城後 寿

所属
前所属先 国見高
背番号 10
ポジション FW
生年月日 1986年04月16日(35歳)
身長 / 体重 183cm / 77kg
出身地 福岡

城後 寿の情報

城後 寿(じょうご ひさし、1986年4月16日 - )は福岡県久留米市出身のプロサッカー選手。アビスパ福岡所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。

来歴

久留米市立南小学校出身。地元少年サッカークラブ『南FCトータスJr』でサッカーを始める。久留米市立牟田山中学校時代は同校の陸上部に所属。陸上部での練習を終えた後、当時所属するサッカークラブの練習に参加していた。中学生の陸上競技(やり投げ)でジュニアオリンピック4位の記録を持つ。

国見高校時代
国見高校時代の同期に渡邉千真と藤田優人が、1学年上に平山相太、中村北斗、兵藤慎剛、関憲太郎がいる。2年時には2003年度の全国高校サッカー選手権を制覇。3年時には主力として出場しベスト4。2回戦の鹿島学園戦ではハットトリックを達成している。また、インターハイでは2連覇(2003、2004年度)を経験した。

アビスパ福岡時代
国見高校卒業後の2005年にアビスパ福岡に加入。プロ入り2年目の2006年から徐々に出場機会を得るようになった。

2009年の天皇杯2回戦・愛媛FC戦で左膝前十字靱帯損傷の大怪我を負い、長期間の欠場を余儀なくされるも、翌年の復帰後からは大久保哲哉と2トップを組み、再び主力として活躍。9月12日に行われたジェフユナイテッド千葉との直接対決では後半43分に勝ち越しゴールを決め、クラブを昇格圏内の3位に浮上させた。

J1に昇格した2011年は、第10節の横浜F・マリノス戦で2得点を挙げて以降、一時的に調子を崩したが、第20節の川崎フロンターレ戦で2得点を挙げて逆転勝利に貢献してからは調子を上げていく。最終的にチームは降格するも、岡本英也(8得点)に次ぐチーム2位の7得点を挙げた。

2015年はキャプテンに就任した。

2019年2月24日、シーズン開幕戦のFC琉球戦で通算400試合出場を達成。

エピソード

2013年6月1日のJ2第17節ロアッソ熊本戦で、GK水谷雄一が負傷するアクシデントが発生。その時点で交代枠を使い切っていた為、城後が水谷のGKユニフォームを着用し、ゴールキーパーとしてプレーを行った。

シシーニョが日本でのプレーを熱望した理由の一つに城後の名前を挙げており、FC岐阜との対戦では交流する様子も見られた。

2016年4月16日の名古屋グランパス戦では、同日が本人の誕生日という事にちなみ、『キング城後デー』と銘打っての試合開催予定であったが、熊本地震の影響により延期となった。その後6月2日に振り替えられた代替試合においてイベントを実施した。

引用元:wikipedia

城後 寿の記事

記事はまだありません。

アビスパ福岡の他の選手

森山 公弥

宮 大樹

輪湖 直樹

石津 大介

湯澤 聖人

エミル サロモンソン

フアンマ デルガド

永石 拓海

吉岡 雅和

杉本 太郎

村上 昌謙

山岸 祐也

同世代の同じポジションの選手

興梠 慎三

渡邉 千真

佐藤 晃大

カルロス・バッカ

ファビアン・オレジャナ

エンリク・ガジェゴ

マリオ・マンジュキッチ

岡崎慎司

エディン・ジェコ

オリヴィエ・ジルー

ビリー・シャープ

ノリート

他の選手(ランダム表示)

ジャン・ティールマン

クリストフ・クラマー

ルカ・ミリボイェビッチ

ラウル・ストー

オカイ・ヨクスル

高嶺 朋樹

フランコ・バスケス

フェリックス・ゲッツェ

セルヒオ・アルバレス

林 卓人

中塩 大貴

カルロス・クレルク

2021年2月3日

-アビスパ福岡
-