茶島 雄介

所属
前所属先 ジェフユナイテッド千葉
背番号 25
ポジション MF
生年月日 1991年07月20日(30歳)
身長 / 体重 166cm / 60kg
出身地 広島

茶島 雄介の情報

茶島 雄介(ちゃじま ゆうすけ、1991年7月20日 - )は、日本のプロサッカー選手。広島県広島市安芸区出身。ポジションはミッドフィールダー。東京学芸大学卒。Jリーグ・サンフレッチェ広島所属。

来歴

プロ入り前
安芸区矢野で育つ。森崎和幸・森崎浩司兄弟は矢野中学および吉田高校の先輩にあたる。

1998年小学1年生からサンフレッチェ広島のサッカースクールでサッカーを始め、2000年小学3年生から広島ジュニアに所属する。同期に森保翔平・岡崎和也がいる。2003年小学6年時、全日本少年サッカー大会に広島県代表として出場している。

2004年、広島ジュニアユースに昇格。同期に森保・岡崎・中山雄登・玉田道歩。2005年高円宮杯(U-15)ベスト4入りなどに貢献した。2006年U-15Jリーグ選抜。

2007年、広島ユースに昇格。同期に大﨑淳矢・森保・中山・玉田。2年生からレギュラーを掴み、3年生ではキャプテンを務め、2009年高円宮杯(U-18)ベスト4、2009年Jユースカップ準優勝などに貢献した。2009年JFAプリンスリーグ中国MVP。ただトップチームへの昇格はならなかった。

2010年、教員免許取得をも目的として東京学芸大学へ進学する。同期に山崎直之、1年先輩に安藝正俊。大学1年からレギュラーとして活躍し、大学2年時に関東リーグ1部昇格に貢献し、4年間東学大の中心選手として活躍した。2012年および2013年全日本大学選抜に選出され、2013年ユニバーシアード日本代表の一員として 3位入賞、特にユニバGL第3戦ウルグアイ戦では決勝点となるFKを決めている。

サンフレッチェ広島
2014年、サンフレッチェ広島とプロ契約。同期入団は、皆川佑介、ビョン・ジュンボン、高橋壮也、大谷尚輝、川辺駿、宮原和也。広島の育成組織出身者で大学経由でのトップチーム入団としては初ケースとなる。また皆川とは共に2013年ユニバ日本代表。2015年3月22日の浦和レッドダイヤモンズ戦で初先発し、豊富な運動量で存在感を発揮。FIFAクラブワールドカップ2015の準々決勝では負傷の野津田、柴崎に変わって先発し、正確なキックでアシストを記録。2016年、4月2日の第5節のベガルタ仙台戦でJリーグ初得点。

ジェフユナイテッド千葉
2017年12月28日、ジェフユナイテッド市原・千葉への期限付き移籍が発表された。

シーズン序盤は右サイドバックでの起用が多かったが終盤になるにつれて攻撃的ミッドフィルダー、トップ下での起用が多くなる。

サンフレッチェ広島復帰
2020年よりサンフレッチェ広島に復帰。

引用元:wikipedia

茶島 雄介の記事

記事はまだありません。

サンフレッチェ広島の他の選手

エゼキエウ

野上 結貴

越道 草太

長沼 洋一

川浪 吾郎

東 俊希

川辺 駿

永井 龍

青山 敏弘

清水 航平

鮎川 峻

藤井 智也

同世代の同じポジションの選手

ディエゴ・デメ

マティアス・ベシノ

アダム・フォーショー

ロマン・ソーヤーズ

ジャック・ロッドウェル

レシオ

サルビ・サンチェス

ネマニャ・グデリ

ジョルジーニョ

セルヒオ・カナレス

アラン

茨田 陽生

他の選手(ランダム表示)

ウィリアム

ヤクブ・ヤンクト

ペペ・ブランコ

パスカル・グロス

ドウグラス

コバ・コインドレディ

ミケル・ベスガ

ポール・ドュメット

オマル・ハニン

サミル・ハンダノヴィッチ

奈良 竜樹

喜田 拓也

2021年2月3日

-サンフレッチェ広島
-