永井 龍

所属
前所属先 松本山雅FC
背番号 20
ポジション FW
生年月日 1991年05月23日(30歳)
身長 / 体重 180cm / 72kg
出身地 兵庫

永井 龍の情報

永井 龍(ながい りょう、1991年5月23日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サンフレッチェ広島所属。ポジションはフォワード。兄は元フットサル選手の永井義文。

略歴

ユース経歴
中学生時代からセレッソ大阪のアカデミーでプレーし、2007年繰り上がりでC大阪U-18に入団。2008年のJユースカップでは決勝まで進むも、ガンバ大阪ユースに敗退し準優勝となっている。2009年日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会で優勝した。ユース時代から年代別の日本代表に選出されていた。

プロ経歴
2010年にC大阪のトップチームに昇格。シーズン後半戦から徐々に出場機会を増やした。

2011年6月24日、C大阪との契約をプロC契約からプロA契約に変更した。

2012年9月12日、Aリーグ・パース・グローリーFCに期限付き移籍が発表された。当初は2012年10月1日から2013年1月31日までの契約だったが、契約を何度か延長し、最終的に2014年1月31日までの1年半プレーをした。2014年1月11日にC大阪への復帰が発表された。

2015年3月に大分トリニータへ期限付き移籍。2試合連続得点を記録するなど一時活躍を見せたが、J2第14節・水戸戦での負傷離脱後は出場機会無く、同年7月に期限付き移籍期間満了の為C大阪に復帰した。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦F.C.大阪戦で腎損傷で入院。一時は生死をさまよう状態であったことも後に明かした。

2016年、V・ファーレン長崎に完全移籍。J2開幕戦となったツエーゲン金沢戦で、移籍後初ゴールを決めた。2016年3月22日には一般女性との入籍を発表。5月3日の第11節ギラヴァンツ北九州戦でのゴールは5月の月間最優秀ゴールとなるなど、最終的に自己最多の17得点をマークした。

2017年、J2に降格した名古屋グランパスに完全移籍で加入。

2018年、松本山雅FCに完全移籍で加入。

2020年、サンフレッチェ広島に完全移籍で加入。

引用元:wikipedia

永井 龍の記事

記事はまだありません。

サンフレッチェ広島の他の選手

清水 航平

林 卓人

荒木 隼人

川浪 吾郎

森島 司

柏 好文

池田 柚生

井林 章

城福 浩

青山 敏弘

浅野 雄也

ドウグラス ヴィエイラ

同世代の同じポジションの選手

フェデリコ・サンタンダー

松田 力

クリスティアン・テージョ

指宿 洋史

ジュニア・ウォルター・メシアス

ダニエレ・ラガツ

ロベルト・イングレーゼ

ニコラ・サンソーネ

皆川 佑介

エヴェラウド

ルーカス・バスケス

エルナーニ

他の選手(ランダム表示)

カーラン・グラント

マッテオ・ロヴァート

シリキ・サノゴ

ブナ・サル

レナート・シュテフェン

ロベルト・ピコリ

ポール・ネベル

エマニュエル・デニス

クラウディオ・スピネッリ

ヴェッツォーニ・フランコ

ジュゼッペ・キオッキ

ラファ・ミル

2021年2月3日

-サンフレッチェ広島
-