柳 貴博

所属
前所属先 FC東京
背番号 3
ポジション DF
生年月日 1997年08月05日(24歳)
身長 / 体重 185cm / 80kg
出身地 東京

柳 貴博の情報

柳 貴博(やなぎ たかひろ、1997年8月5日 - )は、東京都世田谷区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。登録ポジションはディフェンダー(DF)。

来歴

プロ入り前
5歳の時に兄の影響でサッカーを始める。 2010年よりFC東京の下部組織に加入。奥原崇によってFWからサイドバックへとコンバートされた。2013年の東京国体では全試合に出場。堅守を築き優勝を果たした。CBもこなす高さと強靭な足腰、走力を備えた右SBとして世代別代表でも奮闘。

FC東京
2016年、FC東京トップチームへ昇格。3月13日、FC東京U-23が参戦するJ3リーグ開幕戦の相模原戦でプロデビューを果たした。その後はU-23のレギュラーとしてJ3出場を続け、課題とするプレー精度の向上に取り組んだ。

2017年、ルヴァンカップ第1節・仙台戦に途中出場し、トップチームデビューを果たした。同年開催のU-20ワールドカップ出場は逃したが、7月のAFC U-23選手権予選では果敢な攻撃参加で何度も決定機を演出し、本戦進出に貢献。8月26日、J1第24節の横浜F・マリノス戦でJ1リーグ初先発初出場を果たした。

2018年、AFC U-23選手権の本大会のメンバーに選出。1月16日、第3戦のU-23北朝鮮代表戦ではプロ入り初得点を決めて勝利に貢献した。

レンタル時代
2019年、モンテディオ山形に育成型期限付き移籍。6月15日、第18節の水戸ホーリーホックとの首位攻防戦でアシストを記録して勝利に貢献した。10月14日、第36節のFC岐阜戦で移籍後初ゴールを決めた。

2020年1月4日、山形への期限付き移籍期間が満了し、FC東京に復帰するも、2月18日、ベガルタ仙台へ期限付き移籍。11月14日、第27節のガンバ大阪戦でJ1初ゴールを決めた。

北海道コンサドーレ札幌
2021年1月6日、北海道コンサドーレ札幌に完全移籍で加入した。

エピソード

父親はプロボクサー。

山形で指導を受けた木山隆之からプレーを高評価され、翌年木山が仙台の監督に就任後も獲得を望み、FC東京に戻りすでにキャンプも終了していた柳を開幕直前に急遽期限付きで獲得した。「柳はスピードも有り身体的にも強く、相手に攻撃を仕掛けていく部分が良い。チームの力になる選手」と木山は評している。

引用元:wikipedia

柳 貴博の記事

柳 貴博のタグ付された記事一覧へ

北海道コンサドーレ札幌の他の選手

荒野 拓馬

宮澤 裕樹

チャナティップ

ペトロヴィッチ

深井 一希

大谷 幸輝

ガブリエル

田中 駿汰

岡村 大八

ドウグラス オリヴェイラ

小野 伸二

ジェイ

同世代の同じポジションの選手

ヤネス・ホルン

中村 帆高

ジョリス・グナグノン

ナタン・デ・メディナ

カイル・ウォーカー・ピーターズ

渡辺 剛

クリスティアン・マルティネス

山川 哲史

ホルヘ・メレ・ペレス

ルイス・フェリペ

マックス・キルマン

ルーベン・ディアス

他の選手(ランダム表示)

ジョナサン・ボンド

ロベルト・ソリアーノ

デイン・スカーレット

田代 真一

リー・ペルティエ

フィリペ・コウチーニョ

脇坂 泰斗

フレデリコ・ラヴァリア

アレッサンドロ・コルティーノビス

オマル・アルデレテ

ヴィンチェンツォ・イタリアーノ

山下 達也

2021年2月3日

-北海道コンサドーレ札幌
-