初瀬 亮

所属
前所属先 アビスパ福岡
背番号 19
ポジション DF
生年月日 1997年07月10日(25歳)
身長 / 体重 180cm / 70kg
出身地 大阪

初瀬 亮の情報

初瀬 亮(はつせ りょう、1997年7月10日 - )は、大阪府岸和田市出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(サイドバック)。 

来歴

プロ入り前
中学時代にだんじり祭りに専念するか迷った末にガンバ大阪のアカデミーに所属。ジュニアユース加入時は中盤の選手だったが、中学1年の夏から左サイドバックに転向した。ジュニアユースでは、2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成した。2015年シーズンは第2種トップ可登録選手としてトップチームに帯同、天皇杯の準決勝、決勝にベンチ入りした。2015年11月24日、2016年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された(同期昇格は高木彰人、市丸瑞希、堂安律)。

プロ入り後
2016年、市立吹田サッカースタジアムのこけら落としマッチとなった2016年2月14日の「Panasonic Cup」名古屋グランパス戦にて、ユースからの昇格1年目ながら右サイドバックの先発メンバーに抜擢された。3月6日、J1第2節ヴァンフォーレ甲府戦でJ1リーグ初出場、長沢駿の決勝ゴールをアシストした。5月14日、ACL第6節のメルボルン・ビクトリー戦でプロA契約を満たしたことが発表された。1年目はJ1で5試合にとどまったが、U-23チームで15試合に出場した。

2017年2月22日、ACL第1節のアデレード・ユナイテッドFC戦では後半途中から投入され、本職ではないインサイドハーフとして出場した。3月5日、J1第2節の柏レイソル戦では今季初先発を飾ると、長沢駿の2得点目をアシストした。6月21日、天皇杯2回戦のヴェルスパ大分戦でプロ初得点を決めた。10月29日、第29節のベガルタ仙台戦ではCKから長沢駿の得点をアシストして、公式戦4試合連続のアシストを記録した。

2019年、ヴィッセル神戸に完全移籍。2月1日、アメリカ遠征中に行われたロサンゼルスFCとの試合で、FKを直接決めてプレシーズンマッチではあるが、移籍後初ゴールを挙げた。9月5日、アビスパ福岡に育成型期限付き移籍。シーズン終了後に神戸に復帰。

日本代表

2016年、AFC U-19選手権に出場するU-19日本代表メンバーに選出される。準決勝のベトナム戦では左サイトバックとして先発出場し、セットプレーのキッカーとして2得点に絡む活躍を見せた。2017年11月29日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017に向けた国内組のみで構成された日本代表に初招集された。

プレースタイル

元々は右利きながら、「小学生の頃、中村俊輔選手に憧れて左足ばかり練習していた」ため両足を使いこなせるが基本ほぼ右足ばかり使うため左足を使うのは稀である。本職は左サイドバックだが、右サイドバックとしてもプレーする。

引用元:wikipedia

初瀬 亮の記事

記事はまだありません。

ヴィッセル神戸の他の選手

山川 哲史

ドウグラス

酒井 高徳

櫻井 辰徳

小田 裕太郎

古橋 亨梧

佐々木 大樹

山口 蛍

櫻内 渚

増山 朝陽

飯倉 大樹

大崎 玲央

同世代の同じポジションの選手

ハムザ・メンディル

ジミー・ダン

カイル・ウォーカー・ピーターズ

アンデルソン・ルコキ

ヘスス・バジェホ

トニ・ラト

フィリッポ・ロマーニャ

アクセル・トゥアンゼベ

神谷 凱士

テオ・エルナンデス

ジョンジョー・ケニー

ジョー・ロドン

他の選手(ランダム表示)

ジェームズ・マッカーシー

イスマエル・ベナセル

カイル・ウォーカー

エドアルド・ゴルダニーガ

畑 大雅

デニス・スアレス

エティエン・カプエ

酒井 宣福

クリストファー・レンツ

ジェジエウ

ブルーノ・フェルナンデス

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

2021年2月3日

-ヴィッセル神戸
-