スティーヴ・ブルース

所属
背番号
ポジション 監督
生年月日 1960年12月31日(63歳)
身長 / 体重
国籍 イングランド

スティーヴ・ブルースの情報

スティーブン・ロジャー・"スティーヴ"・ブルース(Stephen Roger "Steve" Bruce, 1960年12月31日 - )は イングランド出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはDF。現在はプレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドFCの監督を務めている。

息子のアレックス・ブルースもプロサッカー選手。

経歴

父はイングランド人で母は北アイルランド人。少年時代はニューカッスル・ユナイテッドのファンであった。

選手時代

ジリンガムでキャリアをスタートさせ、200を超える試合に出場する。1979年にはイングランド代表のユースチームにも選ばれる。その後、ノリッジ・シティで3年間過ごし、フットボールリーグカップを獲得する。そしてマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、1992-93, 1993-94, 1995-96シーズンでFAプレミアリーグを制した他、いくつものタイトルを獲得する。晩年には1996年にバーミンガム・シティの一員となり、1998年7月からシェフィールド・ユナイテッドでプレイングマネージャーとして1年間プレーした後現役を引退。その後は監督としての道を歩んでいる。

指導者時代

1998年7月にシェフィールド・ユナイテッドFCの選手兼監督に就任すると、1998-99シーズン終了まで指揮を執った。その後、正式に現役引退し、1999年5月にハダースフィールド・タウンFCの監督に就任したが、2000-01シーズン途中にクラブの経営難により解任された。2001年4月、ウィガン・アスレティックFC監督に途中就任し、シーズン終了までクラブを率いた。6月にクリスタル・パレスFC監督に就任したが、18試合を指揮しただけで11月に監督の座を退いた。

2001年、EFLチャンピオンシップ(2部)のバーミンガム監督に就任すると、2002年にプレミアリーグ昇格を達成し、攻撃意欲旺盛なチームを作り上げた。2006年に降格したが、1シーズンで再昇格を果たした。2007-08シーズン途中にウィガン・アスレティックFC監督に就任すると、最下位争いをしていたチームを14位に引き上げた。2008-09シーズンはFWアムル・ザキの活躍で一時は7欧州カップ戦出場を狙える位置に付けたが、MFウィルソン・パラシオスとFWエミール・ヘスキーを冬の移籍期間に引き抜かれ、11位でシーズンを終えた。ウィガンでの在職中には、幼少時代からの最愛のクラブであるニューカッスル・ユナイテッドFCから監督就任のオファーを受けたが、シーズン途中であるということで断った。

2009年5月27日、シーズン終了後に辞任したリッキー・スブラジアの後任を探していたサンダーランドと3年契約を結び、6月3日に監督に就任した。2011年11月26日、降格圏にいたウィガンにホームで1-2で敗れ、16位と低迷し、4日後に解任された。

2012年6月8日、3年契約でチャンピオンシップのハル・シティの監督に就任し、初年度の2012-13シーズンはホームでの最終節でカーディフ・シティと2-2で引き分け、2位でシーズンを終え、チームをプレミアリーグ昇格に導いた。2016年7月22日に退任した。

2016年10月12日、チャンピオンシップのアストン・ヴィラの監督に就任した。2017-18シーズンはチームを昇格プレーオフ出場に導き、準決勝でミドルズブラを破ったが、決勝でフラムに0-1で敗れプレミアリーグ昇格を逃した。2018年10月2日、ホームでプレストン・ノースエンドと3-3で引き分けた試合後にサポーターの一人からキャベツを投げつけられた。翌日、成績不振により解任された。

引用元:wikipedia

スティーヴ・ブルースの記事

記事はまだありません。

ニューカッスル・ユナイテッドの他の選手

ハビ・マンキージョ

ダニエル・デイビッド・ラングレー

チアラン・クラーク

ジョンジョ・シェルヴィ

マーク・ギレスピー

ミゲル・アルミロン

カルム・ウィルソン

カール・ダーロウ

アラン・サン・マクシマン

ジェイコブ・マーフィー

デアンドレ・イェドリン

マルティン・ドゥブラフカ

同世代の同じポジションの選手

他の選手(ランダム表示)

藤春 廣輝

武藤 雄樹

小川 諒也

アンデルソン・ルコキ

ジョバンニ・シメオネ

サンチェス・ベラスコ

サム・ラマーズ

アンドレアス・ペレイラ

ホアン・ホルダン

ジャック・オコネル

ナビル・ベンタレブ

アレッサンドロ・ピオリッチョ

2021年1月31日

-ニューカッスル・ユナイテッド
-