中谷 進之介

所属
前所属先 柏レイソル
背番号 4
ポジション DF
生年月日 1996年03月24日(26歳)
身長 / 体重 183cm / 79kg
出身地 千葉

中谷 進之介の情報

中谷 進之介(なかたに しんのすけ、1996年3月24日 - )は、千葉県佐倉市出身のサッカー選手。Jリーグ・名古屋グランパス所属。ポジションはディフェンダー。

来歴

プロ入り前
小学校1年生の時に間野台サッカークラブでサッカーを始め、4年時から柏レイソルの下部組織に加入。高校2年時の2012年には、チームで唯一の2年生レギュラーとして第36回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会を勝ち抜き、クラブ史上初の優勝を達成したほか、第92回天皇杯2回戦で大会史上初となるトップチームと下部組織の「兄弟対決」を実現させた。翌年は柏レイソルU-18の主将に就任し、7月にはトップチームに2種登録された。

柏レイソル
2014年、トップチームに昇格。AFC U-19選手権2014の遠征から帰国直後の10月22日、J1第29節ガンバ大阪戦で初出場を果たすと、第31節徳島ヴォルティス戦から4試合連続でスターティングメンバーに抜擢され、シーズン終盤の7連勝に貢献した。

翌年はリーグ戦3試合の出場に留まったが、2016年は開幕からレギュラーに定着し、5月8日のJ1 1stステージ第11節川崎フロンターレ戦でプロ初得点を決めた。シーズン中盤以降は同じ下部組織出身で1学年後輩の中山雄太とセンターバックのコンビを組み、ディフェンスリーダーとして守備陣を統率し、同年のJリーグ優秀選手賞を受賞した。

名古屋グランパス
2018年6月20日、名古屋グランパスに完全移籍で加入することが発表された。

2020年シーズンはマッシモ・フィッカデンティ監督の下、2シーズン連続で全試合フル出場し、CBのコンビを組む丸山祐市とGKのランゲラックを含めたトライアングルでリーグ最少の28失点に抑え、2011年以来9年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。

日本代表

2011年、U-15日本代表に初選出され、AFC U-16選手権2012 (予選)に参加した。翌年の本大会でもアンカーのポジションで2試合に出場したが、2013 FIFA U-17ワールドカップのメンバーからは落選した。

2014年10月に開催されたAFC U-19選手権2014では、初戦を落とし後がない状況で迎えたグループリーグ第2節ベトナム戦の後半アディショナルタイムに劇的な勝ち越しゴールを挙げ、「死の組」と言われたグループCの首位通過に貢献したものの、準々決勝北朝鮮戦でPK戦の末敗退し、2015 FIFA U-20ワールドカップの出場権は獲得出来なかった。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでも本登録メンバーには入れなかったが、メンバー発表会見では監督の手倉森誠からメンバー入りを最後まで悩んだ選手として名前を挙げられ、バックアップメンバーとしてブラジルに帯同した。

引用元:wikipedia

中谷 進之介の記事

記事はまだありません。

名古屋グランパスの他の選手

ランゲラック

森下 龍矢

前田 直輝

山崎 凌吾

ガブリエル シャビエル

齋藤 学

木本 恭生

吉田 晃

阿部 浩之

稲垣 祥

成瀬 竣平

相馬 勇紀

同世代の同じポジションの選手

レオ・デュアルテ

宮 大樹

ヨナタン・ター

荒木 隼人

ルーカス・クロスターマン

フィリップ・リーンハート

袴田 裕太郎

ルイズミ・ケサダ

進藤 亮佑

選手画像

カルロス・ニーバ

ヨルゴス・キリアコプロス

ヨアヒム・アンデルセン

他の選手(ランダム表示)

エムレハン・ゲディクリ

アシエル・コルドバ

マッティア・スプロカティ

野澤 大志ブランドン

ジェイデン・ボーグル

セルジオ・ロペス

クリスティアン・チェレシア

酒井 高徳

ジョシュ・シムズ

リカルド・カペリーニ

ジェイク・ウォーカー

佐々木 翔

2021年2月3日

-名古屋グランパス
-