長谷部 茂利

所属
前所属先 -
背番号 -
ポジション 監督
生年月日 1971年04月23日(51歳)
身長 / 体重
出身地 神奈川

長谷部 茂利の情報

長谷部 茂利(はせべ しげとし、1971年4月23日 - )は、神奈川県横浜市栄区出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはセントラル・ミッドフィールダー。

来歴

横浜市栄区のFC本郷出身。同クラブでの1学年後輩に有馬賢二。桐蔭学園高校では李国秀監督体制の第一期生として指導を受け、背番号10を背負い3年時には主将として第68回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、準々決勝で延長・PK戦の末に服部浩紀・鳥居塚伸人を擁した前橋商高に敗れた。高校の同期生に戸倉健一郎、1期下に林健太郎・福永泰、2期下に栗原圭介・松川友明がいた。高校卒業後の進路として大学サッカーの強豪・筑波大学への進学が候補として挙がっていたが、李のアドバイスを受け中央大学に進学してサッカー部に所属。

大学での同期に岡島清延、1期上に沢田謙太郎、1期下に奥原崇・渡辺毅などがいたチームで3年生時(1992年)に第41回全日本大学サッカー選手権大会優勝を果たした。4年生時(1993年)の春にも李の助言を受け、卒業後の1994年にヴェルディ川崎に入団、同年Jデビューを果たす。V川崎のミッドフィールダー陣はラモス瑠偉がまだ健在な事に加え、ビスマルクや北澤豪らレギュラーの壁が厚かったが、その中でも多くの出場機会を得た。

エースFWだった三浦知良は長谷部のプレーを「クレバーで確かな技術のある選手、キャプテンシーも備わっていた」と語る。出場機会が減少した1997年にジャパンフットボールリーグ所属(当時)の川崎フロンターレへレンタル移籍。

翌1998年にはヴィッセル神戸へと完全移籍。神戸では背番号10を与えられ攻守に中盤の要となり、キャプテンとしてチームを牽引。1999年セカンドステージでは神戸のそれまでの最高成績となる7位に貢献。2001年からはジェフ市原へ移籍。ここでも若手の多かったチームをキャプテンとしてまとめ、チームを過去最高順位の年間3位へ浮上させるのに貢献した。2003年7月末に契約満了により退団。

現役引退後、古巣である神戸で指導者としてユース年代を指導し、2011年からはトップチームのコーチに就任した。

2016年からもうひとつの古巣であるジェフユナイテッド市原・千葉のコーチに就任。同年7月、監督を解任された関塚隆に代わって監督に就任。シーズン終了まで指揮を執り、2017年からは再びコーチに戻った。

2018年より水戸ホーリーホックの監督に就任した。 2019年には開幕から好調を維持し、最終節までJ1参入プレーオフ出場の可能性を残した。同年11月26日に退任が発表された。

2020年よりアビスパ福岡の監督に就任すると発表された。

引用元:wikipedia

長谷部 茂利の記事

記事はまだありません。

アビスパ福岡の他の選手

前 寛之

永石 拓海

ブルーノ メンデス

田邉 草民

三國 ケネディエブス

杉本 太郎

宮 大樹

桑原 海人

山ノ井 拓己

奈良 竜樹

エミル サロモンソン

フアンマ デルガド

同世代の同じポジションの選手

片野坂 知宏

ディーン・スミス

下平 隆宏

ジョセップ・グアルディオラ

ホルヘ・アルミロン

ハイコ・ヘアリッヒ

ウナイ・エメリ

イマノル・アルグアシル

ショーン・ダイク

他の選手(ランダム表示)

長谷川 徹

サミ・ケディラ

ラッセ・シェーネ

山本 脩斗

フェデ・サン・エメテリオ

イスマエル・ベナセル

ディエゴ・ファリアス

アンドレス・テロ

サミュエル・チュクウェゼ

奥埜 博亮

イヴァン・ラキティッチ

サミル・ハンダノヴィッチ

2021年2月3日

-アビスパ福岡
-