藤本 憲明

所属
前所属先 大分トリニータ
背番号 9
ポジション FW
生年月日 1989年08月19日(32歳)
身長 / 体重 175cm / 69kg
出身地 大阪

藤本 憲明の情報

藤本 憲明(ふじもと のりあき、1989年8月19日 - )は、大阪府富田林市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。登録ポジションはフォワード。マネジメント会社はエースポーツクリエイション。

経歴

学生時代
小中学校時代をガンバ大阪の下部組織で過ごした後、2005年に青森山田高校に進学。同期には岩崎晃也、三浦修らがいた。高校3年次に右サイドバックのレギュラーとして第86回全国高等学校サッカー選手権大会に出場を果たす。その後は近畿大学でプレーした。

社会人時代
2012年に当時JFLに所属した佐川印刷SC(2014年に佐川印刷京都SC、2015年にSP京都FCに改名)に新加入。アマチュア選手として午前は練習、午後は本の包装作業に携わりながらプレーを続けた。3年目の2014年にステージ優勝を経験。翌2015年にはリーグ戦9得点をマークし、加藤大樹と並びチーム得点王となるなど 活躍を続けていたが、同年10月にチームが同年限りでの活動休止を発表。移籍の選択を迫られた。

鹿児島ユナイテッドFC
2016年、J3リーグに参入する鹿児島ユナイテッドFCからオファーが届き、SP京都でのチームメイトであった山岡哲也・麻生瞬と共に鹿児島に完全移籍した。同年は15得点を記録し、後藤優介(大分)と1点差でJ3得点王を獲得。また同年末に開催されたJリーグアウォーズでは、J3部門のMYアウォーズ・ベストイレブンに選出された。2017年は副キャプテンに就任。2月のニューイヤーカップにてJ1・ジュビロ磐田と対戦し、先制点となるゴールを記録。試合後、磐田監督の名波浩からは「上のカテゴリーでも十分通用する」との評価を受けた。リーグ開幕後も好調を維持し、2度のハットトリックを達成するなど24得点を記録、2年連続でJ3得点王を獲得した。

大分トリニータ
2018年、得点力のあるストライカーを求めていたJ2・大分トリニータに完全移籍。開幕戦・栃木SC戦でJ2初得点をマークした が、その後は無得点が続き、第5節以降は先発メンバーに定着できない日々が続いた。第19節・松本山雅FC戦で15試合振りに先発復帰を果たすと以降は能力を発揮し、9月には第32節・ロアッソ熊本戦 - 第35節・水戸ホーリーホック戦と4試合連続で得点するなど6得点(うち4得点は途中出場からの得点)を挙げた。最終的に馬場賢治と並びチーム内得点王となる12得点を挙げ、大分の6年ぶりのJ1昇格に貢献した。

個人として初のJ1挑戦となった2019年シーズンは開幕戦・鹿島アントラーズ戦で2得点を挙げて勝利に貢献。2017年の鹿児島時代を合わせて、「異なるカテゴリ(J3・J2・J1)で3年連続開幕戦ゴール」、さらには2014年の佐川印刷京都時代を含めると「4カテゴリ(JFL・J3・J2・J1)で開幕戦ゴール」を挙げるという快挙を達成した。その後も得点を重ね、3月までのリーグ戦計5試合で最多の5得点を記録し、2・3月度の月間MVPを受賞した。月間MVPの選考委員の一人である原博実からは選考理由として「ゴール前でのポジション取りの巧みさ、多彩なシュートの種類。何より決定力が素晴らしい」とコメントされている。その後は得点ペースが落ち着いたが、第21節・サガン鳥栖戦までのリーグ戦全試合に出場し、チーム2位の8得点を記録した。

ヴィッセル神戸
2019年8月、ヴィッセル神戸に完全移籍で加入。アンドレス・イニエスタと同僚になった。加入直後の負傷 もあり、出場機会は決して多くなかったが、怪我人続出で巡ってきた11月20日、第33節の鹿島戦で移籍後初ゴールを記録。翌年1月1日の天皇杯決勝・鹿島戦では国立競技場開場後最初の得点者となるなど全得点に絡む活躍を見せ、チームの初タイトル獲得に貢献した。

人物・エピソード

2012年の佐川印刷SC加入以降から2018年シーズン終了に至るまで、公式戦では全てPKを成功させている。この事についてインタビューで「本番に強いというか、持っているというか。試合になればゾーンに入る。集中力が研ぎ澄まされる感じ。強い相手になればなるほど燃える」と語っている。また、理想のゴールを尋ねられた際には「簡単に得点できるから」という理由からPKと回答している。

アマチュア(SP京都)からプロになりトップリーグ(ヴィッセル神戸)に辿り着いたという経歴が、7部・8部相当のクラブを経てイングランド代表に上り詰めたジェイミー・ヴァーディと一部から比較され、「日本のヴァーディ」と呼ぶ声もある。

大分トリニータ時代「Love Trinita(ラブトリニータ)」という意味を込めた、右手の人差し指と親指で「L」を作り、左手はその逆の形で「T」を作るポーズをゴールパフォーマンスとして披露していた。ヴィッセル神戸への移籍後は左右の手の形を入れ替え、名前のイニシャルを意味する「Nポーズ」をゴールパフォーマンスとして行っている。

引用元:wikipedia

藤本 憲明の記事

記事はまだありません。

ヴィッセル神戸の他の選手

小田 裕太郎

山口 蛍

菊池 流帆

飯倉 大樹

三浦 淳寛

アンドレス イニエスタ

山川 哲史

ドウグラス

田中 順也

小林 友希

安井 拓也

増山 朝陽

同世代の同じポジションの選手

イヴァン・ペリシッチ

レアンドロ ダミアン

ハル・ロブソン・カヌ

永井 謙佑

イバイ・ゴメス

アンドリー・ヤルモレンコ

ヴィトロ

オスカル・デ・マルコス

ヴィクトル・ロドリゲス

セルジオ・レオン

ステファノ・オカカ

ガレス・ベール

他の選手(ランダム表示)

ダニエル・レボリョ

長澤 和輝

トーマス・ミュラー

マックス・ロウ

フアン・マヌエル・バレンシア

キリアン・シルディリア

マルコ・フリジェリオ

ブルーノ メンデス

オリー・ワトキンス

アラン

大久保 択生

アルバロ・ネグレド

2021年2月3日

-ヴィッセル神戸
-