刀根 亮輔

所属
前所属先 ギラヴァンツ北九州
背番号 41
ポジション DF
生年月日 1991年10月29日(30歳)
身長 / 体重 182cm / 73kg
出身地 福岡

刀根 亮輔の情報

刀根 亮輔(とね りょうすけ、1991年10月29日 - )は、福岡県北九州市出身のプロサッカー選手。大分トリニータ所属。登録ポジションはディフェンダー。マネジメント会社はジャパン・スポーツ・プロモーション(JSP)。

来歴

福岡県北九州市で生まれ育ち、高校進学時に小学生年代から同じチームでプレーした、1学年上の東慶悟が在籍する大分トリニータU-18に入団。大分U-18ではディフェンダーの他、ボランチとしてもプレーを経験した。高校3年次にはキャプテンを務めた。2010年、トップチームへ昇格。過去に西川周作、梅崎司、東慶悟等が着用した背番号21を与えられた。ルーキーながら開幕戦の柏レイソル戦でベンチ入り、途中出場でプロデビューを果たすとその後はレギュラーに定着し、第6節のファジアーノ岡山戦ではCKからのヘディングでプロ初ゴールも記録した。翌節・ザスパ草津戦でも2試合連続のゴールを記録するなどシーズン前半戦は攻守に渡って貢献。第21節・カターレ富山戦で靭帯を損傷し負傷離脱 して以降は1試合の途中出場に留まった。2011年は新加入の阪田章裕と共に副キャプテンを務めた。

2012年、自身のプレーの幅を広げるため東京ヴェルディへ完全移籍。2年目の2013年には29試合にスタメン出場しブレークを果たした。

2014年、ディフェンダーが多く退団し、同年監督に就任した西野朗のリクエストもあり、本職のディフェンダーを求めていた名古屋グランパスにセンターバック、右サイドバックもこなせる点を買われ完全移籍。J1リーグで初のプレー機会を得たが、怪我もあり 出場機会に恵まれず公式戦4試合の出場に終わった。翌2015年はV・ファーレン長崎へ期限付き移籍。

2016年、中学時代までを過ごした北九州市をホームタウンとするギラヴァンツ北九州へ完全移籍。2017年には北九州のJ3リーグ降格により、J3でのプレーも経験するなど2年間で45試合に出場。

2018年、大分へ完全移籍。2011年以来7年振りの復帰となった。第4節・東京V戦にて大分復帰後初出場初先発を果たし、無失点に貢献した。同試合含め、以後9試合連続でリーグ戦に先発出場。一時3試合連続で先発から外れたが、第16節・甲府戦で先発復帰して以降は同試合含め7試合連続で先発し、大分の前半戦首位折り返しに貢献したが、7月12日のトレーニング中に負傷。全治8ヶ月の右膝前十字靭帯損傷と診断され、離脱することとなった。

引用元:wikipedia

刀根 亮輔の記事

記事はまだありません。

大分トリニータの他の選手

松本 怜

坂 圭祐

伊佐 耕平

羽田 健人

福森 健太

高畑 奎汰

小林 裕紀

上夷 克典

井上 健太

町田 也真人

小出 悠太

下田 北斗

同世代の同じポジションの選手

ジェフリー・ブルマ

アイサ・マンディ

ダニーロ

アレクサンダル・ドラゴヴィッチ

ファビアン・シェア

リアム・クーパー

イェンス・ストリガー・ラーセン

カイル・バートリー

ホルヘ・プリード

イニゴ・マルティネス

大崎 玲央

アレックス・サンドロ

他の選手(ランダム表示)

ダミアーノ・フランコ

エデン・アザール

ロベルト・インシーニェ

ナビル・フェキル

ベンジャミン・レナイス

ペドロ・ロペス

マルテン・デ・ローン

ディオゴ・ジョッタ

クラウディオ・スピネッリ

ジャマール・ラスセルズ

セルヒオ・カメージョ

フレッジ

2021年2月3日

-大分トリニータ
-