三竿 健斗

所属
前所属先 東京ヴェルディ
背番号 20
ポジション MF
生年月日 1996年04月16日(25歳)
身長 / 体重 181cm / 73kg
出身地 東京

三竿 健斗の情報

三竿 健斗(みさお けんと、1996年4月16日 - )は、東京都出身のサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)およびディフェンダー(センターバック)。元日本代表。

大分トリニータに所属する三竿雄斗は実兄。

来歴

プロ入り前
小学校年代から東京ヴェルディの下部組織に所属。ユースではボランチを主に、センターバックでもプレー。2013年、FIFA U-17ワールドカップに出場するU-17日本代表のメンバー入りを果たし、チームの16強入りに貢献した。2014年4月、中野雅臣と共にトップチームに2種登録選手として選手登録された。同年10月、2015年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された。

東京ヴェルディ
2015年3月8日、開幕戦のセレッソ大阪戦で公式戦デビュー。また、AFC U-23選手権2016のメンバーに豊川雄太とともにラスト2枠で選ばれた。

鹿島アントラーズ
2016年、鹿島アントラーズに完全移籍。2月28日の開幕戦・ガンバ大阪戦のアディショナルタイムにJ1リーグ初出場を果たした。4月16日のJ1 1st第7節の湘南ベルマーレ戦に途中出場し、兄・雄斗と公式戦で初対戦した。この日はお互いの誕生日でもある。

2017年7月5日、第13節のガンバ大阪戦ではCBとしてプレーし、ボランチとCBで幅を広げている。10月29日、第31節の北海道コンサドーレ札幌戦ではJ1リーグ初得点を決めた。11月29日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017に出場する日本代表メンバーに選出され、12月16日の韓国戦で国際Aマッチ初出場。

2018年3月26日に行われたマリ代表戦では、中島翔哉の得点をアシストし、代表初アシストを記録。ロシアワールドカップへ向けたメンバーリスト26人に入るも、本大会に臨む23人からは落選し、W杯目前での代表落選となった。

プレースタイル

身長181cmの長身と体の強さを生かし、高さと球際で勝負できるパワフルな守備が特長の大型ボランチ。激しい守備から攻撃に繋げるパスを供給するのが特徴的で、特に正確な縦パスで攻撃の起点になるプレーには自信を持っている。解説者の都並敏史は彼を「ヴェルディユースのシャビ・アロンソ」と評した。また、センターバックでもプレーできる。なお、自身では判断力・予測力を課題とし、セルヒオ・ブスケツやハビエル・マスチェラーノのプレーを参考にしていると語っている。

引用元:wikipedia

三竿 健斗の記事

記事はまだありません。

鹿島アントラーズの他の選手

アルトゥール カイキ

小泉 慶

ディエゴ ピトゥカ

染野 唯月

ザーゴ

犬飼 智也

永戸 勝也

土居 聖真

レオ シルバ

上田 綺世

早川 友基

荒木 遼太郎

同世代の同じポジションの選手

ヤクブ・ヤンクト

ロドリ

タンギー・ヌドンベレ

ロバート・スコヴ

モハメド・ダウド

チャーリー・ムソンダ

エディミルソン・フェルナンデス

ラウル・グティ

宮本 航汰

オレクサンドル・ジンチェンコ

ジェイク・ヘスケス

上原 力也

他の選手(ランダム表示)

杉本 竜士

シモン・チェズ

オリオル・レイ

ムナス・ダブール

ロベルト・デ・ツェルビ

村上 昌謙

フィーテ・アープ

アーメド・アルムハマディ

ミゲル・ヴェローゾ

ベン・ホワイト

アイルトン

ロドリゴ・バタグリア

2021年2月3日

-鹿島アントラーズ
-