輪湖 直樹

所属
前所属先 柏レイソル
背番号 22
ポジション DF
生年月日 1989年11月26日(33歳)
身長 / 体重 171cm / 65kg
出身地 茨城

輪湖 直樹の情報

輪湖 直樹(わこ なおき、1989年11月26日 - )は、茨城県取手市(旧北相馬郡藤代町)出身のサッカー選手。Jリーグ・アビスパ福岡所属。ポジションはディフェンダー。

来歴

プロ入り前
小学校4年時に2歳年上の兄が在籍していた柏レイソルの下部組織に加入。同期には太田徹郎、堀田秀平らがいる。高校3年時からJサテライトリーグの試合に出場していたが、トップチームの練習について行けず、大学進学を考えていたところ、ヴァンフォーレ甲府から獲得オファーがあり、当時のコーチだった吉田達磨の勧めでプロ入りを決めた。

クラブ

2008年、J2・ヴァンフォーレ甲府に加入。ルーキーイヤーからリーグ戦28試合に出場し、第40節徳島ヴォルティス戦でプロ初ゴールを記録した。

2010年、J2・徳島ヴォルティスに移籍。移籍初年度はリーグ戦19試合に出場したが、翌年は出場機会を失い、1試合の出場に留まった。

2012年、J2・水戸ホーリーホックに移籍。柱谷哲二監督により左サイドバックのレギュラーとして起用され、在籍2年間でリーグ戦58試合に出場した。

2014年、J1・柏レイソルに移籍。ユース時代以来、7年ぶりの古巣復帰となった。翌年には橋本和の移籍に伴いレギュラーに定着し、リーグ戦29試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ2015グループリーグ第3節山東魯能戦では、後半アディショナルタイムに決勝ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

2018年、J2のアビスパ福岡に完全移籍で加入。

代表

2004年8月、U-15日本代表に選出され、ブラジル遠征に参加。その後も各年代別日本代表のメンバーとして国際ユースサッカーin新潟(2007年)、カタール国際親善トーナメント(2009年)に出場した。

人物

「気持ちのこもったプレー」「妥協しないプレー」が持ち味。
2009年から早稲田大学人間科学部の通信教育課程を受講し、2015年に学位を取得した。卒業論文執筆のため、2013年に水戸ホーリーホックユースの選手を被験者として上腕筋の疲労回復に関する実験を行った。

2015年8月20日のJ1 2ndステージ第8節松本山雅FC戦で、ヘディングの競り合いからピッチに頭部を強打し、脳震盪を起こして柏市内の病院に救急搬送された。応急処置の際には柏レイソルと松本山雅のメディカルスタッフが協力して治療を行なったことから、翌日に自身のTwitter上で「山雅のメディカルの方、サポートありがとうごさいました」と謝意を述べた。

引用元:wikipedia

輪湖 直樹の記事

記事はまだありません。

アビスパ福岡の他の選手

石津 大介

前 寛之

山岸 祐也

森山 公弥

長谷部 茂利

奈良 竜樹

ブルーノ メンデス

吉岡 雅和

田邉 草民

湯澤 聖人

ドウグラス グローリ

杉山 力裕

同世代の同じポジションの選手

大岩 一貴

シモン・ケアー

櫻内 渚

アレイクス・ビダル

クリスティアン・グロス

ベンヤミン・ヒュブナー

シドネイ

ベン・ミー

バスティアン・オチプカ

佐々木 翔

セルヒオ・エスクデロ

大野 和成

他の選手(ランダム表示)

ディオゴ・ダロット

長沢 駿

レオ シルバ

ペタル・ミチン

アリツ・アランバッリ

チャナティップ

高橋 秀人

齋藤 功佑

アカキ・ゴギア

シドネイ

レアンドロ ダミアン

ケヴィン・アコプグマ

2021年2月3日

-アビスパ福岡
-