山岸 祐也

所属
前所属先 モンテディオ山形
背番号 11
ポジション FW
生年月日 1993年08月29日(28歳)
身長 / 体重 183cm / 80kg
出身地 千葉

山岸 祐也の情報

山岸 祐也(やまぎし ゆうや、1993年8月29日 - )は、千葉県出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。

叔父は元Jリーガーの小松崎保。

来歴

プロ入り前
千葉県出身であるが、高校は福島県の尚志高校に進学した。2011年の第90回全国高校サッカー選手権大会では中心選手として5得点を挙げる活躍を見せ、チームをベスト4に導いて本大会の優秀選手に選ばれた。 また、同年の高校総体でも優秀選手に選ばれている。流通経済大学進学後、3年生でトップ下を任され、1年先輩の江坂任と縦の関係を築き、総理大臣杯2連覇や流経大初のインカレ優勝を経験した。高校の同級生には歌手の丸山夏鈴がいる。

ザスパクサツ群馬
2016年よりザスパクサツ群馬に入団。12節まではベンチを外れることも多かったが、13節以降は全試合スターティングメンバーとして出場。シーズン後半は同期入団の瀬川祐輔とツートップを組むことが多くなり、共にチームのJ2残留に貢献した。

FC岐阜
2017年12月27日、翌シーズンJ3へ降格する群馬からFC岐阜への完全移籍での加入が発表された。2018年はシーズン前半は開幕戦と第3節で先発出場した後、第17節から3試合連続で先発出場した以外は控えからの途中出場が多かったが、後半戦は先発出場が増え、最終10試合は全て先発出場で、シーズン合計では31試合4得点を記録。2019年も第26節までに、先発18試合(うちフル出場17試合)を含む22試合に出場、4得点を挙げていた。

モンテディオ山形
2019年8月6日、モンテディオ山形へ完全移籍。移籍後、第29・30節と途中出場した後、第31節首位の柏戦で移籍後初の先発出場を果たすと、前半10分に先制点を挙げチームの勝利に貢献、その後はシーズン終了まで1試合を除き全て先発出場、14試合で4得点を挙げた。翌2020年シーズンも、開幕から第23節まで全試合に出場、うち20試合が先発出場で、チーム得点ランキング首位の6得点を挙げていた。

アビスパ福岡
2020年シーズン初の欠場かつベンチ外となった第24節直後の10月6日、同じJ2リーグ所属のアビスパ福岡への完全移籍が発表された。

引用元:wikipedia

山岸 祐也の記事

記事はまだありません。

アビスパ福岡の他の選手

エミル サロモンソン

杉山 力裕

奈良 竜樹

重廣 卓也

村上 昌謙

山ノ井 拓己

渡 大生

輪湖 直樹

ブルーノ メンデス

フアンマ デルガド

桑原 海人

志知 孝明

同世代の同じポジションの選手

マッテオ・ポリタノ

マルコス ジュニオール

マリウス・ビュルトラー

イバン・カバレイロ

ジャンルカ・カプラーリ

ジョン・コルドバ

マリアーノ・ディアス

ニクラス・フュルクルク

ルイス・リオハ

ミシー・バチュアイ

アンデルソン ロペス

ダルウィン・マチス

他の選手(ランダム表示)

マッシミリアーノ・ミニョーナ

ヤシン・ボノ

マテオ・コヴァチッチ

興梠 慎三

エディン・テルジッチ

ジネディーヌ・ジダン

河井 陽介

マリク・ティルマン

イブラヒマ・コナテ

ホセ・ルイス・モラレス

ジョルジ・シルバ

ミゲル・ヴェローゾ

2021年2月3日

-アビスパ福岡
-