ネルシーニョ

所属
前所属先 -
背番号 -
ポジション 監督
生年月日 1950年07月22日(73歳)
身長 / 体重
出身地 ブラジル

ネルシーニョの情報

ネルシーニョ・バプティスタ(Nelsinho Baptistaまたは Nelsinho Batista) ことネルソン・バプティスタ・ジュニオール(Nélson Baptista Júnior、1950年7月22日 - )は、ブラジル・サンパウロ州カンピナス出身の元プロサッカー選手。サッカー指導者。Jリーグ・柏レイソル監督。プレーヤー時代はネルソンとて知られ、ネルシーニョの愛称は監督生活を始めてからのものである。

経歴

選手時代

1967年にAAポンチ・プレッタでプロ生活を開始。現役時代のポジションは右サイドバック、テクニックが特に優れているプレーヤーではなかったが、賢さでプレーするタイプで、攻撃に参加してアシストや得点を奪うDFがほとんど居なかった当時、現在のサイドバックの先駆者とも言えるプレーでサポーターから愛された。1971年から所属したサンパウロFCでは262試合に出場し6ゴールを決め、1975年のサンパウロ州選手権で優勝、初のビッグタイトルを手にした。ここではタッササンパウロのコリンチャンス戦でPKキッカーとして3度PKを失敗(主審が相手GKが動いたとして2度やり直し、全てポストに当ててしまい、全て失敗した。)したこともあった。その後、サントスFCでプレー、州選手権で優勝を果たした後、CAジュベントスでは2部リーグ優勝を果たし、現役生活を終えた。

指導者として

現役引退後は指導者に転身し、古巣のポンチ・プレッタ、サンパウロFCをはじめ、CRフラメンゴ、クルゼイロEC、SEパルメイラス、SCコリンチャンス・パウリスタなどのクラブを率いた。1988年、パラナ選手権で優勝し、監督としての初タイトルを獲得した。コリンチャンスでは1990年にブラジル全国選手権ではテレサンターナ監督が率いたサンパウロを破り優勝、この手腕から高額でパルメイラスに引き抜かれた。1997年にサンパウロ州選手権で優勝、サンパウロFCでも1998年にサンパウロ州選手権優勝を果たした。

これまでに何度か日本のクラブを率いた経験があり、ヴェルディ川崎時代の1995年にはNICOSシリーズは優れた手腕でチームを優勝に導き、この実績が評価され、1995年11月には次期日本代表監督就任が内定していたが、日本サッカー協会 (JFA) 会長(当時)の長沼健の鶴の一声により加茂周(当時)の監督続投が決定。これに対して、ネルシーニョはJFAを「腐ったミカン」と批判した。この騒動の後、ヴェルディ川崎の監督を辞任。

その後はブラジルに帰国し複数のクラブの指揮を執った後、2003年より名古屋グランパスエイトの監督に就任したが、成績不振により2005年9月に解任。

2007年途中から率いたスポルチ・レシフェではペルナンブーコ州選手権 を連覇し同クラブ初のメジャータイトルであるコパ・ド・ブラジルも制した。

2009年7月から柏レイソルの監督に就任。2010年にはJ2で優勝。2011年にJ1優勝へ導いた(昇格1年目の優勝はJ史上初)。2012年6月30日、ガンバ大阪対柏レイソル戦で勝利し、Jリーグ外国人監督最多となる101勝目を挙げた。

2013年8月31日鹿島戦終了後、柏の監督を辞任するとコメントしたが、9月5日にこれを撤回して指揮を執ることになった。

2014年9月17日記者会見を行い、契約を2014年限りとすることを発表した。最終的に2012年以降で最高順位の4位で終わった。

2014年12月12日、2015年からヴィッセル神戸の監督に就任することが発表された。2016年のセカンドステージでは、チーム最高の2位に導いた。2017年8月16日付で成績不振を理由に監督を解任された。

2017年12月12日、ブラジルセリエAのスポルチ・レシフェの監督に就任。しかし2018年4月24日のボタフォゴ戦後にクラブに無断で会見を開き監督を辞任した。

2019年より5年ぶりに柏の監督に就任すると発表された。同シーズンはチームを二度目となるJ2リーグ優勝へ導き、JリーグアウォーズにおいてJ2優勝監督賞が贈られた。2020年シーズンも引き続き指揮を執る事になった。

引用元:wikipedia

ネルシーニョの記事

記事はまだありません。

柏レイソルの他の選手

田中 隼人

滝本 晴彦

山田 雄士

神谷 優太

ヒシャルジソン

大南 拓磨

上島 拓巳

松本 健太

山下 達也

ドッジ

キム スンギュ

戸嶋 祥郎

同世代の同じポジションの選手

他の選手(ランダム表示)

ルカ・ファルボ

ダビド・ソリア

オスカル・ドュアルテ

アレクサンドル・ラカゼット

マッテオ・キャンセリエリ

イニゴ・レクエ

ドゥンガ

アンドレイ・クラマリッチ

ダビド・フェレイロ

アラサン・プリー

ニクラス・フュルクルク

マルヴィン・ヒッツ

2021年2月3日

-柏レイソル
-