年に新型コロナウイルス感染症の影響でリーグが中断になったときには自身のInstagramにピアノ弾き語りの動画を毎日更新して話題となった。

引用元:wikipedia

島川 俊郎の記事

記事はまだありません。

サガン鳥栖の他の選手

守田 達弥

中野 伸哉

松岡 大起

板橋 洋青

エドゥアルド

内田 裕斗

仙頭 啓矢

本田 風智

小屋松 知哉

相良 竜之介

ドゥンガ

山下 敬大

同世代の同じポジションの選手

ハヴァルト・ノルトヴァイト

水沼 宏太

ドミニク・ドレクスラー

トニ・クロース

マテウシュ・クリッチ

アンリ・サイヴェ

アーロン・ラムジー

ヘンリー・ランズベリー

ヴラディミル・ダリダ

ハイネル

イルカイ・ギュンドアン

エマヌエル・バドゥ

他の選手(ランダム表示)

ダニエル・ギンチェク

セルヒオ・レギロン

アントニオ・ロサティ

ステフェン・ティゲス

マルセロ・ブロゾビッチ

マルチン・カミンスキ

ラファ・ソアレス

ヤニク・ヴェステルゴー

城後 寿

ジャマル・バプティスト

アデミポ・オドゥベコ

デニス・サーキン

2021年2月3日

-サガン鳥栖
-