菅野 孝憲

所属
前所属先 京都サンガF.C.
背番号 1
ポジション GK
生年月日 1984年05月03日(38歳)
身長 / 体重 179cm / 75kg
出身地 埼玉

菅野 孝憲の情報

菅野 孝憲(すげの たかのり、1984年5月3日 - )は、埼玉県富士見市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。ポジションはゴールキーパー。

来歴

東京ヴェルディ1969のアカデミーの出身で、埼玉県富士見市の自宅から練習場のヴェルディグラウンドまで片道2時間以上かけて通った。当時の菅野について、ジュニアユースでの同期である玉乃淳は「中学3年生まで失点したのを見たことない」と語るほどだった。身体能力・メンタリティは抜群で、東京Vの育成担当スタッフは全員一致でトップに昇格させるべきと推薦したが、身長が低いことを理由に、当時のゼネラルマネジャーの判断によって昇格できず横浜FCに入団。横浜FCのGKコーチである田北雄気は入団当時の菅野についてキャッチングはすでにプロレベルだったと語っている。加入後は長年守護神を務めた水原大樹から1年目でレギュラーを奪うと、2006年はチームで唯一48試合(全49試合中)にフル出場し、防御率0.67という成績(リーグトップ)を残して、チームのJ2優勝とJ1への昇格に貢献した。

自身初のJ1でプレーする2007年、2年連続チームで唯一全34試合にフル出場。チームはリーグ最下位でJ2降格したものの、ゲームキャプテンを務める試合も多くあった。Jリーグオールスターサッカーへの出場を果たし、2007年の新人王にも輝いた。

2007年オフに柏レイソルへ移籍。2008年、柏は菅野のほか南雄太、加藤慎也、桐畑和繁のGK4人体制となり、特に南と菅野の正GK争いは注目を集めた。5月2日のジェフユナイテッド市原・千葉戦で柏でのリーグ戦初出場を果たすと、好セーブを連発し、チームの勝利に貢献した。その試合以来、正GKの座を南から奪取。これ以降、絶対的な守護神としてゴールマウスに立ち塞がった。

また、2009年には日本代表に選出されて、2月4日のフィンランド代表(キリンチャレンジカップ)などでベンチメンバーに入った

中村航輔のアビスパ福岡へのレンタル移籍からの復帰に伴い、2016年にJ2・京都サンガF.C.に完全移籍。 しかし17年終盤に清水圭介にポジションを奪われ、控えに降格した。

2018年、北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍。2019年も期限付き移籍期間を延長し札幌に残留した。しかしこの2年はク・ソンユンが第1GKとして健在したため第2GKとしての立場だった。 2020年に完全移籍で札幌に加入。すると、ソンユンが兵役のため、韓国へ移籍すると第2節からレギュラーに定着。シーズン途中は特別指定選手である中野小次郎にポジションを奪われるも、奪い返しシーズン通してリーグ戦28試合に出場するなどと札幌加入後最多出場を果たした。

人物・特徴

身長は登録上179cmであるが、かつて柏で指揮していた石崎信弘も「175cmもないんじゃないか?」と発言している。記者からも同様の指摘がなされており、175cmと報道したメディアも存在する。そのためか、テレビや新聞などではたびたび「背の低いゴールキーパー」、「小さな巨人」 と呼ばれている。紹介文では、よく「179cmというGKとして決して高くない・・・」と書かれている。

このように、GKとしては小柄な方だが、瞬発力を活かした俊敏な反応によるセービングが持ち味であり、数々の記録を持つ。2009年に日本代表に初招集された際に、当時の監督であった岡田武史から、「シュートへの反応の速さ」と「フィールドプレーヤー並みのキックの正確さがある」ことを特徴に挙げられていた。

前述のように、身長が低いことを理由にトップチームへの昇格を見送られたこともあったが、本人は「小さいと言われれば、大きいヤツよりも高く飛び、早く動き、強くなり、すべての面で上回ればいい」、「小さい人がどんどんハイボールを捕れば面白いし、身長を悔やんだことはない。落下地点に最短距離で入れば、競り負けない」 と発言している。

体重の登録は75kgであるが、シーズンごとに体重を変え、どの体重が自分にとって最適であるかデータを取っている。2007年シーズンは71kgで通したが、ジャンプするときにある程度体重がないと勢いがつかないということで、2008年シーズンは74kgで試していた。身体能力は抜群で、相手との1対1の場面も勇敢に飛び出す。

ヴェルディユース時代、当時ユース監督だった都並敏史に対しても臆することなく意見したメンタリティの持ち主。時間稼ぎで相手チームや相手サポーターを焦らせ、ブーイングを浴びたりカードを貰ったりすることもしばしばあるが、本人は「気持ちいい」と気にしていない。

記録

2003年7月26日の大宮戦にて、ペナルティーエリア外へ飛び出して相手選手のシュートを阻止したプレーでハンドリングの判定を受け、試合開始1分で退場処分となった。菅野のこの記録は2009年4月15日に菅原智(東京V)が更新するまでJリーグの最短退場時間記録であった(菅原は開始9秒で退場処分)。なお、この試合で横浜FCは控えメンバーにGKをベンチ入りさせていなかったため、急遽DFの河野淳吾が菅野のユニフォームを着用してGKを務めたものの、0-3で敗れた。

2004年7月10日の鳥栖戦では、自陣のペナルティーエリア付近からのFKを菅野が蹴り、これが風に乗って伸び、さらに相手ペナルティエリア付近で大きくバウンドしてそのまま相手GK富永康博の頭上を越えゴールに入った。Jリーグ公式戦では田北雄気(当時浦和)、松永成立(当時京都)に続く3人目のGKのゴールとなった。この「シュート」は公式記録上88mの距離とされ、当時のJリーグ史上最長ゴールとなった(その後、2006年7月13日に高木義成(東京V)により塗り替えられた。高木の記録は菅野の記録を1m更新する約89mであった)。

2006年4月18日の神戸戦の前半5分から、6月2日の水戸戦で失点するまで770分の連続無失点を続け、Jリーグ記録を樹立。これは1993年にシジマール(当時清水エスパルス)が記録した731分を13年ぶりに塗り替えるものだった。

引用元:wikipedia

菅野 孝憲の記事

菅野 孝憲のタグ付された記事一覧へ

北海道コンサドーレ札幌の他の選手

チャナティップ

金子 拓郎

大谷 幸輝

駒井 善成

宮澤 裕樹

ペトロヴィッチ

中村 桐耶

ジェイ

ルーカス フェルナンデス

菅 大輝

高嶺 朋樹

小野 伸二

同世代の同じポジションの選手

サミル・ハンダノヴィッチ

ルネ・ヤースタイン

ルベン・マルティネス

クォン スンテ

エルディン・ヤクポヴィッチ

阿部 伸行

ミゲル・アンヘル・モジャ

他の選手(ランダム表示)

田中 渉

モモ・シセ

フアン・カルロス

アントニオ・プエルタス

ヘスス・ナバス

清武 弘嗣

マックス・クルーゼ

ニック・ウォルテマデ

アントワーヌ・グリーズマン

フェデリコ・サンタンダー

クォン スンテ

ダニーロ

2021年2月3日

-北海道コンサドーレ札幌
-