キーラン・トリッピアー

所属
背番号 23
ポジション DF
生年月日 1990年09月19日(33歳)
身長 / 体重 178cm / 71kg
国籍 イングランド

キーラン・トリッピアーの情報

キーラン・トリッピアー(Kieran Trippier, 1990年9月19日 - )は、 イングランド・ベリー出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・アトレティコ・マドリード所属。イングランド代表。ポジションはディフェンダー。

キーラン・トリピアと表記されることもある。

クラブ経歴

マンチェスター・シティ
9歳の時にマンチェスター・シティのアカデミーに入団し、2007年に初めてプロ契約を結んだ。 2007-08シーズンには、リザーブチームのレギュラーとなり、FAユースカップでは、チームのキャプテンとして活躍し、優勝に貢献した。

バーンズリー
2010年2月、1ヶ月間のローンでチャンピオンシップのバーンズリーに加入した。 ローン期間中に3試合に出場し、ミドルズブラ戦でデビューした。 スカンソープ・ユナイテッド戦で負傷し、10日間の出場出来ず、2010年8月に1ヶ月間のローンが終了した。 2010年8月には、6ヶ月間のローン契約でバーンズリーに再加入した。2011年1月、2010-11シーズンの残りの期間、バーンスリーに滞在することに合意した。 2011年2月、リーズ・ユナイテッド戦でプロ初ゴールを決めた。 ダービーのドンカスター・ローヴァーズ戦では、フリーキックで同点ゴールを決めた。 その後、すべての大会で41試合に出場し、年間最優秀若手選手賞を受賞した。

バーンリー
2011年7月、 退団するタイロン・ミアーズの代わりとして、チャンピオンシップのバーンリーに1シーズンのローンで加入した。2011年8月、ワトフォード戦でクラブデビューを果たした。2011年9月、リーグカップのミルトンキーンズ・ドンズ戦で、長距離フリーキックを決めた。2011年12月、ファルマー・スタジアムでのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン戦ではボックスの端から強烈なシュートを放ってリーグ戦初ゴールを決めた。2011年12月には、チャンピオンシップの月間最優秀選手賞にノミネートされた。2012年1月2日、リーズ・ユナイテッド戦で2枚のイエローカードをもらい、プロ初のレッドカードを受けた。その1日後、バーンリーはトリッピアーと未公開の契約金で完全契約を結び、3年半の契約を結んだ。2012年1月には、ミドルズブラ戦で、 ゴールを決めた。2012年3月、フラットン・パークで行われたポーツマス戦では、先制点を決めた。初年度はリーグ戦全46試合に出場し、クラブは準優勝で、バーンリー年間最優秀選手賞を受賞した。2年目のシーズンにも、2012-13シーズンのチャンピオンシップPFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど活躍した。2013年8月にはリーグカップでプレストン・ノースエンド戦でフリーキックを決めた。 2014年1月には、ハダースフィールド・タウン戦では決勝ゴールを決めた。2013-14シーズンのチャンピオンシップPFAチーム・オブ・ザ・イヤーに2年連続して選出された。バーンリーは準優勝で、プレミアリーグ昇格を果たした。2014年5月、アーセナルからの関心が報じられた後、2017年までの3年契約にサインした。

トッテナム・ホットスパー
2015年6月19日、トッテナム・ホットスパーFCに5年契約で移籍したが、主にカイル・ウォーカーの控えでベンチが多く、加入1年目の2015-16シーズンはリーグ戦6試合出場に留まった。2016年2月6日、ワトフォードFC戦でデレ・アリのクロスから、クラブ初ゴールを記録した。2016-17シーズン、後半戦はウォーカーに代わり出場が増え、リーグ戦12試合に出場、5アシストを記録した。2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ、11月2日にウェンブリー・スタジアムで行われた、ホームのレアル・マドリードとの対戦では、クロスでデレ・アリのゴールをアシスト、勝利に貢献し、グループステージ突破に貢献した。2017-18シーズンはリーグ戦24試合チャンピオンズリーグ3試合に出場した。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグでは、チームはドルトムント、マンチェスター・シティ、アヤックスを破り決勝に進出するも、リヴァプールに0-2で敗れ準優勝に終わった。2019-20シーズンはトッテナムの構想に入っていないと報じられた。

アトレティコ・マドリード
2019年7月17日、アトレティコ・マドリードと3年契約を結んだ。ラ・リーガの開幕戦となったヘタフェ戦でクラブデビュー、アルバロ・モラタの決勝ゴールをアシストした。2019-20シーズンは、同じ右サイドバックにサンティアゴ・アリアスとシメ・ヴルサリコがいる中で、主力選手としてリーグ戦25試合、チャンピオンズリーグ6試合に出場した。

2020-21シーズンは、リーグ戦13試合、チャンピオンズリーグ6試合の全試合にフル出場していたが、2020年12月23日、賭博に関与したとしてFAはトリッピアーの10週間の出場停止と罰金7万ポンド(約980万円)の処分を下すと発表した。この処分にアトレティコは不服を申し立て、国際サッカー連盟は処分を一時解除し、1月13日のセビージャ戦に2試合ぶりに出場し、アシストをしてチームに貢献するも、18日に出場停止処分が再開され、計9試合を欠場した。

代表経歴

2017年5月25日、2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のスコットランド代表戦、フランス代表との親善試合に向けたイングランド代表メンバーに初選出された。2017年6月12日、フランス代表のホームで行われた国際親善試合に出場を果たし、代表デビューを飾ったが試合は3対2で敗れた。

2018年、ロシアで開催された2018 FIFAワールドカップの代表メンバーに選出され、準決勝のクロアチア代表戦では直接フリーキックにより先制ゴールを決めたものの延長戦後半に負傷でピッチを去り、試合も1-2のスコアでイングランドが敗れた。

2020年10月8日、ウェンブリーで行われたウェールズ代表との親善試合では、キャプテンマークを巻いて出場した。

引用元:wikipedia

キーラン・トリッピアーの記事

記事はまだありません。

アトレチコ・マドリッドの他の選手

ヴィトロ

ミゲル・サン・ロマン

ステファン・サヴィッチ

ルーカス・トレイラ

ヤニック・カラスコ

エクトル・エレーラ

フェリペ

ジョアン・フェリックス

ホセ・ヒメネス

ジェフリー・コンドグビア

アンヘル・コレア

マリオ・エルモソ

同世代の同じポジションの選手

シモ・ナヴァーロ

ガブリエル・パウリスタ

トニー・ヤンチュケ

デドリック・ボヤタ

ブルーノ

アレッサンドロ・トゥイア

パトリック・ファン・アーンホルト

ティモシー・チャンドラー

ラファエル・トロイ

ケヴィン・ロング

マルコス・ロホ

シフ

他の選手(ランダム表示)

重廣 卓也

矢島 慎也

オフォエドゥ

アデミポ・オドゥベコ

アントニオ・ザルザナ

塚川 孝輝

リカルド・ロドリゲス

竹内 涼

アルトゥール・イオニータ

ティモシー・フォス・メンサー

垣田 裕暉

チアゴ サンタナ

2021年1月31日

-アトレチコ・マドリッド
-