波多野 豪

所属
前所属先 FC東京U-18
背番号 13
ポジション GK
生年月日 1998年05月25日(23歳)
身長 / 体重 198cm / 98kg
出身地 東京

波多野 豪の情報

波多野 豪(はたの ごう、1998年5月25日 - )は、東京都武蔵村山市出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。

来歴

プロ入り前
土肥洋一に憧れてGKを志したが 小学生時の所属チームではFWに配されていた。6歳の時に2歳の頃から好きだったというFC東京のスクールに参加しGKでプレー。FC東京U-15むさしのセレクションでもGKを選択し、中学進学以降はGKに専念。

同学年でFC東京U-15深川に所属していた廣末陸や山口瑠伊以上の高評価を得て FC東京U-18に進み、2016年にはトップチームに2種登録され、J3リーグにも出場。同年7月の日本クラブユース選手権では、出場した5試合を無失点に抑えて優勝に貢献した。同年11月のJユースカップ準決勝京都サンガU-18戦では、京都のDF麻田将吾と交錯した際、倒されたと勘違いして拳で殴ってしまうという本来ならレッドカードで一発退場かつ数試合の出場停止相当の行為を行い、試合後に京都U-18監督の森岡隆三から激しく説教をされるという軽率さもあった。その後波多野は森岡を見かけるたびに挨拶に行き、謝罪をしてるという。

FC東京

2017年、FC東京トップチームへ昇格。3月12日、J3開幕戦のカターレ富山戦でプロとして初めて公式戦に出場した。4月25日、ルヴァンカップ第3節のジュビロ磐田戦ではトップチーム初のベンチ入りをしたが、大久保択生が退場してしまったため、急遽初出場をした。

2020年8月10日、第9節のセレッソ大阪戦でJ1デビューを果たした。その後は、当時レギュラーであった林彰洋とポジションを争う中、林が4失点を屈した横浜FM戦以降からレギュラーに定着。その後の林の負傷もあって、ACLでもゴールを守るなどと飛躍のシーズンとなった。

引用元:wikipedia

波多野 豪の記事

記事はまだありません。

FC東京の他の選手

アルトゥール シルバ

安部 柊斗

永井 謙佑

アダイウトン

紺野 和也

内田 宅哉

田川 亨介

レアンドロ

野澤 大志ブランドン

三田 啓貴

高萩 洋次郎

森重 真人

同世代の同じポジションの選手

クリスティアン・リベロ

マルティネス・リエラ

セバスチャン・ブレザ

アーロン・ラムスデール

アルフィー・ホワイトマン

アルバロ・フェルナンデス

マルクス・シューベルト

ネイサン・トロット

市川 暉記

オマル・ハニン

ダニ・マルティン

井岡 海都

他の選手(ランダム表示)

ダミアン・ムスト

ウロシュ・ラシッチ

パヴェル・カデラベク

重廣 卓也

オスカー・シェーンフェルダー

アルフォンソ・パストール

モイ・ゴメス

高山 薫

トーマス・ヒートン

ダレー・シンクグラベン

デクラン・ライス

中村 拓海

2021年2月3日

-FC東京
-