守田 達弥

所属
前所属先 松本山雅FC
背番号 1
ポジション GK
生年月日 1990年08月03日(32歳)
身長 / 体重 191cm / 87kg
出身地 千葉

守田 達弥の情報

守田 達弥(もりた たつや、1990年8月3日 - )は、千葉県千葉市若葉区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サガン鳥栖所属。ポジションはゴールキーパー。

来歴

習志野市立習志野高等学校出身。全国高等学校サッカー選手権大会への出場は無かった。

2009年に京都サンガF.C.に入団。1年目は水谷雄一が全試合出場を果たしたため出番なしに終わった。2010年も当初は水谷の控えだったがチームが下位に低迷したこともあって9月11日のヴィッセル神戸戦でデビューを飾る。その後は水谷から定位置を奪取したが、結局J2降格が決まってしまった。

J2で迎えた2011年は平井直人の引退もあって定位置確保かと思われたが、水谷が定位置を奪い返したため出場機会なしに終わった。2012年も水谷の控えだったが、6月10日にGKに故障者が相次いだカターレ富山への期限付き移籍が発表された。第21節ロアッソ熊本戦(0-2)で移籍後初出場を果たすと、鶴田達也と飯田健巳を抑えてポジションを確保し、シーズン終了まで22試合連続出場を果たした。2013年も開幕から引き続きゴールを守った。

12月28日に富山への期限付き移籍が満了。同時に東口順昭が抜けたアルビレックス新潟への完全移籍が発表された。同年は全34試合に出場した。その後もスタメンの座を守り続けていたが、2017年に同ポジションの大谷幸輝が加入すると出場機会が激減した。

2018年、松本山雅FCへ完全移籍。即座に村山智彦から先発の座を奪うと、負傷の影響を受けた終盤戦を除き先発出場を続けリーグ戦39試合に出場。7月度の月間MVPに選ばれるなど活躍を見せチームのJ2優勝、J1昇格に貢献した。翌2019年もリーグ戦31試合出場とほぼスタメンの座をシーズン通して守り通したが、チームは17位に終わり1年でJ2降格となった。

2020年、サガン鳥栖へ完全移籍。 加入後は守護神である高丘陽平とポジションを争ったが、高丘移籍後に朴一圭が加入すると、朴にポジションを奪われ、その後の出場は無かったため、このシーズンの出場は8試合に留まった。

エピソード

2011年4月10日に結婚。

2017年からナイキのキーパーグローブとスパイクを着用している。(2016シーズンまではプーマ)

アルビレックス新潟時の個人チャント(原曲:『I Only Want To Be With You』)はJリーグファンが選ぶ人気チャント投票で総合3位を獲得するほどの人気ぶり。ゴール裏のサポーターが中央に集まり、横揺れして歌うチャントは名物だった。

引用元:wikipedia

守田 達弥の記事

記事はまだありません。

サガン鳥栖の他の選手

和田 凌

金森 健志

林 大地

ドゥンガ

オフォエドゥ

中野 伸哉

金 明輝

高橋 義希

酒井 宣福

今掛 航貴

金 民浩

湯澤 洋介

同世代の同じポジションの選手

廣永 遼太郎

ロマン・ビュルキ

ピエトロ・テラッチャーノ

エルヤン・ニーラン

ダビド・デヘア

ペテル・グラチ

ロビン・オルセン

カール・ダーロウ

シモン・ムーア

ヴォイチェフ・シュチェスニー

キム スンギュ

安藤 駿介

他の選手(ランダム表示)

アデモラ・ルックマン

東口 順昭

杉本 太郎

キングスリレー・フォビ

ニクラス・ロム

ティム・ジールスレーベン

マックス・トンプソン

アイトール・パレデス

スヴェン・シッポロック

ライアン・フィニガン

アレクサンドレ・シウヴァ

後藤 優介

2021年2月3日

-サガン鳥栖
-