イナキ・ウィリアムズ

所属
背番号 9
ポジション FW
生年月日 1994年06月15日(28歳)
身長 / 体重 186cm / 78kg
国籍 スペイン

イナキ・ウィリアムズの情報

イニャキ・ウィリアムズ・アーサー(Iñaki Williams Arthuer, 1994年6月15日 - )は、スペイン・バスク州ビルバオ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。アスレティック・ビルバオ所属。スペイン代表。両親がアフリカ生まれの黒人であり、所属選手をクラブが規定するバスク人に限定しているアスレティック・ビルバオにおいて、トップチームの公式戦で得点を挙げた初の黒人選手である。

クラブ経歴

イニャキ・ウィリアムズの父親はガーナ人、母親はリベリア人である。母親は1989年に勃発した第一次リベリア内戦の戦禍から逃れるために難民としてガーナに向かい、そこでイニャキの父親と出会う。ふたりはスペインへの移民を決断し、北部のバスク州に落ち着いた。

1994年6月15日、イニャキ・ウィリアムズはスペイン・バスク州ビスカヤ県の県都ビルバオに生まれた。ナバーラ州パンプローナのCDパンプローナでプレーし、16歳だった2012年にアスレティック・ビルバオの下部組織であるレサマに加入した。弟のニコ・ウィリアムズも同時にレサマに加入している。イニャキは加入年の2012年にアスレティック・ビルバオのファームチームであるテルセーラ・ディビシオンのCDバスコニアでシニアデビューしている。

2013年6月25日、ウィリアムズは2017年までの新契約を交わし、リザーブチームであるセグンダ・ディビシオンBのビルバオ・アスレティックに昇格した。8月に負った膝の負傷 から10月に復帰し、このシーズンには14試合に出場して8ゴールを記録した。

アリツ・アドゥリスのケガが理由で、エルネスト・バルベルデ監督によってトップチームに引き上げられる。2014年12月6日、ホームでのコルドバCF戦に先発し、20歳にしてラ・リーガデビューした。その後はラ・リーガで3試合に途中出場している。2015年2月19日にはUEFAヨーロッパリーグラウンドオブ32のトリノFC戦1stレグに先発し、トップチームで初めてネットを揺らして2-2での引き分けに貢献した。ウィリアムズは創設から117年を経たアスレティック・ビルバオで得点を挙げた初の黒人選手である。2011年にはディフェンダーのホナス・ラマーリョが、アスレティック・ビルバオで初めて黒人選手として公式戦に出場している。

アドゥリスの長期離脱が増えた2018年以降はセンターフォワードとして起用される事が増加したものの、決定力不足が否めず、一時はスランプ状態に陥った。しかし、2019年1月13日に行われたセビージャFC戦で約2年ぶりとなるホームでの得点を決めると、徐々に得点数を伸ばしていき自身初となるリーグ2桁得点を記録。黒豹とも評されるスピードとフィジカルを武器に、チームのエースとして躍動した。

2019年8月12日、クラブとの契約を2028年まで延長。契約解除金は1億3500万ユーロに設定された。11月24日に行われたCAオサスナ戦でリーグ戦133試合連続出場を果たし、クラブ記録を樹立した。12月8日のレアル・ベティス戦でスタメンとして初のキャプテンを務めた。

2020-21シーズン、スーペルコパ・デ・エスパーニャ、決勝のFCバルセロナ戦では決勝ゴールを決めて優勝に貢献した。

代表経歴

2015年3月20日には初めて代表招集を受け、アルベルト・セラデスが率いるスペインU-21代表の、ノルウェーU-21、ベラルーシU-21との親善試合のメンバーに名を連ねた。3月26日にカルタヘナで行われたノルウェーU-21戦では、ゴールを挙げたムニル・エル・ハダディとの交代で後半開始から出場した。

UEFA EURO 2016に出場する23人には選ばれなかったが、トレーニングキャンプや親善試合のための11人のひとりに選ばれた。同時期にはガーナ代表からも切望されていた。EURO前の5月29日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合で、マルコ・アセンシオとの交代で投入されてA代表デビューした。ペドロ・ロドリゲスによる3点目は、ウィリアムズのシュートをキーパーのアスミル・ベゴヴィッチが弾いたところにペドロが詰めて生まれた得点だった。

引用元:wikipedia

イナキ・ウィリアムズの記事

記事はまだありません。

アスレティック・ビルバオの他の選手

アレックス・ベレングエル

イニゴ・レクエ

マルセリーノ

ウナイ・ロペス

イアゴ・エレリン

イバイ・ゴメス

ウナイ・ベンセドル

ミケル・ベスガ

オイア・ザラガ

アンデル・カパ

ミケル・バレンシアガ

イニゴ・コルドバ

同世代の同じポジションの選手

アレクサンダル・ミトロビッチ

ユセフ・ポールセン

レアンドロ・トロサール

クリスティアン・デル・オルコ

フェデリコ・ベルナルデスキ

ラヒム・スターリング

ホルヘ・ポンボ

ロドリゴ・デ・パウル

呉屋 大翔

豊川 雄太

ヨエル・ポーヤンパロ

ジェイソン

他の選手(ランダム表示)

ドニー・ファン・デ・ベーク

サムエル・ペレス

クレマン・ラングレ

ヨシップ・イリチッチ

パトリック・エラス

ウェリントン

菅沼 駿哉

アヨゼ・ペレス

小野 裕二

ベンノ・シュミッツ

クルト・ズマ

野上 結貴

2021年1月31日

-アスレティック・ビルバオ
-