白崎 凌兵

所属
前所属先 清水エスパルス
背番号 41
ポジション MF
生年月日 1993年05月18日(28歳)
身長 / 体重 181cm / 70kg
出身地 東京

白崎 凌兵の情報

白崎 凌兵(しらさき りょうへい、1993年5月18日 - )は、東京都調布市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(セカンドトップ)、ミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィールダー/ボランチ)。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。

来歴


プロ入り前
小学校1年生のときにサッカーを始め、同2年生時に横河武蔵野FCジュニアチームに加入。中学生時はFC東京U-15むさしでプレーするも、U-18への昇格を果たせず山梨学院大学付属高等学校へ進学。加部未蘭は中学、高校の先輩である。山梨学院大付属高校2年時に第89回全国高校サッカー選手権に出場。得点源として背番号10を背負い、ベスト8入り。加部と共に大会優秀選手に選ばれ、全国高校選抜にも選ばれた。3年時には主将を務めプリンスリーグ関東2部で優勝。

清水エスパルス
プロ入りにあたってはJリーグ7クラブによる争奪が報じられたが、目標とする小野伸二が所属する清水エスパルスと古巣のFC東京に入団先を絞り込み、2011年8月に清水への入団が発表された。入団した2012年の開幕戦であるJ1第1節名古屋グランパス戦にてJリーグ初出場。同年の天皇杯・アルテリーヴォ和歌山戦でハットトリックを達成した。

カターレ富山
2013年8月、本人としては出場機会を求め、クラブとしては得点力不足解消の切り札として、カターレ富山へ期限付き移籍。同月18日のJ2第29節に先発出場し、同季は第34節を除く残り全試合に先発出場した。10月20日の第37節G大阪戦で移籍後初、及び自身Jリーグ初得点を挙げると、この試合を含む残り6試合で4得点を記録した。11月にはミャンマー遠征に臨むU-20日本代表に選出されたが、負傷により辞退した。

2014年に際し複数クラブからのオファーを断り富山に残留。これ以前、清水は富山に対し、移籍期間延長の条件として安間貴義監督の留任を通達したと報じられていた。同年は安間の指示で背番号を9に変更したが、チームの不振と共に調子を落とし、エースとしての期待には応えられなかった。

清水復帰
2015年、移籍期間を満了し清水エスパルスに復帰。富山で身に付けた守備意識と高いキープ力で出場機会を掴み、1試合辺りの走行距離では通年で4度のリーグ最長を記録するなど気を吐いたが、J2降格を喫した。同年オフには川崎からのオファーを固辞し清水に残留。

2016年、チーム最多のスルーパス、高い技術と豊富な運動量で攻撃に連動性をもたらし鄭大世と大前元紀の得点量産に繋いでJ1復帰に貢献。2017年からはクラブからの打診を受け退団した大前に代わって背番号「10」番を着用。 以降ボランチのポジションでの起用も増えた。

鹿島アントラーズ
2019年、鹿島アントラーズへ完全移籍で加入。5月18日、第12節の松本山雅FC戦では自身の誕生日を祝う2得点を決めた。7月20日、第20節のサガン鳥栖戦では2試合連続ゴールを決めて勝利に貢献した。

エピソード


昆虫が苦手で、富山移籍時にあてがわれた選手寮の部屋にコオロギとゴキブリ3匹が侵入した際は自分で退治が出来ず同僚に処理してもらった。

引用元:wikipedia

白崎 凌兵の記事

記事はまだありません。

鹿島アントラーズの他の選手

早川 友基

エヴェラウド

レオ シルバ

荒木 遼太郎

遠藤 康

関川 郁万

山田 大樹

染野 唯月

町田 浩樹

小泉 慶

アルトゥール カイキ

永戸 勝也

同世代の同じポジションの選手

マヌエル・ラッツァーリ

ヴィンセンゾ・グリフォ

ペレ・ポンス

マリオ・レミナ

大島 僚太

内田 航平

レオナルド・スピナツォーラ

マッティア・スプロカティ

フレッジ

ロス・バークリー

トーマス

マルコ・パヤッチ

他の選手(ランダム表示)

ダニ・オルモ

ヤコブ・バレット・ラウルセン

ルカ・ゴッティ

サウール・ニゲス

ハリソン・アッシュビー

扇原 貴宏

ブカヨ・サカ

吉田 豊

フェリックス・コレイア

フアン・ブルネト

ウィラン・シプリアン

フアン・ムッソ

2021年2月3日

-鹿島アントラーズ
-