アダム・ララーナ

所属
背番号 14
ポジション MF
生年月日 1988年05月10日(36歳)
身長 / 体重 172cm / 73kg
国籍 イングランド

アダム・ララーナの情報

アダム・デヴィッド・ララーナ(Adam David Lallana, 1988年5月10日 - )は、イギリス (イングランド)・セント・オールバンズ出身 のサッカー選手。ポジションはMF。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。イングランド代表。

日本ではアダム・ララナと表記されることがある。祖父はスペイン人である。

クラブ歴

セント・オールバンズ生まれで、5歳のときにボーンマスに移り、2000年、12歳でサウサンプトンのアカデミーに加入した。

サウサンプトンFC
2004-05シーズンは、セオ・ウォルコット、ガレス・ベイル、レオン・ベスト、ネイサン・ダイアーらと共にFAユースカップ準優勝に貢献し、U-17イングランド代表招集のためのメディカルチェックを受けたが、そこで不整脈が発見され、手術をした。

2006年8月23日、リーグカップのヨーヴィル・タウンFC戦でトップチームデビューした。

2008年4月28日、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦でプロ初ゴール。このゴールはチームのチャンピオンシップ(2部)残留への希望をつなぐ先制点であった(結局、この試合は1-1の引き分けであった)。

2008-09シーズンはレギュラーとなってリーグ戦40試合に出場し、翌2009-10シーズンは合計20ゴールを挙げ、チームの中心選手となった。

いくつかのプレミアリーグのチームが関心を持つ中、2011年1月、サウサンプトンFCと4年半の新たな契約を結んだ。2010-11シーズンは、リーグ戦8ゴールを挙げて、リーグ1のPFA年間ベストイレブンに選出された。

2011-12シーズンは、開幕戦のリーズ・ユナイテッドAFC相手に、3-1の勝利に貢献するゴールを決めたのを皮切りに、リーグ戦11ゴール、全大会含めて13ゴールを挙げてチームのプレミアリーグ昇格に貢献し、チャンピオンシップのPFA年間ベストイレブンに選出された。

リヴァプールFC
2014年7月1日、リヴァプールFCへの移籍が決定した。背番号は『20』。また、移籍金は2500万ポンド(約43億2000万円)とも言われる高額な移籍金だと報道された。リヴァプールのロジャーズ監督は「プレミアリーグで最高峰の才能を持つララーナと契約できて本当に嬉しいよ。彼は特別な若者で、成長することに飢えている。戦術理解度も高く、リーダーシップも持っている。彼なら、リヴァプールというクラブが持つ文化に完璧にフィットすると確信している」 と加入時は語った。

2014年10月4日のWBA戦でリヴァプールでの初ゴールを決めた。2015年1月1日に行われたプレミアリーグ第20節のレスター・シティFC戦で、ふくらはぎを負傷し55分に交代。最大1カ月の離脱を強いられた。リヴァプール加入初年度の2014-15シーズンは、チームは無冠に終わり、ララーナ自身の怪我もあって、悔しいシーズンになった。

2015-16シーズン、CL出場権の獲得に貢献した。2017年2月22日、契約延長し長期契約を締結した。

2017-18シーズン、プレシーズン中に負傷し、長期離脱したその後復帰しベンチからの出場など続け、イングランド代表にも復帰していたが、3月31日のクリスタル・パレスFC戦で先発出場からわずか5分後、負傷により再び戦列から離脱。UEFAチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリード戦では負傷退場したモハメド・サラーの代わりに出場するも、チームを勝利に導くプレーは出来なかった。

2019-20シーズン、30年ぶりのプレミアリーグ優勝を経験。チームとの契約は6月30日までであったが、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断したことで、チームとの契約をシーズン終了まで延長したが、この発表によりシーズン終了後に退団することが正式に決定した。

ブライトン
2020年7月27日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCと3年契約を締結したことが発表された。背番号は「14」。

代表歴
 
2006年4月17日、U-18イングランド代表として、出身地のボーンマスで行われたU-18スロベニア代表戦に出場し、ゴールを挙げてチームの勝利に貢献した。その後、2006年10月9日、U-19イングランド代表としてU-19オーストリア代表戦に、2008年11月18日、U-21イングランド代表としてU-21チェコ代表戦に、それぞれ出場した。

2012年9月10日、2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のウクライナ戦のために、イングランド代表に初招集された。

2013年11月15日のチリとの親善試合で代表初出場を果たした。

2014 FIFAワールドカップのメンバー23人に含まれ、グループリーグのイタリア戦でダニエル・スタリッジとの交代でラスト10分間プレーした。

2015年3月27日にUEFA EURO 2016予選のリトアニア代表戦、2015年3月31日にイタリア代表と親善試合に臨む代表メンバーにララーナは招集されたが、負傷離脱した。

UEFA EURO 2016のメンバーに選出された。

2016年9月4日、2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スロバキア戦で、後半アディショナルタイムに決勝点となる代表初ゴールを挙げた。2016年11月11日のスコットランド戦でもチーム3点目となるゴールを決めた。2016年の代表での活躍もあり、2017年1月イングランド・プレーヤー・オブ・ザアワードを受賞した。

2018 FIFAワールドカップでは怪我上がりということもあり、待機リストに名を連ねるに留まった。

人物・エピソード

2018年2月5日、長期離脱からの復帰後、リヴァプールU-23チームの試合に出場し、トッテナムU-23チームのジョージ・マーシュと空中戦で競り合った際に、反則気味のチャージを受けて激昂し、チョークスリーパーを行い、退場処分となった。

引用元:wikipedia

アダム・ララーナの記事

記事はまだありません。

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの他の選手

クリスティアン・ウォルトン

グラハム・ポッター

マックス・ハリソン・サンダース

テディ・ジェンクス

ホセ・イスキエルド

アレクシス・マック・アリスター

フロリン・アンドネ

ビリー・ヴラディミール・アルセ・ミナ

ヨエル・フェルトマン

レアンドロ・トロサール

パスカル・グロス

ジェンセン・ウェアー

同世代の同じポジションの選手

ミチェル

イヴァン・ラキティッチ

ダビド・フェレイロ

ペドロ・モスケラ

ケヴィン・マクドナルド

マト・ヤヤロ

ユリアン・バウムガルトリンガー

倉田 秋

ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ

武田 英二郎

フアン・マタ

宇賀神 友弥

他の選手(ランダム表示)

前田 大然

アルフィー・ディヴァイン

ペペ・サンチェス

ダニー・ローズ

マテイ・ヴィドラ

ルシアン・アグメ

ブランドン・オースティン

ベンジャミン・パヴァール

ケビン・ボニファツィ

ヤコブ・シュトラルチク

フランチェスコ・カプート

松田 陸

2021年1月31日

-ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
-