関口 訓充

所属
前所属先 セレッソ大阪
背番号 7
ポジション MF
生年月日 1985年12月26日(36歳)
身長 / 体重 171cm / 66kg
出身地 東京

関口 訓充の情報

関口 訓充(せきぐち くにみつ、1985年12月26日 - )は、東京都多摩市出身のプロサッカー選手。Jリーグベガルタ仙台所属。 ポジションはミッドフィールダー、フォワード。元日本代表。

来歴

男四人兄弟の三番目として生まれる。2004年に帝京高校から仙台に入団。2007年にスーパーサブとして44試合に出場した。2008年はチームの軸となり、リーグ戦は1試合の欠場のみの41試合に出場し6得点と、チームの入れ替え戦進出に貢献した。

2009年は得点こそ減ったものの、もともとの武器だったドリブルに加え、状況によって仲間へのパスを選択するなどプレーの幅が広がり10アシストを記録。この年リーグ戦、天皇杯含め55試合に出場し、仙台のJ2優勝、天皇杯ベスト4進出の原動力となった。

2010年、チーム生え抜きとして初のA代表に選出されると、同年10月8日に開催されたキリンチャレンジカップ・アルゼンチン代表戦において、後半26分に岡崎慎司に代わり途中出場し初キャップを刻んだ。

2012年12月18日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍。 2013年10月5日、第28節大宮アルディージャ戦において、移籍後リーグ戦初ゴールを記録。 2014年シーズン終了後、契約満了により退団。

2015年にセレッソ大阪へ移籍。セレッソ大阪ではサイドハーフ主力選手として活躍。2017年12月19日、セレッソ大阪を退団することが発表された。

2018年4月、ベガルタ仙台に加入することが発表、6年ぶりの復帰となった。

選手としての特徴

自分の背が低いという自覚があり、それだけに背が低いプロサッカー選手を手本とし、特にアルゼンチンのサビオラやオルテガのプレーを参考にしたという。

引用元:wikipedia

関口 訓充の記事

記事はまだありません。

ベガルタ仙台の他の選手

秋山 陽介

マルティノス

佐々木 匠

田中 渉

加藤 千尋

小畑 裕馬

手倉森 誠

石原 崇兆

氣田 亮真

長倉 颯

上原 力也

富田 晋伍

同世代の同じポジションの選手

ヴァロン・ベーラミ

アシュリー・ヤング

フェルナンジーニョ

ヘスス・ナバス

マルコ・パローロ

ルカ・モドリッチ

高橋 義希

クリスティアン・ゲントナー

ボルハ・バレロ

レオ シルバ

他の選手(ランダム表示)

ドミニク・ハインツ

ジェシク・ヌガンカム

ヨーナス・レッスル

ファビアン

ヤベス・マカンダ

安部 崇士

セルヒオ・アグエロ

ケヴィン・カンプル

ロバート・スノッドグラス

ニルス・ソイファート

フェデ・ヴァルベルデ

オザン・カバク

2021年2月3日

-ベガルタ仙台
-