カルレス・アランギス

所属
背番号 20
ポジション MF
生年月日 1989年04月17日(35歳)
身長 / 体重 171cm / 70kg
国籍 チリ

カルレス・アランギスの情報

チャルレス・マリアーノ・アランギス・サンドバル(スペイン語: Charles Mariano Aránguiz Sandoval、発音 [aˈɾaŋɡis]、1989年4月17日 - )は、チリの同国代表サッカー選手。ポジションはMF。

CFウニベルシダ・デ・チレ時代には、その戦略的なセンス、スタミナやプレーメイク能力、マークやパスの能力から、既にプレメーラ・ディビシオン有数のミッドフィールダーとして考えられていた。ポジションとしてはミッドフィールダーで、守備的ミッドフィールダー、セントラルミッドフィールダーのほか、右ウイングもこなすことが出来る。国際サッカー連盟の公式サイトでも「狡猾で獰猛な最上級のミッドフィールダーで、特にボールを供給してパスを運びネットを揺らす能力で著名である」と紹介されている。

クラブ歴

幼時
首都州のプエンテ・アルトで生まれた。母親はサッカー指導者であった。13歳にしてCFウニベルシダ・デ・チレの下部組織に所属し、その後CDコブレロアに移籍した。

プロデビュー
2006年にそのままCDコブレロアのトップチームに昇格、CDコブレサル戦で初出場した。プリメーラ・ディビシオンでの初得点は同年のCDオヒギンス戦であった。その後、CDコブレサルへのレンタル移籍、CDコブレロアへの復帰を経て、CSDコロコロに移籍し、2009年のプリメーラ・ディビシオンのクラウスーラを制した。

2010年にはアルゼンチンのキルメスACに移籍した。

CFウニベルシダ・デ・チレ
その後2011年1月1日にCSDコロコロのライバルであり、下部組織時代に在籍したCFウニベルシダ・デ・チレに61万6000ユーロで移籍した。CFウニベルシダ・デ・チレではすぐにレギュラーの座を掴むとコパ・スダルメリカーナ2011制覇に貢献した。決勝戦でエクアドルのLDUキトを4-0で下し、チリ勢としては20年ぶりの大陸大会でのタイトルを持ち帰った。

2013年4月17日、2012-13シーズンのコパ・チレの準決勝ではウニオン・エスパニョーラと3-3の引分となりPK戦に縺れ込んだが彼のPKを始めとする決定力で5-4とし、決勝進出にクラブを導いた。決勝戦ではフル出場し、ウニベルシダ・カトリカとの試合はフアン・イグナシオ・ドゥマの決勝点によって勝利を収め、タイトルを獲得した。

SCインテルナシオナル
2014年1月1日にはジャンパオロ・ポッツォがCFウニベルシダ・デ・チレが所有していた彼の権利の半分を買い取り、ウディネーゼ・カルチョに移籍、10日にブラジルのSCインテルナシオナルへのレンタル移籍が決まった。結局、ウディネーゼ・カルチョでプレイする事は全く無かった。

SCインテルナシオナルではカンピオナート・ガウショの2014シーズン最優秀選手を受賞し、クラブも43回目の優勝を達成した。

2014年6月11日には投資家との連携によってSCインテルナシオナルに完全移籍、移籍金は明らかになっていない。そして2018年6月までの新たな契約で合意に達した。

バイエル・レバークーゼン
2015年8月13日にバイエル・レバークーゼンがSCインテルナシオナルから買収、移籍金は不明である。。彼には20番の背番号が与えられた。

代表歴

2007年にはミルクカップに参加した。2008年にはトゥーロン国際大会やミルクカップなどにも参加した。その後2009 南米ユース選手権に参加し、フリーキックから1得点を挙げた。

チリA代表としての初出場は2009年であったが、2010 FIFAワールドカップ、コパ・アメリカ2011の際にはメンバーに選ばれなかった。代表に定着したのは2014 FIFAワールドカップ・南米予選で、7試合に出場しボリビア代表、ベネズエラ代表から得点を奪った。

2014年6月1日には2014 FIFAワールドカップの最終メンバーに選抜された。グループステージ第2戦となったエスタジオ・ド・マラカナンでのスペイン代表戦ではエドゥアルド・バルガスの得点をアシストし、その後彼も得点しスペイン代表を完封、前回王者のグループステージ敗退とチリ代表の決勝ラウンド進出に大きな役割を果たした。

コパ・アメリカ2015ではボリビア代表戦で得点を挙げ5-0の大勝に貢献、決勝ラウンドに進出し、優勝を果たした。

引用元:wikipedia

カルレス・アランギスの記事

記事はまだありません。

バイヤー・レヴァークーゼンの他の選手

ラース・ベンダー

レンナルト・グリル

セム・トゥナ・トルクメン

サンティアゴ・アリアス

パトリック・シック

カリム・ベララビ

ミッチェル・ワイザー

アレクサンダル・ドラゴヴィッチ

ジェレミー・フリンポン

ヨナタン・ター

パウリーニョ

エセキエル・パラシオス

同世代の同じポジションの選手

ステファン・イルサンケル

ヘンリク・ムヒタリアン

ホルヘ・ミラモン

ラモン・フォルチ

青木 拓矢

ギルフィ・シグルズソン

ジェイク・リヴァモア

マクシム・ゴナロン

スヴェン・ベンダー

フィデル

ニコラス・ヴィオラ

ラース・ベンダー

他の選手(ランダム表示)

エディン・ジェコ

ディーン・スミス

オマリ・カイロティ

マテウス サヴィオ

森山 公弥

パウロ・オタヴィオ

フランチェスコ・マニャネッリ

エボア・エボング

サミュエル・フィールド

ダヴィデ・サントン

三國 ケネディエブス

ペドロ

2021年2月1日

-バイヤー・レヴァークーゼン
-