松原 健

所属
前所属先 アルビレックス新潟
背番号 27
ポジション DF
生年月日 1993年02月16日(29歳)
身長 / 体重 180cm / 77kg
出身地 大分

松原 健の情報

松原 健(まつばら けん、1993年2月16日 - )は、大分県宇佐市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜F・マリノス所属。登録ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。元日本代表。既婚。

来歴

中学進学時に大分トリニータU-15のセレクションを受け不合格となったが、高校進学時に再びセレクションに参加し合格。2008年に大分U-18に入団した。1年次の夏過ぎにそれまではフォワードやボランチでプレーをしていたが、当時監督の皇甫官に、運動量の多さを買われて右サイドバックに転向した。大分U-18では緊張感のある中で練習し、重圧に圧し潰されそうになった事で初めてサッカーの練習が嫌いになったという。3年次の2010年にトップチームに2種登録され、5月2日のJ2第10節・ジェフユナイテッド千葉戦で公式戦デビュー。同年はリーグ戦9試合に出場した。

2011年より正式にトップチームへ昇格。2013年1月にはドイツへ渡り、フォルトゥナ・デュッセルドルフの練習に参加した。

2014年、「大分でやってきたことが、外に出てどれだけ通用するかを試したい」という思いからアルビレックス新潟に期限付き移籍。新潟には年代別代表でもチームメイトであり、同ポジションのライバルである川口尚紀が在籍していたが、戸惑いは無く「チーム内のポジション争いに勝つことで、年代別代表でも勝てる」との考えがあったという。川口を抑え、右サイドバックのレギュラーに定着し、同年8月28日にはキリンチャレンジカップに出場するA代表に初選出された。試合出場機会は無かったものの、長友佑都や酒井宏樹、酒井高徳ら同ポジションの選手を始めとした、海外クラブでプレーする選手と練習を経験することで刺激を得た。同年はJ2時代も含めて自身最多のリーグ戦31試合に出場した。

2015年、新潟に完全移籍。4月に右膝半月板を手術(全治5か月)したこともあり、2015年シーズンはリーグ戦出場なし。2016年2月に右膝を痛めて再手術、リオデジャネイロオリンピックに出場するU-23日本代表メンバーの最終発表前の6月に復帰を果たし本大会メンバー発表前の最終公式戦・U-23南アフリカ戦のメンバーには選出されたものの、最終的に本大会メンバーからは落選した。

2017年、横浜F・マリノスからオファーを受け、「サッカー選手として上手くなるために挑戦したい 」という思いから移籍を決断し、完全移籍で横浜FMに加入。同年5月27日、リーグ第13節の清水エスパルス戦にて前半に先制点を挙げ、プロ初ゴールを記録。

エピソード

2010年、大分U-18在籍時に大分に2種登録された際より、クラブでは一貫して背番号は27番を背負っている。この事について本人は「こだわりは無くは無いが、背番号を決める際に27番が空いていれば、それでお願いしますというぐらい」と語っている。

2017年4月に高校時代から交際をしていた一般女性との入籍を発表。

引用元:wikipedia

松原 健の記事

記事はまだありません。

横浜F・マリノスの他の選手

扇原 貴宏

高丘 陽平

實藤 友紀

梶川 裕嗣

畠中 槙之輔

天野 純

伊藤 槙人

水沼 宏太

マルコス ジュニオール

チアゴ マルチンス

仲川 輝人

樺山 諒乃介

同世代の同じポジションの選手

山根 視来

アルベルト・アルミチ

ジェローム・ルシヨン

ダビド・フンカ

ディエゴ・カルロス

パブロ・インスア

ジョー・ブライアン

ジャマール・ラスセルズ

マイケル・キーン

山中 亮輔

ジョージ・バルドック

奈良 竜樹

他の選手(ランダム表示)

ウェンデル

ヤンヘル・エレラ

シモーネ・バストニ

アドミル・メフメディ

デクラン・ライス

ピエール・エミル・ホイビュルク

ジョゼフ・マリー・ミナラ

ジャック・ハリソン

ショーン・ヴァイスマン

ケヴィン・マクドナルド

ジェイソン・ルクミ

戸嶋 祥郎

2021年2月3日

-横浜F・マリノス
-