昌子 源

所属
前所属先 トゥールーズFC/フランス
背番号 3
ポジション DF
生年月日 1992年12月11日(29歳)
身長 / 体重 182cm / 76kg
出身地 兵庫

昌子 源の情報

昌子 源(しょうじ げん、1992年12月11日 - )は、兵庫県神戸市北区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。日本代表。ポジションはディフェンダー。

来歴

プロ入り前
小学生時代にフレスカ神戸でサッカーを本格的に始める。入団当初のポジションはフォワードであった。 中学生になると、ガンバ大阪ジュニアユースに入団してプレーを続ける。当時のチームメイトに宇佐美貴史や大森晃太郎がおり、中学1年時は共に同じピッチに立ってプレーをしていた。中学2年に入る頃に膝を負傷し、満足にプレーできない日々が続いた。 中学3年の途中でG大阪のジュニアユースを退団し、しばらくサッカーをしない空白期間があった。当時JFAのB級ライセンス受講者を対象としたインストラクターを務めていた父にインストラクターのアシスタントとして講習会に参加していた米子北高校サッカー部のコーチの中村真吾は進路が決まっていなかった昌子の練習参加を提案。当初昌子自身は高校でサッカーを続ける意思は無かったが、練習参加がきっかけとなり、米子北高校へ進学し、新たなスタートを切った。

しかし、大型フォワードとして期待されて入学したものの、満足に試合に出られない日々が続いていた。1年の夏に当時JFLのガイナーレ鳥取との練習試合で味方DFが負傷した際に、たまたま監督の真横に座っていたFWの昌子に声がかかった。そしてコートジボワールの世代別代表経験を持つ5歳上のFWコン・ハメドを相手に堂々とプレーしたため、監督の城市よりセンターバックへのコンバートを命じられ、サッカー選手としての大きな岐路に立つこととなった。昌子は当時の心境について「最初は本当に嫌だった。FWをやらせてくれよとずっと思っていた。

でも、監督やコーチからは『絶対にFWはやらせない』と言われて、高校2年にあがる時には、CBを真剣にやらないと試合に出られなくなると思って、取り組むようになった」と述べている。 気持ちを切り替えた昌子は次第にレギュラーとして定着し、経験を積む毎にCBとしての才能を開花させていった。2010年4月、高校3年に上がる頃にはU-19日本代表候補として招集されるまでに成長し、神戸合宿に参加、ヴィッセル神戸との練習試合に出場する。しかし、この試合で目立った活躍を見せられなかった昌子は代表候補から落選することとなる。

鹿島アントラーズ
挫折を経験して自身の武器であったフィジカルとキックにさらに磨きをかけるようになり、2011年、柴崎岳、梅鉢貴秀、土居聖真らとともに鹿島アントラーズへ入団した。2014年のリーグ戦では自身初の全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞を獲得した。

2016年、12月3日のチャンピオンシップ決勝・浦和レッズ戦ではセンターバックとして守備陣を支えて優勝に貢献した。開催国代表として挑んだFIFAクラブワールドカップではディフェンスの中心としてプレーし、世界2位に貢献した守備力が評価された。

2017年4月30日のサガン鳥栖戦で茨城県立カシマサッカースタジアムの公式戦通算800点の得点を決めた。

2018年、6月に行われたロシアW杯ではJリーグ組唯一のレギュラーとして活躍し、夏には巨額オファーを受けるも鹿島でACLを優勝する事を目標にオファーを断った。しかし、7月に左足首を負傷し約3カ月の離脱を余儀なくされた。10月にチームに復帰後は、レギュラーとして試合に出場し、11月には鹿島通算20冠目であり、初のタイトルであるAFCチャンピオンズリーグをキャプテンとして優勝。試合後に、監督の大岩剛から「お前を主将にして良かった」という言葉をかけられている。

トゥールーズFC
2018年12月29日、リーグ・アン所属のトゥールーズFCへ完全移籍すると発表された。移籍金は300万ユーロで、獲得には横浜F・マリノス元監督のエリク・モンバエルツの推薦があったと報じられている。2019年1月19日、第21節のニーム・オリンピック戦でスタメンでデビューを果たした。加入からシーズン終了までレギュラーCBとして出場し、チームの残留に貢献した。

しかし、翌シーズンはプレシーズンマッチでハムストリングを負傷、復帰初戦でも右足首負傷で途中交代するなど怪我に悩まされた。さらに昨シーズンから昌子を起用し続けていたアラン・カサノヴァ監督が解任されるなどの影響で、試合には出られない状態が続いた。後にトゥールーズからの移籍を決断した理由の一つに、足首の負傷の件で現地のメディカルスタッフとコミュニケーションの齟齬があった事を挙げている。

ガンバ大阪
2020年2月4日、ガンバ大阪に完全移籍で加入することが発表された。デイリースポーツによれば移籍金は200万ユーロでガンバ大阪とは5年契約を結んだとされている。加入後は負傷により離脱していたが、8月5日のルヴァンカップGL第2節の大分トリニータ戦でスタメン出場し、移籍後初出場を果たした。8月8日のJ1第9節の横浜FC戦で移籍後リーグ戦初出場を果たすと、リーグ戦18試合に出場し、チームの主力選手として守備を牽引した。

日本代表

2014年10月1日、日本代表に初選出されたが、発表直後の10月5日のJ1第27節・G大阪戦後に負傷による辞退が発表された。その後、2014年内最後の強化試合メンバー発表となった11月5日に代表復帰。2015年3月31日、JALチャレンジカップのウズベキスタン代表戦で代表デビュー。

2016年3月17日、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選の代表発表で復帰。2017年12月12日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017の中国代表戦で代表初得点を決めた。

2018年6月12日の国際親善試合パラグアイ代表戦で槙野智章に代わりスタメンに起用され、勝利に貢献すると、そのまま2018 FIFAワールドカップ初戦のコロンビア代表戦でW杯初出場を果たし、アジア勢としてワールドカップ史上初の南米勢に対する勝利に貢献した。レギュラー組唯一のJリーガーとして海外クラブも注目する活躍を見せ、GL突破に貢献するも決勝トーナメント1回戦で敗れた。

プレースタイル

フィジカルが強く、足もとの技術もしっかりとしたセンターバック で、スピードを生かしたカバーリング、ポジショニングに長けたタイプであったが、試合経験を重ねるごとに一対一の強さ、激しさ、泥臭さといった対人守備が大きく向上し、2015年10月31日のナビスコカップ決勝では相手チームのガンバ大阪FWのパトリックを空中戦でも地上戦でも封じ込めた。

ヘディングも強く、高校時代に当時京都サンガF.C.の秋田豊から、鹿島の練習参加時には岩政大樹から、直接指導を受けた。ロングキックの質も高く、安定したフィード、跳躍力を生かした空中戦の強さ、守備範囲の広さも特長である。

人物

父は姫路獨協大学サッカー部総監督で兵庫県サッカー協会技術委員長の昌子力 。

実姉は女優やアートディレクターとして活動する昌子楓。

好きな言葉は、「いいときはみんなのおかげ」

2016年10月に一般女性と入籍。

2019年9月2日、バンディオンセ加古川(現Cento Cuore HARIMA)のスーパーバイザーに就任すると発表された が、ガンバ大阪への移籍を機に退任。

引用元:wikipedia

昌子 源の記事

記事はまだありません。

ガンバ大阪の他の選手

レアンドロ ペレイラ

キム ヨングォン

高尾 瑠

福田 湧矢

奥野 耕平

パトリック

塚元 大

チュ セジョン

黒川 圭介

一森 純

林 瑞輝

東口 順昭

同世代の同じポジションの選手

ステファン・デ・フライ

ロベルト・コレラ

パヴェル・カデラベク

ダヴィデ・ザパコスタ

アルマンド・イッゾ

パウロ・オリヴェイラ

アダマ・スマオロ

アシュラフ・ラザール

チェマ・ロドリゲス

ロビン・クノシェ

ジェイソン・ムリージョ

北爪 健吾

他の選手(ランダム表示)

フィリッペ・サンドラー

シモン・ケアー

城後 寿

三丸 拡

チェ・アダムス

ニコラス・シアッパカッセ

田邉 秀斗

アルティン・クリェジウ

ベン・ネルソン

ヤン・ベドナレク

ケイタ・バルデ

デニース・ボルコフスキー

2021年2月3日

-ガンバ大阪
-