高丘 陽平

所属
前所属先 サガン鳥栖
背番号 1
ポジション GK
生年月日 1996年03月16日(26歳)
身長 / 体重 181cm / 72kg
出身地 神奈川

高丘 陽平の情報

高丘 陽平(たかおか ようへい、1996年3月16日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜F・マリノス所属。ポジションは、ゴールキーパー。

来歴

横浜FCジュニアユースを経て、2011年にユースへ昇格。2013年5月10日、トップチームに2種登録選手として登録。

2014年より、トップチームへ正式に昇格した。同年2月、J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された。昇格後は南雄太が正GKに座っており、控えも1学年上の渋谷飛翔が務め2016年までは天皇杯1試合のみの出場に留まっていたが、渋谷が名古屋グランパスへ移籍した2017年は南から正GKを奪取し41試合に出場した。

2018年3月26日、サガン鳥栖へ期限付き移籍。移籍後は権田修一の控えとなりJリーグカップ3試合出場に終わったもののシーズン終了後、サガン鳥栖に完全移籍。

権田が退団した2019年、序盤戦はFC東京より新加入の大久保択生が起用されたため控えに回っていたが、夏に大久保が清水エスパルスに移籍するとレギュラーに定着。その後は全ての試合でゴールを守った。2020年は松本山雅FCより守田達弥が加入し出場機会は昨季より減少したが、出場した試合では好セーブを見せ、ポジションを争った。

10月23日、横浜F・マリノスに完全移籍で加入することが発表された。 マリノス加入後は梶川裕嗣や中林洋次を抑えてレギュラーに定着したが、移籍後初出場した第28節サンフレッチェ広島(1-3)戦から2試合連続3失点するなど3連敗を喫し、その後の試合では栃木SCへのレンタルから復帰したオビ・パウエル・オビンナが先発に据えられた(6-2で浦和レッズに勝利)。スタメンに復帰した第30節川崎フロンターレ戦では前半終了間際にペナルティエリア外でハンドを犯してしまい一発退場処分を受けた。ACLでもオビが主に起用され、ラウンド16進出が決まった後の水原三星ブルーウィングス戦(1-1)の1試合出場にとどまった。この試合でも同点ゴールを決められ、移籍後に出場した川崎戦を除く全ての試合で失点し勝利を挙げられないという苦い結果に終わった。

背番号を1に変更した2021年はリーグ開幕スタメンはオビに譲ったもののルヴァンカップ第1節ベガルタ仙台戦で先発に抜擢。試合は1‐0で勝利し、横浜加入後初勝利及び初完封を飾った。

引用元:wikipedia

高丘 陽平の記事

記事はまだありません。

横浜F・マリノスの他の選手

高野 遼

實藤 友紀

前田 大然

畠中 槙之輔

岩田 智輝

平井 駿助

マルコス ジュニオール

水沼 宏太

和田 拓也

エウベル

扇原 貴宏

アンジェ ポステコグルー

同世代の同じポジションの選手

ウナイ・エチェバリア

ニルス・ケルバー

ホキン・エスキエタ

ボリス・ラドゥノビッチ

ニキータ・コンティーニ

吉田 舜

フアン・ペレス

アレクサンダー・ヌベル

ベイリー・ピーコック・ファレル

アントニオ・シヴェラ

モンティポ・ロレンツォ

グリエルモ・ヴィカリオ

他の選手(ランダム表示)

ニコラス・ドミンゲス

ディオン・ルッフォ・ルーチ

セルジオ・アリバス

マリウス・ビュルトラー

ハキム・ジエク

ミケル・オヤルサバル

アリストテレス・ロメロ

ケレム・デミルバイ

ウナイ・ガルシア

相良 竜之介

セルジ サンペール

鈴木 彩艶

2021年2月3日

-横浜F・マリノス
-