ダビド・シルバ

所属
背番号 21
ポジション MF
生年月日 1986年01月08日(35歳)
身長 / 体重 173cm / 67kg
国籍 スペイン

ダビド・シルバの情報

ダビド・ホスエ・ヒメネス・シルバ(David Josué Jiménez Silva, 1986年1月8日 - )は、スペイン・カナリア諸島出身のサッカー選手。レアル・ソシエダ所属。元スペイン代表。ポジションはミッドフィールダー。

クラブ経歴

生い立ち
父はテルセーラ・ディビシオン(4部)でのプレー経験があるサッカー選手で、ダビドがバレンシアCFに在籍していたときには同クラブの警備責任者をしていたが、ダビドのマンチェスター・シティFC移籍と同時期に退職した。父親はカナリア諸島出身、母は日系人である。

バレンシアFC
レンタル先での活躍
15歳のときに地元カナリア諸島のクラブからバレンシアCFの下部組織に加入した。2004年夏にセグンダ・ディビシオン(2部)のSDエイバルにレンタル移籍してプロデビューを果たし、2004-05シーズンは35試合に出場して5得点を決めて注目を集めた。2005-06シーズンはプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのセルタ・デ・ビーゴにレンタル移籍する。シーズン開幕から2試合は途中出場だったが、2005年8月28日のマラガCF戦(ホーム)以降はレギュラーとしてプレーするようになり、34試合に出場して4得点を挙げた。

この頃、バレンシア・U-17代表の同僚シシーニョ・ゴンサレス・マルティネスとワイン作りを始めた。

バレンシアCF復帰後
プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFCが彼のプレーに着目してオファーを出したが、その報道が出ると、すぐにバレンシアと長期のプロ契約を結んだ。2006年夏にバレンシアに復帰し、レアル・サラゴサへ移籍したパブロ・アイマールが着けていた背番号21番を引き継ぐように直接指名された。FCバルセロナ戦ではゴールを挙げた。2007年、UEFAチャンピオンズリーグではベスト16のインテル・ミラノ戦と準々決勝のチェルシーFC戦においてミドルシュートを決めた。2006-07シーズンと2007-08シーズンを合わせてリーグ戦の6試合しか欠場せず、2006年11月5日のRCDエスパニョール戦でバレンシアCF復帰後初ゴールを決めて以降、2シーズン合わせて14得点を記録した。

UEFA EURO 2008後は、クラブの財政難からFWダビド・ビジャ、MFホアキン・サンチェスらと共に移籍の噂が絶えなかった。FCバルセロナがACミランへ移籍したロナウジーニョの後釜として、マンチェスター・ユナイテッドFCが獲得を試み、リヴァプールFCもシルバ獲得を試みていた。こうした各クラブの獲得の動きがあったものの、2007-08シーズン終了後に就任したビセンテ・ソリアーノ (Vicente Soriano) 会長は、断固として彼を売却しない意思を表明してこれらのオファーを拒否し、2008年8月には契約を5年間延長した。

2008-09シーズンの開幕から3ヶ月間は慢性的な足首の怪我により招集メンバーから外れ、2008年12月中旬に復帰したが、シーズンを通して19試合出場4得点に終わった。2009年1月3日、ホームでのアトレティコ・マドリード戦では2ゴールを挙げた。2009-10シーズンは自己最多のシーズン8ゴールを記録し、チームもUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の3位でシーズンを終えた。2010年4月15日のアスレティック・ビルバオ戦(ホーム)では2得点を決め、UEFAヨーロッパリーグラウンド16のヴェルダー・ブレーメン戦2ndレグでは1試合に3アシストを決め、試合は4-4の引き分けという結果となった。

マンチェスター・シティ
2010年6月30日に、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFCへの移籍が内定し、2010年7月14日に4年契約を交わした。移籍金は推定で2500万ポンドで、背番号は21番に決定した。8月14日のトッテナム戦でプレミアリーグデビューし、9月16日のUEFAヨーロッパリーグ・レッドブル・ザルツブルク戦(アウェー)で8分に移籍後初得点を決めた。またリーグ戦では6得点17アシストの活躍を見せ、チームのプレミアリーグ初制覇に大きく寄与した。2013-14シーズン、リーグ戦では7ゴール12アシストを決め、2度目のリーグ制覇に大きく寄与した。

2014-15シーズン、12月20日、プレミアリーグ第17節のクリスタル・パレス戦でマンチェスター・シティでの公式戦通算200試合目の出場を飾った。2015年9月プレミアリーグ8月の最優秀選手に選ばれた。

2018年9月15日のフラム戦で350試合出場を達成更にプレミアリーグ通算50ゴールを決めた。FAカップ決勝のワトフォード戦では決勝ゴールを決め、リーグ、リーグカップ、FAカップの3冠達成に貢献した。

2019-20シーズンから、退団したコンパニの跡を継ぎ、新キャプテンになることが発表された。7月8日のニューカッスル・ユナイテッド戦では2つのアシストを決め、リーグ戦でのアシスト数を二桁の大台に乗せ、プレミアリーグの通算合計アシスト数を121とし、これで加入後は全てのシーズンで(リーグ戦、カップ戦の合計)二桁以上のアシストを記録したこととなった。在籍中公式戦436試合に出場76ゴールを挙げただけでなく多くのアシストも決めるなど、クラブの躍進に重要な役割を果たし続けた功績から、スタジアム前に銅像が建設されることをチームが明かした。

レアル・ソシエダ
2020年8月17日、SSラツィオなどからの関心が報じられる中、レアル・ソシエダに加入した。9月21日、ラ・リーガのレアル・マドリード戦にて後半から途中出場して移籍後初出場を果たすと、10月25日のSDウエスカ戦では2アシストを記録し、4-1での勝利に貢献した。1週間後のセルタ・デ・ビーゴ戦では初ゴールも挙げた。セルタ戦以降も高いパフォーマンスレベルを発揮し、11月にはWhoscored選出の11月ラ・リーガベストイレブン、さらには同月のレアル・ソシエダ最優秀選手に選ばれた。

年が明けた2月21日、アラベスとのリーグ戦にてウエスカ戦以来となる2アシストを記録し、この2020-21シーズンで唯一複数試合で複数アシストを記録した選手となった。4月3日、この日のアスレティック・ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝に先発出場したシルバは後半の63分にベンチに下がるまでプレーし、1987年以来となるクラブのメジャータイトル獲得に貢献した。シルバにとってはキャリア19個目のタイトルとなり、コパ・デル・レイは2回目の獲得となった。

代表経歴

スペインの世代別代表に初めて選ばれたのは、U-15代表である。2002年にはUEFA U-17欧州選手権で4位に入り、2003年にフィンランドで行われたFIFA U-17ワールドカップでは3ゴールを決めた。2005年のFIFAワールドユース選手権ではチーム2位の4ゴールを決めて得点ランキング4位に入り、チームは優勝したアルゼンチンに準々決勝で敗れてベスト8で大会を終えた。

2006年11月15日、ホームでのルーマニアとの親善試合でスペインA代表デビューし、その後も継続して招集を受けた。2007年8月22日、ギリシャとの親善試合で、初得点を含む2得点を記録した。UEFA EURO 2008予選において シャビ、セスク・ファブレガス、アンドレス・イニエスタと組む中盤は「クアトロ・フゴーネス」(Cuatro Jugones、4人の創造者たち)と呼ばれた。本大会のメンバーにも順当に選ばれ、準決勝のロシア戦では、ショートコーナーから試合を決定付ける3点目を決めた。決勝のドイツ戦では、ポドルスキを小突いたとしてドイツ代表選手たちがシルバににじり寄って口論となる出来事があり、試合の緊張状態を緩和するためにカソルラと交代させられたが、チームは1-0で勝利して44年ぶり2度目の欧州制覇を果たした。

2010 FIFAワールドカップ欧州予選にもレギュラーとして出場し、予選記録となる10連勝で本大会進出を決めた。バレンシアCFの同僚3人とともに本大会出場メンバーに選ばれたが、南アフリカで開催された本大会では自身のコンディションが万全でなかったため、グループリーグ初戦のスイス戦(0-1で敗北)には先発出場したが、先発出場はこの1試合だけ、また準決勝のドイツ戦に途中交代で出場したのみに終わった。大会後初の親善試合となった2010年8月11日のメキシコ戦ではロスタイムに同点弾を決め、9月3日に行われたUEFA EURO 2012予選のリヒテンシュタイン戦では62分に得点した。

UEFA EURO 2012では、グループリーグ第2戦のアイルランド戦では1ゴール3アシストの活躍を見せ、決勝のイタリア戦でも1ゴールを決めるなど、優勝に貢献した。

2014 FIFAワールドカップでは大会連覇を目指し、グループリーグの3試合に出場したが、決勝トーナメントにも進出出来なかった。

UEFA EURO 2016のグループリーグ・チェコ戦に出場し、代表通算100試合出場を達成した。

2018年8月13日、2018 FIFAワールドカップでは全4試合に先発出場したが、ラウンド16でPK戦の末、ロシアに敗れた。大会終了後、代表引退を表明した。

プレースタイル・評価

寡黙な選手であり、ボールを奪われることは非常に少なく、ポジショニングにも優れている。好不調の波もあまりなく、常に安定感あるプレイをする。

アンドレス・イニエスタは、対戦した中で最も衝撃的だった選手としてダビド・シルバの名前を挙げ、「とにかく上手い」と評している。

ティエリ・アンリはシルバを「このリーグ(プレミアリーグ)で我々が見てきた中で最も創造性のあるMF」と述べ、「どのチーム相手にも同じようにプレイし、ボールを要求している」とコメントした。

引用元:wikipedia

ダビド・シルバの記事

記事はまだありません。

レアル・ソシエダの他の選手

アシエル・イジャラメンディ

アレックス・レミロ

モディボ・サグナン

ミゲル・アンヘル・モジャ

マルティン・マルケランス

ウルコ・ゴンザレス

ホセバ・ザルドゥア

アレクサンデル・イサク

ポルトゥ

ジュレン・ロベット

ガイスカ・アイェサ

ウナイ・マレロ

同世代の同じポジションの選手

ペルパリム・ヘテマイ

パパクリ・ディオプ

マヌ・ガルシア

アウグスト・フェルナンデス

富田 晋伍

ミゲル・ヴェローゾ

ルカ・チガリーニ

家長 昭博

ジョアン・モウチーニョ

セナド・ルリッチ

ラッセ・シェーネ

高萩 洋次郎

他の選手(ランダム表示)

ステファノス・カピーノ

シュテファン・オルテガ

セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ

田中 順也

ジョアン シミッチ

テデン・メンジ

エンダ・スティーヴンス

フリオ・ビジャルバ

杉森 考起

ヴィルギル・ファン・ダイク

ハキム・ジエク

ボトンド・バログ

2021年1月31日

-レアル・ソシエダ
-