エンゴロ・カンテ

所属
背番号 7
ポジション MF
生年月日 1991年03月29日(33歳)
身長 / 体重 168cm / 68kg
国籍 フランス

エンゴロ・カンテの情報

エンゴロ・カンテ(N'Golo Kanté、 1991年3月29日 - )は、フランス・パリ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・チェルシーFC所属。フランス代表。ポジションはミッドフィルダー。

経歴

ブローニュ
10歳の時に教師に勧められサッカーを始め、2001年に入団したシュレンヌのユースで9年間を過ごした。2010年にブローニュのユースへ移籍。2012年5月18日に行われたリーグ・ドゥのASモナコ戦でトップチームデビューを果たしたが、クラブはシーズンを19位で終えたため、フランス全国選手権(3部)への降格を余儀なくされた。2012-13シーズンには主力選手として37試合3得点を記録し、評価を高めた。

カーン
2013年にリーグ・ドゥに所属していたカーンへ移籍。2013-14シーズンには38試合に出場し2得点を挙げ、カーンのリーグ・アン昇格に貢献した。

レスター・シティ
2015年8月3日にレスター・シティへ移籍が決定し、4年契約を結んだ。移籍金額は公表されていないが、800万ユーロと報じられた。2015年11月7日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-1で勝利したワトフォード戦でプレミアリーグ初ゴールを記録した。カンテは多くのタックル数やインターセプト数を記録し、レスター・シティにおける安定した活躍は多くの解説者から称賛され、2015-16シーズンのレスターのプレミアリーグ初優勝の要因の一つであると考えられた。また活躍が認められ、プレミアリーグの年間ベスト11に選ばれた。

チェルシー
2016年7月16日、チェルシーに5年契約で完全移籍することが発表された。移籍金は約3200万ポンド(約44億3000万円)とされている。古巣レスターとの初の試合ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せ、10月23日のマンチェスターU戦にてチェルシーでの初ゴールを決めた。2017年4月には、2年連続のプレミアリーグの年間ベスト11に選出され、PFAの年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞する程の活躍をみせ、チェルシーの2年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。なお、カンテにとっては移籍を挟んで別チームでの2年連続プレミアリーグ優勝となった。

18-19シーズンは、新監督マウリツィオ・サッリの戦術により、アンカーのポジションにはパスの捌きが特徴である新加入のジョルジーニョが据えられたため、カンテはマテオ・コヴァチッチやロス・バークリーと組んで1列前のポジションで起用されることとなった。プレミアリーグ開幕戦となったハダースフィールド戦ではチェルシーのシーズン初の得点となる先制ゴールを決め、開幕戦の勝利を助けた。慣れない新ポジションでのプレーとなったが、リーグ戦通算36試合に出場し、4得点を記録した。またUEFAヨーロッパリーグ優勝に貢献し、ヨーロッパリーグ優秀選手賞にも選ばれた。

2019-20シーズン、9月22日リヴァプール戦で決めたゴールが月間最優秀ゴールにノミネートされた。11月23日のマンチェスター・シティ戦でチェルシーでの150試合出場を達成、ゴールも決めたが、試合には敗れた。

2020-21シーズン、私生活面を巡って監督フランク・ランパードとの関係悪化が報じられ、ベンチ要員に降格。これによりチェルシー加入時の監督だったアントニオ・コンテ率いるインテルナツィオナーレ・ミラノへの移籍が報じられ、更に同胞のジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードへの移籍の可能性も報じられた。

代表経歴

アンダー世代ではフランス代表、マリ代表ともに招集された経験はなかったが、レスターでの活躍が認められ、ディディエ・デシャン監督によって2016年3月にフランス代表に初招集。2016年3月25日に行われたオランダ戦で代表デビューを果たし、4日後の3月29日に行われたロシア戦で代表初得点を記録した。UEFA EURO 2016に出場、決勝ではベンチとなり出場機会は無かった。

2018 FIFAワールドカップロシア大会にも出場、全試合に出場し、決勝のクロアチア戦では、前半途中にイエローカードを受け、更に体調不良やルカ・モドリッチとのマッチアップに苦慮した影響で後半途中交代となったが、フランスのワールドカップ優勝に大きく貢献した。

人物・プレースタイル

ピッチの広範囲をカバーする圧倒的な運動量を持ち、ボール奪取のスペシャリスト、ボールを刈り取ってカウンターの起点となり、フィニッシュにまで絡むことができる。

非常にシャイな性格で、ワールドカップの優勝セレモニーでは自分からトロフィーを触りに行くことが出来なかった。

プロサッカー選手になる以前は会計士の勉強もしていた。

ブローニュ在籍時、クラブの練習にはスクーターか徒歩で通っていた。

11歳の時に父親を、2018年のロシアW杯開幕前に兄を亡くしている。

レスター・シティ加入時カンテは大衆車であるミニ・クーパーを購入した。その後チェルシーに移籍したカンテはそのままミニ・クーパーに乗り続け、2018年1月にはスタンフォード・ブリッジに行く途中に車を擦ってしまい、左の前輪がへこんだ。二日後の練習場にも破損したまま運転してきたエピソードもある。カンテの影響を受けて当時のチームメイトであった、エデン・アザールもカンテの影響を受けてミニ・クーパーを購入したという。

引用元:wikipedia

エンゴロ・カンテの記事

エンゴロ・カンテのタグ付された記事一覧へ

チェルシーの他の選手

チャーリー・ムソンダ

ハキム・ジエク

ウィルフレード・カバジェロ

タミー・アブラハム

クリスティアン・プリシッチ

メイソン・マウント

エドュアール・メンディ

クルト・ズマ

カイ・ハヴェルツ

フランク・ランパード

ファウスティノ・アンジョリン

リース・ジェームズ

同世代の同じポジションの選手

フランシス・コクラン

ハメス・ロドリゲス

ケヴィン・デ・ブライネ

ジャック・ロッドウェル

野村 直輝

レシオ

トマス・デラネイ

ジャン・ミシェル・セリ

イサック クエンカ

ロベルト・ソリアーノ

古林 将太

クリストフ・クラマー

他の選手(ランダム表示)

ブルギ

ヘンリク・ムヒタリアン

ミゲル・アティエンサ

ペルグリノ・マタラッツォ

デイン・スカーレット

ライアン・セセニョン

ミラン・シュクリニアル

クリスティアン・デル・オルコ

セルヒオ・クベロ

スチュアート・アームストロング

ヤニク・ヴェステルゴー

ブルーノ・フェルナンデス

2021年1月31日

-チェルシー
-