ジェルヴィーニョ

所属
背番号 27
ポジション FW
生年月日 1987年05月27日(36歳)
身長 / 体重 179cm / 68kg
国籍 コートジボワール

ジェルヴィーニョの情報

ジェルヴィーニョ(Gervinho)こと、ジェルヴェ・ロンベ・ヤオ・クアッシ(Gervais Lombe Yao Kouassi、1987年5月27日 - )は、コートジボワール・アニャマ出身のサッカー選手。セリエA・パルマ所属。コートジボワール代表。ポジションはフォワード。

経歴

アーセナル時代
アルナ・コネなどと同じアニャマ出身である。育成の名門であるASECミモザの下部組織に5年間所属し、ブラジル人監督からポルトガル語のジェルヴィーニョというニックネームを授かった。その後、Ivorian Deuxieme Division Zone FourのToumodi FCに移籍し、トゥーレ兄弟(コロとヤヤ)の弟のイブラヒム・トゥーレとチームメイトになった。Toumodi FCで2シーズン過ごした後、ASECミモザと提携しており、コートジボワール人選手を多数受け入れているベルギー・ジュピラーリーグのKSKベフェレンに移籍した。

2007年7月2日、フランスのル・マンUCと3年契約を結び、2007-08シーズンは同郷のロマリッチらとともにプレーした。2008年5月にはフランスのASモナコ、パリ・サンジェルマンFC、オリンピック・マルセイユ、イングランドのアーセナルFCがジェルヴィーニョの動向を追っていると報道された。この報道によるとアーセナルは長い間ジェルヴィーニョを評価し続け、ベルギーでプレーしていた2006-07シーズンにもオファーが出されたとされた。ル・マンUCでは2シーズンで59試合に出場し9得点を記録した。また、日本代表の松井大輔とも同僚であった。

2009年7月21日、移籍金600万ユーロでLOSCリール・メトロポールと契約した。2010-11シーズンはリーグ5位タイとなる15得点と10アシストを挙げてリールの2冠に貢献し、ベストイレブンに選ばれた。

2011年7月11日、移籍金推定1060万ポンドでアーセナルに移籍。しかし、2シーズンで45試合に出て9得点と結果は芳しくなかった。

2013年8月、リール時代の恩師、リュディ・ガルシア率いるASローマに移籍が決定。移籍初年度の2013-14シーズンは、リーグ戦33試合9得点を記録した。

2016年1月26日、中国サッカー・スーパーリーグの河北華夏幸福へ移籍することが発表された。

2018年8月17日、パルマ・カルチョ1913にフリーで加入した。9月22日のカリアリ戦では、自陣ペナルティエリア付近でクリアボールを拾うとそこからドリブルで82メートルを駆け抜けてゴールを決めた。2018-19シーズンはリーグ戦30試合で11ゴールを挙げてチームの主力として活躍した。2019年10月11日、契約を2022年まで延長した。

代表

U-23コートジボワール代表ではキャプテンを務め、2007年9月の北京オリンピックアフリカ予選のU-23マリ代表戦(3-1)ではペナルティキックを決めて勝利に貢献した。同年11月、アンゴラ代表とカタール代表との親善試合のために初めてコートジボワールA代表に招集され、アンゴラ代表戦でA代表デビューした。

2008年にはガーナで開催されたアフリカネイションズカップ2008に背番号97で出場し、2試合に途中出場した。同年にはU-23コートジボワール代表として北京オリンピック本大会にも出場し、グループリーグ2戦目のU-23セルビア代表戦(3-2)で1得点2アシストの活躍を見せた。

2009年11月14日、2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選のギニア代表戦でA代表初得点を含む2得点を決めた。2010年1月にはアフリカネイションズカップ2010に出場し、グループリーグのガーナ代表戦で得点した。同年6月には2010 FIFAワールドカップに出場するメンバーに選ばれ、ポルトガルとのグループリーグ初戦に82分間出場した。

2014 FIFAワールドカップでは、コートジボワール代表に招集され、グループステージの日本代表戦で逆転ゴールを挙げるなどの活躍をしたが、グループステージ敗退に終わった。

プレースタイル

左右両サイドのウィングでプレーし、時にはセンターフォワードも務める。スピード溢れるドリブルが持ち味で、同じセリエAでプレーする長友佑都は、「普通に走るのとドリブルのスピードが変わらない」とコメントする。止まった状態から加速できるところが魅力で、どんな状況でも仕掛けることができる。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、2014年ブラジルW杯にて最大時速32.3kmを記録。2013年、サンシーロでは最大時速35kmというスピードを叩きだしたという。現在、人類最速の男である陸上競技選手ウサイン・ボルトは100mを平均すると時速35.578 km。レース中の最高スピードは時速44kmにも及ぶ。

引用元:wikipedia

ジェルヴィーニョの記事

記事はまだありません。

SSDパルマ・カルチョの他の選手

リッカルド・ガリオーロ

シモーネ・イアコピーニ

ニコルッシ・カビリャ

アルベルト・グラッシ

マテオ・リカシュー

マーク・コズノフスキー

エルナニ

マーティン・ターク

マキシム・ブシ

ボトンド・バログ

ユライ・クツカ

ガストン・ブルグマン

同世代の同じポジションの選手

ドリース・メルテンス

アダム・シャライ

ファビアン・クロス

クリスティアーノ

マルティン・ハルニク

マルコ・サウ

ホセ・カジェホン

ホセ・ルイス・モラレス

ルイス・スアレス

アントニオ・カンドレヴァ

ケヴィン・ガメイロ

リオネル・メッシ

他の選手(ランダム表示)

イバン・アレホ

セドリック・トイヒャート

ヴィクター・オシムヘン

ライアン・バートランド

イッサ・ディオプ

マッティ・キャッシュ

イヴァン・ロメロ

サメド・オヌル

スティーヴン・ベルフワイン

ドッジ

ナノ・メサ

ハリー・ケーン

2021年1月31日

-SSDパルマ・カルチョ
-