ルイス・ダンク

所属
背番号 5
ポジション MF
生年月日 1991年11月21日(32歳)
身長 / 体重 192cm / 88kg
国籍 イングランド

ルイス・ダンクの情報

ルイス・ダンク(Lewis Dunk、1991年11月21日 - )は、イングランド・ブライトン出身のサッカー選手。ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン所属。ポジションはディフェンダー。

経歴

イングランド・ブライトンで生まれ、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンのユースチームに加入し、2009-10シーズンのMKドンズ戦でプロデビューを果たす。ユースチームでキャプテンを務めたほか、リザーブチームで活躍したことにより、2010-11シーズンはファーストチームに昇格し、合計8試合に出場した。

2011-12シーズンはアダム・エル=アブドが長期離脱したこともあり、ファーストチームでの地位を確立し、U-21イングランド代表にも招集された。

2012-13シーズン、 マシュー・アップソンやゴードン・グリアからポジションを奪えず、2013年にブリストル・シティに短期間のレンタル移籍を経験した。

2014-15には再びセンターバックのファーストチョイスとなった。ブルーノが欠場した場合はキャプテンを務めるようになった。

2016-17シーズンはチームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献し、自身もベストイレブンに選ばれる等の活躍をした。

2017-18シーズンはダンクとブライトンにとって初のプレミアリーグの試合はマンチェスター・シティに0-2で敗北。 2018年3月4日にアーセナル戦でプレミアリーグ初ゴールを記録チームも2-1での勝利に貢献する。このシーズン、ブライトンは15位でフィニッシュ。自身も不動のセンターバックとしてアイルランド代表DFシェイン・ダフィーと不動のセンターバックコンビとして君臨した。

2018-19シーズン、引き続きダフィーとのコンビでチームを支えプレミアリーグ17位に踏みとどまり、2年連続で1部残留を決めた。さらに、FAカップでは久しぶりにベスト4に進出するなど奮闘した。

2020年8月21日、ブライトンと2023年までの契約延長に合意した。

代表経歴

UEFAネーションズリーグ2018-19の2試合に臨むイングランド代表メンバーとして負傷したバーンリーDFジェームス・ターコウスキーに代わって、初招集された。2018年11月15日、アメリカ代表との親善試合で代表デビュー、ウェンブリー・スタジアムで3-0で勝利に貢献。

引用元:wikipedia

ルイス・ダンクの記事

【サウサンプトン×ブライトン|ハイライト】2試合ぶりにスタメン出場した南野拓実は途中交代...セインツは手痛いリーグ戦連敗|プレミアリーグ 第28節 | 2020-21

プレミアリーグ 第28節サウサンプトン 1-2 ブライトン 0-1 ルイス・ダンク(16分)1-1 シェイ・アダムズ(27分)1-2 レアンドロ・トロサール(56分)

ルイス・ダンクのタグ付された記事一覧へ

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの他の選手

ラーズ・デンドンケル

フロリン・アンドネ

パーシー・タウ

ロマリク・ヤピ

アレックス・コクラン

ジェンセン・ウェアー

レアンドロ・トロサール

ヨエル・フェルトマン

アンディ・ゼキリ

クリスティアン・ウォルトン

デイヴィ・プレッペル

ヤクブ・モデル

同世代の同じポジションの選手

ジョン・フレック

フアン・カルロス

ジャック・ロッドウェル

ハメス・ロドリゲス

ケヴィン・フォフト

エンゴロ・カンテ

天野 純

マルテン・デ・ローン

ステファン・ヨハンセン

ジャン・ミシェル・セリ

ニコラ・ヴクチェビッチ

パスカル・グロス

他の選手(ランダム表示)

伊藤 敦樹

ワシム・ブーイ

フェデリコ・キエーザ

フェリックス・クラウス

ウナイ・エメリ

チアゴ サンタナ

アンドレア・アドランテ

アンドレス・フェルナンデス

ヨルダン・ヴェレトゥ

ルカ・ウンベハウン

鬼木 達

藤田 直之

2021年1月31日

-ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
-