ジョルジーニョ

所属
背番号 5
ポジション MF
生年月日 1991年12月20日(32歳)
身長 / 体重 180cm / 65kg
国籍 イタリア

ジョルジーニョの情報

ジョルジーニョ(Jorginho)ことジョルジ・ルイス・フレーロ・フィーリョ(Jorge Luiz Frello Filho、1991年12月20日 - )は、ブラジル・サンタカタリーナ州インビトゥーバ出身のサッカー選手。イタリア代表。プレミアリーグ・チェルシーFC所属。ポジションはMF。

プレースタイル

中盤の底でプレーし、長短のパスを散らしゲームメイクをするミッドフィールダー。スピードは無いものの味方や相手との距離感を調整し、次のパスコースを予測した上でパスを受けたり、味方にボールを預け相手のマークを剥がしたりといったポジショニング能力、戦術理解力に優れる。

2016-17シーズンのカリアリ戦で1試合での欧州最多記録となる180本のパスを成功、2017-18シーズンには欧州最多となる2860本のパスを成功、2018年8月26日のニューカッスル戦では173本中158本のパスを成功させ、パス成功数のチェルシーのクラブ記録を更新するとともにジョルジーニョ一人でニューカッスルのチーム全体のパス成功数(131本)を上回る、同年9月23日のウェストハム戦でイルカイ・ギュンドアンのプレミアリーグ記録(174本)を更新する180本のパスを成功させるなど、パスに関する多数の記録を持つ。

ペナルティーキックの際にはスキップに喩えられる変則的なステップを踏むことでゴールキーパーのタイミングをずらす。

評価

恩師であるマウリツィオ・サッリは自身のサッカーの中心にジョルジーニョを据えており、判断力の速さをジョルジーニョの最も重要な能力として評価している。

リオ・ファーディナンドは2019年1月19日のアーセナルとのビッグ・ロンドン・ダービーで解説を務めた際に、アーロン・ラムジーのマンマークにより仕事ができなかったジョルジーニョについて「試合のテンポを作ることができる選手。中央でボールを持ったときは良いプレーをする。」と評価しながらも、この時点でアシスト数が0であることを強調し「ビッグクラブとの試合になると走り回るだけ。守備は上手くないし運動量もなく、守備面でチームに何も貢献できない。ゴール前でも決定的な仕事ができない。」と酷評した。

人物

既婚者で子供が2人居るが、著名な歌手との間に子供が出来たと報じられ、更に数日の後、元チェルシーの女性スタッフとの浮気が報じられた。

引用元:wikipedia

ジョルジーニョの記事

【ブライトン×チェルシー|ハイライト】新戦力デビューのチェルシーが快勝スタート!|プレミアリーグ 第1節 | 2020-21

プレミアリーグ 第1節ブライトン 1-3 チェルシー 0-1 ジョルジーニョ(23分)1-1 レアンドロ・トロサール(54分)1-2 リース・ジェイムズ(56分)1-3 クルト・ズマ(66分)

ジョルジーニョのタグ付された記事一覧へ

チェルシーの他の選手

マテオ・コヴァチッチ

クルト・ズマ

ウィルフレード・カバジェロ

クリスティアン・プリシッチ

エドュアール・メンディ

エンゴロ・カンテ

ティモ・ヴェルナー

ハキム・ジエク

アンドレアス・クリステンセン

チャーリー・ムソンダ

ヴィクター・モーゼス

フランク・ランパード

同世代の同じポジションの選手

ジャック・ロッドウェル

マヌエル・プリートル

マルコ・ファラオーニ

オリオル・ロメウ

ジャコポ・サーラ

ステファン・ヨハンセン

ハメス・ロドリゲス

ティアゴ・アルカンタラ

下田 北斗

ルベン・ペーニャ

リッカルド・サポナラ

アラン

他の選手(ランダム表示)

アレッサンドロ・ピオリッチョ

フランシス・コクラン

塚川 孝輝

ジェイ・スタンスフィールド

マクシミリアン・ツァイザー

宇賀神 友弥

フレデリコ・ラヴァリア

ブライス・メンデス

ベンヤミン・ウプホフ

マッティア・バニ

ネイサン・レドモンド

アクセル・トゥアンゼベ

2021年1月31日

-チェルシー
-