リカルド ロドリゲス

所属
前所属先 -
背番号 -
ポジション 監督
生年月日 1974年04月03日(48歳)
身長 / 体重
出身地 スペイン

リカルド ロドリゲスの情報

リカルド・ロドリゲス・スアレス(スペイン語: Ricardo Rodríguez Suárez, 1974年4月3日 - )は、スペイン・オビエド県オビエド出身のサッカー指導者。

来歴

レアル・オビエドのユースでプレーしていた17歳のときに試合中に左膝十字靱帯を断裂。選手としてのキャリアを断念して指導者を志す。24歳で指導者となり、レアル・オビエドのリザーブチームアシスタントコーチを皮切りに指導者としてのキャリアを重ね、2003年からはメキシコにあるレアル・マドリードのアカデミーのダイレクターも務めた。また、スポーツ科学を学ぶために1994年から1998年までア・コルーニャ大学、2000年から2002年までオビエド大学で学んだ。2003年から2006年までスペインサッカー連盟が発行するUEFAプロライセンス(英語版)を取得した。

2007年2月5日、ロドリゲスは解任されたジョアン・カリージョ(スペイン語版)に代わって、テルセーラ・ディビシオンに所属するジローナFCのトップチームの監督に就任し、2006-07シーズン終了まで指揮を執った。プレーオフではRFDアルカラ(スペイン語版)を下して昇格を果たした。

2007年6月25日、マラガCFのBチーム(アトレティコ・マラゲーニョ(スペイン語版))の監督となったが、程なくしてフアン・ムニスが監督を務めるトップチームのアシスタントコーチに任命され、2007-08シーズンに翌シーズンのラ・リーガ昇格を決めた。2008年7月、同クラブのスポーツディレクターに任命された。2010年3月4日、同クラブを退いた。

2011年8月、サウジアラビアサッカー連盟と3年契約を交わした。まずテクニカルアドバイザーとして着任し、その後は2012年8月に代表チームのスタッフに加わり、フランク・ライカールトの下で働いた。2013年1月にライカールトの後任にフアン・ラモン・ロペス・カロが就くと、ロドリゲスはU-17代表チームの監督に就任した。

2013年7月4日、セグンダ・ディビシオンに所属するジローナに監督として復帰した。下位に低迷し、12月19日に辞任した。

2014年1月19日、ロドリゲスはタイ・プレミアリーグのラーチャブリーFCの監督に就任した。タイでの1年目は、ラーチャブリーにとってクラブ史上最高順位となる4位でシーズンを終えた。シーズン終了後の11月に同クラブを離れ、直後に同リーグのバンコク・グラスFCと契約した。2015シーズンの国内リーグで30試合を終えた後、ロドリゲスは解任された。2016年3月、スパンブリーの監督に任命された。。就任から3ヶ月後の6月28日、同職を辞任した。

2017年に徳島ヴォルティスの監督に就任した。2020年シーズンはJ2優勝ならびにJ1昇格を達成した。

2020年12月22日、2021年シーズンより浦和レッズの監督に就任することが発表された。

引用元:wikipedia

リカルド ロドリゲスの記事

記事はまだありません。

浦和レッズの他の選手

槙野 智章

山中 亮輔

西川 周作

岩波 拓也

杉本 健勇

福島 竜弥

西 大伍

武藤 雄樹

大久保 智明

伊藤 涼太郎

レオナルド

柏木 陽介

同世代の同じポジションの選手

オリヴァー・グラスナー

三浦 淳寛

エドゥアルド・コウデト

ヌノ

鬼木 達

他の選手(ランダム表示)

アーリング・ブラウト・ハーランド

マルティン・カセレス

アレックス・コルダツ

セルヒオ・アルバレス

エベレチ・エゼ

セビオ・ソウコウ

堀田 大暉

ロマリク・ヤピ

菅 大輝

ホセバ・ザルドゥア

メリタン・シャバニ

ルートヴィッヒ・アウグスティンソン

2021年2月3日

-浦和レッズ
-