三竿 雄斗

所属
前所属先 鹿島アントラーズ
背番号 3
ポジション DF
生年月日 1991年04月16日(31歳)
身長 / 体重 175cm / 70kg
出身地 東京

三竿 雄斗の情報

三竿 雄斗(みさお ゆうと、1991年4月16日 - )は、東京都武蔵野市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大分トリニータ所属。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)。

来歴

横河武蔵野FC、東京ヴェルディの下部組織出身。早稲田大学では2年次から左サイドバックのレギュラーに定着。4年次には副将を務めた。2013年4月には湘南ベルマーレからオファーを受け入団を即決、5月には特別指定選手として選手登録された。

2014年より、湘南ベルマーレに入団。ルーキーながら左CBとしてリーグ戦40試合、フィールドプレーヤーではリーグ第2位の3495分間に出場し、左サイドからのクロスで何度もチャンスを演出した。チームメイトの永木亮太と共にJ2でのアシスト数でトップに立つ活躍を見せるなど、チームのJ2優勝に貢献した。

2015年はチームの昇格に伴いJ1リーグにプレーの場を移したが、リーグ戦は1試合の欠場のみで計33試合に出場。「湘南スタイル」の一翼を担いJ1残留に貢献した。同年オフには他J1クラブ2チームから獲得オファーを受けるも残留を決断した。

翌2016年はリーグ戦17位でJ2降格となったが、ファーストステージでフルタイム出場を果たすなどリーグ戦32試合に出場した。湘南での3シーズンでのリーグ戦計110試合の内、105試合(内先発出場が103試合)に出場し、替えの効かない存在感を放ち続けた。

2017年より鹿島アントラーズに完全移籍で加入。山本脩斗に変わる新レギュラー候補として加入し、開幕戦にも先発出場を果たしたが、グロインペイン症候群を中心としたケガに苦しみ、2年間で公式戦計8試合の出場に留まった。

2019年より大分トリニータに完全移籍で加入。チーム始動直後は鹿島時代の怪我の影響で別メニュー調整が続いたが、J1第15節・名古屋戦で移籍後初先発を果たすとその後は定位置を確保し、リーグ戦計26試合に出場した。

人物

実弟の三竿健斗もプロサッカー選手である。2017年-2018年の2年間は鹿島アントラーズでチームメイトとなった。
帰国子女であり英語が堪能である。

引用元:wikipedia

三竿 雄斗の記事

記事はまだありません。

大分トリニータの他の選手

藤本 一輝

井上 健太

高木 駿

弓場 将輝

小林 裕紀

高畑 奎汰

町田 也真人

吉田 舜

羽田 健人

下田 北斗

片野坂 知宏

上夷 克典

同世代の同じポジションの選手

ルカ・カルディローラ

野上 結貴

ケヴィン・マルキュイ

ウィリー・ボリ

ファビアン・シェア

デコナン・ジェネ

マルコス・マウロ

イニゴ・マルティネス

カリドゥ・クリバリ

マルティン・モントーヤ

ステファン・ベル

ジェフリー・ブルマ

他の選手(ランダム表示)

シドネイ

高木 俊幸

カルロス・レオン

マールトン・ダールダイ

リック・カルスドルプ

マルロン・サントス

オビテ・エヴァン・ヌディカ

ベイリー・ピーコック・ファレル

エインズリー・メイトランド・ナイルズ

アンヘル・モントロ

リコ・リチャーズ

マルコ・サウ

2021年2月3日

-大分トリニータ
-